稲田真優子さん殺人事件

宮本浩志の会社を特定「住友電工でも会話する人がいなかった」大阪

miyamotohiroshi-kaisya稲田真優子さん殺人事件
宮本浩志と稲田真優子さん

大阪市北区天満「カラオケパブごまちゃん」の店長でオーナーの稲田真優子さんが殺害されてた事件で、宮本浩志容疑者の勤務先の会社が住友電工であることが週刊文春で公開されました。今回は宮元浩志の会社、出向先の子会社をみていきます。

宮本浩志の顔画像とプロフィール

稲田真由子さんを殺害した宮本浩志の顔画像とプロフィールはこちらになります

  • 名前:宮本浩志(みやもとひろし)
  • 年齢:56歳
  • 住所:兵庫県西宮市高須町2丁目1 武庫川団地
  • 購入金額:2000年新築で4500万円で購入・その内2400万円のローン
  • 出身:西宮市
  • 大学:徳島大学工学部で電気工学を学ぶ
  • 父親:弁理士 大阪のミナミに事務所有
  • 家族:妻・娘2人
  • 職業:住友電工→子会社の機器メンテナンス会社のエンジニア
  • 会社住所:新大阪

稲田真優子さんを殺害した犯人宮本浩志の顔画像

miyamotohirosi-kaogazou

宮本浩志の顔画像

inadamayuko-hannninn-miyamoto

稲田真優子さんと宮本浩志

「クラスでも目立たない、教室の隅にいるようなタイプで、確かサッカー部に入っていました。西宮市内の公立高校に進学したはずですが、その後は同窓会にも全く顔を出していません」中学時代の同級生

宮本浩志の会社は住友電工

宮本浩志の会社は一体どこだったのでしょうか?週刊文春によれば宮本浩志は兵庫の西宮市で育ち地元の公立小学校・中学校へ進学し徳島大学の工学部に進学。電気工学を学んで大阪市に本社がある住友電工に就職しました。その後子会社へ出向しています

 

住友電工は大阪に本社があり、従業員数は約27万人で去年の売り上げは3兆円超えの大企業です。事業内容は環境エネルギー関連、エレクトロニクス関連、情報通信関連、電子部品、産業素材関連、自動車関連などを取り扱っている企業です

miyamotohiroshi-kaisya

宮本浩志会社は住友電工

宮本浩志は子会社に出向

宮本浩志容疑者は会社に就職します。住友電工に就職後、住友電工の子会社に出向しています。宮元浩志の会社は一体どこだったのでしょうか?住友電工のグループ会社を見ていきます。

 

住友電工の子会社に出向していた宮元浩志。住友電工のホームページから見ていきます。

  • スターネット株式会社
  • (回線インテグレーション事業及びネットワークサービス事業)
  • 住電商事株式会社
  • (エレクトロニクス、自動車部品、情報通信、電気設備、産業資材分野等の各製品の販売、及び民生用等ハーネス製品の製造・販売)
  • 住友電工情報システム株式会社
  • (システムの開発・維持・運用、情報機器・パッケージソフトの販売等)
  • 住友電工テクニカルソリューションズ株式会社
  • (建設、プラント・メンテナンス、計測機器校正、環境分析などの総合エンジニアリング)
  • 住友電設株式会社
  • (電気設備、情報通信設備、電力設備およびプラント・空調設備などの設計・施工・監理)

グループ会社で見ていくと大阪にある会社は5社ありました。大阪市中央区は住友財閥のビルが立ち並ぶ住友村となっています。この住友村から宮本浩志は天満駅まで電車で約15分で稲田真由子さんに毎日会いに行っていました。

 

宮本浩志の会社「住友電工でも会話する人がいなかった」

宮本浩志会社で就職した会社は住友電工でありました。宮本浩志は住友電工に就職後子会社に出向しています。

 

「今は子会社に出向して、コンピュータのソフトウェア作りにエンジニアとして携わっていました。もう管理職になっていたはず。勤務態度は真面目で、朝は一番早く、7時くらいには出社していましたね。仕事の愚痴も言わず、足を怪我してギプスをしていた時も周囲に何も言わなかった」元同僚

 

「サッカーが好きで、入社後もプレーしていました。酒は強く、日本酒をよく飲んでいて、醸造方法とかまで詳しかったです」元同僚

 

宮本浩志は趣味もアニメ以外にお酒とサッカーもあり、スポーツに興味が有った事は意外です。宮本浩志は足を怪我してギプスをして会社に出勤していた時期もありました。しかし自分が怪我した事は誰にも話していません。サッカーで怪我したと言えなかったのです。

 

仕事場でも怪我の事も誰にも触れられず、自分からも会話をすることが無かった宮本浩志。職場でも1人ボッチであったことが分かります。

miyamotohirosi-kaogazou

宮本浩志の顔画像

腫れた目を見ると大酒飲みの目をしています。日本酒が好きで醸造方法とかまで詳しく説明出来る大酒飲みの顔です

宮本浩志の性格「切れやすい瞬間湯沸かし器」

宮本浩志の性格は一体どの様な性格だったのでしょうか?カラオケパブごまちゃんでも稲田真優子さんが他のお客さんと仲良くしてるところを見ると、いきなり激高する事件も多々起きている。

 

「店ではいつもスーツ姿で、カウンターの端の席が定位置。“まゆちゃん推し”で、焼酎を静かに飲みながら彼女と話していることが多かったですが、相手にされず放っておかれると不機嫌になり、キレて揉め事になったこともある。Aのオーナーが『もう来んといてくれ』と出禁通告したこともあったそうです」Aの関係者

 

宮元浩志の自宅の兵庫県西宮市高須町2丁目1 武庫川団地でも、良くトラブルを起こしていました。

10年ほど前、同じ団地に住む家族が駐車場に車を止め、子供がドアを開けようとした際、父親が「ぶつけないように気をつけてや」と注意したことがあった。すると、それを聞きつけた宮本浩志が上の階から降りてきて、「いま、自分の車にぶつけたやろ!」一方的に怒り出し、親子が何度否定しても、「いや、傷ついてる気がする」と言い張り続ける宮本浩志。困り果てた親が警察を呼ぼうとすると、しぶしぶ諦めて帰った出来事がありました。

 

住友電工に就職した宮本浩志。仕事は文句も言わない勤務態度は真面目。しかし会社の仲間と会話する事も無くコミュニケーションが取れない宮本浩志。宮本浩志の会社は住友電工で、感情コントロールが出来ないし人間関係が上手く作れない為、関連会社へ出向になったのではないだろうか。

 

勿論出世も出来ない、家庭に帰っても相手にされていない宮本浩志。唯一の心のよりどころだったのが稲田真優子さん。感情のコントロールが出来ない宮本浩志は稲田真優子さんだんが振り向いてくれないことを我慢できなくて殺してしまいました。

 

自分の父親位の年齢で感情コントロールが出来ない宮本浩志に粘着されて、稲田真優子さんは毎日毎日ストレスを抱えていて、その人に殺されたと思うと涙が止まりません

miyamotohirosi-kaisya

稲田真優子さんの顔画像

下に続きます・・・

稲田真由子インスタ

宮本浩志の家族

mirimariニュースサイト

コメント