芸能人

滝沢カレンの母親は宮沢さゆり「美人通訳の経歴が凄すぎる」

takizawakarenn-hahaoya 芸能人
滝沢カレンの母親

モデルでタレントの滝沢カレンさんが建築関係の一般男性の太田光ると入籍結婚したと話題となっています。今回は滝沢カレンさんの母親は宮沢さゆりさんと言われています。今回は元バレリーナの宮澤さゆりさんの経歴やハーフ、父親、両親、大人のバレエ教室リビーナを見ていきます

滝沢カレンのプロフィール「家族両親はウクライナ」

滝沢カレンのプロフィールと顔写真を見ていきます

  • 名前:滝沢カレン
  • 生年月日:1992年5月13日
  • 出身:東京都
  • 身長170㎝
  • 血液型:AB型
  • 高校:日出高等学校
  • 偏差値:42
  • 事務所:スターダストプロモーション
  • 家族:父親はウクライナ人とバレリーナの母親の間に生まれる
takizawakarenn-titioya -hahaoya

滝沢カレンはウクライナハーフ

滝沢カレンの母親「バレリーナの宮沢さゆりさん」

滝沢カレンの母親はバレリーナの宮沢さゆりさんと言われています。

滝沢カレンの母親宮沢さゆりさんは小さい頃からバレリーナになる夢を持っていました。

  • 名前:宮沢さゆり
  • 出身地:埼玉県志木市
  • 血液型:AB型
  • 将来の夢:バレリーナ
  • 出身校:埼玉県立志高等学校、日ソ学院
  • 高校卒業後:東京ロシア語学院
  • 東京ロシア語学院卒業後:ロシアへバレエ留学
  • 学費:全て自分の貯金
  • 帰国後:著書「ロシアバレエレッスン」を出版・バレエ講師の通訳を行う

宮沢さゆりさんの顔画像

takizawakarenn-hahaoya

宮沢さゆりさん滝沢カレンの母親

 

宮沢さゆりさんは小さい頃からバレエに興味が有り、ある日本場の「ボリジョイバレエ団」の公演をみて「自分が習っているバレエと全く違う」と衝撃を受けてロシア語を学び始めます。

 

ロシア語を勉強する姿を見ていた両親から、バレエを辞めたらロシア語を学ばせてあげると言われロシア語の学校へ進みます。高校卒業後はバイトで貯めたお金で「明日からちょっとソビエトに留学してくる」と積極的な宮沢さゆりさん

母親の教室「宮沢さゆりはバレエスタジオ・リビーナ」

滝沢カレンの母親の宮沢さゆりはバレエ教室を経営していたことが分かりました。宮沢さゆりはバレエ教室を表参道で「バレエスタジオ リビーナ」を経営されていました。

 

宮沢さゆりさんの父親が経営していた建築会社が倒産した際に、スタジオとして空いたスペースを改装したようです

miyazawasaori-baree

宮沢さゆりさんバレエ教室

宮沢さゆりは癌だった

滝沢カレンの母親、宮沢さゆりは2018年7月に56歳という若さでガンで亡くなっています。宮沢さゆりさんは癌が見つかった時はすでに末期がんでした。病院嫌いだったので症状があっても病院に行かなかったのでしょう。

 

滝沢カレンさんと宮沢さゆりさんはとても仲が良く、亡くなる直前まで二人は同じマンションに暮らしていました。宮沢さゆりさんが亡くなった時に、「またママの子として生まれたい。」と涙を流しながら語っています。

takizawakarenn-hahaoya

滝沢カレンの母親

滝沢カレン「ウクライナ人とハーフ」

滝沢カレンはんの父親はウクライナ人で母親が、宮沢さゆりさん。滝沢カレンさんはウクライナ人と日本人のハーフになります。しかし宮沢さゆりさんと父親のウクライナ人の両親は、離婚しているため父親と会ったことが有りません。

 

滝沢カレンさんの母親の宮沢さゆりさんが一人で育てました。宮沢さゆりさんは寝る間を惜しんで働き滝沢カレンさんを育てます。宮沢さゆりとウクライナ人の父親の離婚理由は、宮沢さゆりさんが妊娠中に他の女性と浮気をした事です。

 

滝沢カレンさんは浮気をして離婚したウクライナ人の父親に絶対合わないと誓います。父親に会ったことが無い滝沢カレンさんは母親をガンで亡くし親がいない中で芸能活動をがんばっています。今後若い建築関係の一般男性と結婚し幸せになるでしょう

takizawakaren-titioya

滝沢カレンの父親ウクライナ人

mirimariニュースサイト

コメント