いじめ

市川市塩浜高校生「相撲でいじめた人は誰」2人溺死三番瀬公園千葉

siohamasannbannsekouenいじめ
塩浜三番瀬公園

3月10日午後千葉県市川市塩浜の海岸で高校生が2人海に転落死しました。真冬の海の近くで相撲をとっていたようです。今回はいじめで相撲をとっていた高校生は誰なのか見ていきます

水難事故の場所を特定「塩浜三番瀬公園」

高校生が水難事故を起こした場所は一体どこだったのでしょうか。報道機関の発表によれば、塩浜三番瀬公園であると公開されました。

千葉県市川市塩浜2丁目24-2になります。市川塩浜の3番瀬は釣り人から任意期のスポットです

第一報は高校生のグループからでは無くて通行人の男性でした。「高校生ぐらいの男性2人が溺れている」

高校生たちは携帯電話を持っていると思われますが、高校生が海に飛び込んだ時点で誰ひとり消防に通報していません。ヤバイと焦ったと思われますが助けなかったところ見るとこの時点でいじめであることが分かります。

溺死した高校生の名前氏名や学校はどこ

男女のグループで相撲を取り意識不明の重体となり死亡した男子高校生は一体誰だったのでしょうか。冗談半分で真冬に海の上で相撲をとって男子高校生が死亡しました。男女のグループで参加していたのでいじめの犯人と被害者の名前は特定出来ていると思われます

 

近くにある高校は

  • 千葉県立行徳高等学校 偏差値39~40

千葉県立行徳高等学校から自転車で約10分くらいの距離になります

 

  • 千葉県立浦安高等学校 偏差値39~40

千葉県立浦安高等学校から自転車で約10分位の距離になります

事故現場から近い高校は2校があります。近い高校であればどちらかであると思われます。卒業式は3月9日で春休みに入ったばかりでした

行高かな
千葉県トップクラスのバカ高校
もしくは浦高、浦南

 

男子高校生

  • 名前:不明
  • 年齢:不明
  • 性別:不明
  • 性別:男性
  • 職業:高校生
  • 学校:不明
  • 死因:溺死

男子高校生

  • 名前:不明
  • 年齢:不明
  • 性別:不明
  • 性別:男性
  • 職業:高校生
  • 学校:不明
  • 死因:溺死

新しい情報が入り次第追記していきます

「なんで海に行くんですかね。 雪国だとこの時期に海行くとか考えもしないからこういうニュースは驚きでしかない。 一緒にいた子達の精神面も心配です。」「イジメかな こんな時期に泳ぐはずないし 残りの6人ちゃんと調べた方がええよ」「いじめかふざけか突き落としか」等の意見が寄せられていました

siohamasannbannsekouen

塩浜三番瀬公園

男子高校生をいじめた人物は誰

男女7.8人が千葉県市川市塩浜三番瀬公園の海沿いで相撲をとって2人が海に転落死しました。連絡を受けた消防隊が駆け付けた時は沖合50m程の場所に浮かんでた1人を救出。もう一人は海中に沈んでいた1人を救出しました。

 

過去に神奈川県川崎市で高校生がラップバトルの罰ゲームで川に飛び込む死亡事故がありました。

 

もう一つは2021年の大みそかに仲間達と初詣に向かう途中、愛知県岡崎市明大寺町下郷中の橋の欄干を歩いていた林透太さんが欄干から落ちて、正月早々林透太さんが亡くなる事件がありました。

 

事件当時「中学校の友人に殺された」「飛び降り強要」「いじめで突き落とされた」などと物議を醸していました。

今後5チャンネルやTwitter地元バクサイなので高校やいじめた犯人の名前など判明するはずです。また追って追記します

siohamasannbannse-ijimetahannninn

塩浜三番瀬公園

 

高校生は携帯電話を持っていたと思われるので、真冬の海で「相撲」といういじめ動画を撮って喜んでいた可能性も有ります

男子高校生溺死事件概要

10日午後2時10分ごろ、千葉県市川市塩浜の海岸で「男子高校生2人が海で溺れた」と一緒にいた女性から110番があった。  2人は意識不明の状態で救出されたが、うち1人の死亡が確認され、1人は心肺停止状態という。  県警行徳署などによると、現場にいたのは高校生とみられる男女計9人。男性2人が排水用の管の上で相撲をして遊んでいたところ、約3メートル下の海に落ちた。同署は一緒にいた7人から事情を聴いている。

出典:ヤフーニュース

 

 

事件当時男女9人のグループで千葉県塩浜三番瀬公園も海岸沿いで遊んでいました。溺れた高校生と一緒にいた人の話では「相撲をして遊んでいた」と話し海に突き出た排水管の上から海に転落したようです

 

真冬に時期に海沿いの突き出た場所で相撲をとるとはいじめの他ありえません。先日も琵琶湖で水難事故が起きたばかりです

mirimariニュースサイト

コメント