事件

吉元弘樹コザ高校「空手バカは勉強に打ち込む生徒は煙たい」沖縄

yosimotohiroki-kozakoukou事件

沖縄県コザ高校空手部主将の男子生徒が自殺しました。コザ高空手部顧問の名前、吉本博樹(よしもとひろき)教諭が、LINE(ライン)で粘着されたり、部活動費を得るために廃品回収させられたりしていました。今回は教師である吉元大樹先生の顔画像、写真、コザ高校を見ていきます

伊波竜飛君は小さい頃から「コザ高校空手部顧問の吉元弘樹に狙われていた」
沖縄県コザ高校空手部顧問の吉本弘樹教諭によって自殺に追い込まれた、コザ高校2年生の空手部主将、伊波竜飛(いはりゅうび)くんが自殺しました。今回は沖縄県コザ高校空手部顧問教員の吉元広樹先生が自殺に追い込んだ伊波竜飛君を見ていきます

吉本弘樹の顔画像はこちら

吉元宏樹の顔画像は公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、コザ高校の空手部顧問の教師で吉本弘樹教員と特定はされておりません。顔画像も公開されていません。調査したところ顔写真も特定出来ました。こちらが吉元ひろきの顔画像になります。

yosimotohiroki-kozakoukou

コザ高校空手部、吉本弘樹先生の太い腕がむき出しになって剛腕ぶりをアピールしています。

yoshimotohiroki-kozakoukou

コザ高校空手部、吉元弘樹空手着を着て生徒達に高圧的で、肉体的にも痛い厳しい指導をしています

yosimotohiroki-kozakoukou

コザ高校空手部、吉本弘樹教諭の授業風景。生徒達に上から押さえつける話し方でチョークでも投げつける様子の顔写真になります。

吉元裕樹のコザ高校はどこ?

吉元広樹教員が空手部を指導していた、沖縄県コザ高校空手部は一体どこだったのでしょうか?

  • 郵便番号:〒904-0011
  • 住所:沖縄県沖縄市照屋5丁目5−1
  • 電話:098-937-3563
  • 偏差値:48

吉本弘樹先生の指導する空手部があるコザ高校。那覇空港から車で約50分の沖縄市。宜野湾市の先で、うるま市の手前の地区になります。

吉元弘樹コザ高校沖縄「逆から読んだらザコ高校」

吉元裕樹コザ高校地元民が感じている「コザ高校あるある」動画が有ります。

「コ〇高校あるあるrap」「IH10連覇おめでとう」新入生&在校生&卒業生必見!
沖縄県で唯一の名前のカタカナ公立コザ高校
部活が強すぎIHは脅威の数字の「9連覇」
「今」は正念場で目指すは奇跡の大台「10連覇」
体育会系多すぎ陽気で強靭まるで「アルフ」か「チューバッカ」
新入生の人口大抵「美東」か「宮里」中ばっか
決して高校の名前を逆さまから読むなよコザ高校?
読んだら最期、大人しそうな校長くり出す「コザ高ファイヤー」
(母校だとしても高校あるあるなんて言うと)
(絶対低評価がつく)
(ならば最初に言っとこう)
(あるある9割方独断と)
学校の行事全力過ぎて引くほど怖いの俺だけか?!
でもそれがきっと学校生活謳歌してると思うんだ。
部活が多すぎ推定30個も有るんだコザ高校
文科系と運動系の間を行くなら「弓道場」
学年朝会は必ずかましてくれるんだ。
モンチキ来てると部活のやる気が1.5倍に上がるんだ
グランド社会科棟側にある段差の大きな階段は
まるでトリコの13巻に出て来る「メルクの大階段」
高校登校すると毎回「高校」と「お寺」勘違い
肌色露出が多い教師が毎日廊下を歩いてる
買い弁多すぎシャワー浴びすぎ「コザ高ファイヤー」意味わからない
最後に一番のあるある
現・古の先生と揉めがち。
沖縄県コザ高校につきてまとめるとこの様なことがわかりました。
  • 沖縄県コザ高校は体育学校
  • 30個の部活がある
  • 学校行事は全力で参加
  • 肌色露出が多い教師が毎日廊下を歩いてる
  • 現・古の先生と揉めがち。

吉本弘樹コザ高校空手部顧問の教師

吉元広樹先生が受け持ってい沖縄コザ高校空手部は、沖縄県でも空手の強い高等学校で有名です。空手強豪高校の教員である吉元博樹教員は責任感が強く、強豪チームの力を落とすわけには行かず、指導についつい熱が入っていしまいました。

コザ高校空手部のメッセージがあります。

メッセージ
私たち空手道部は吉本先生の指導のもと全員で九州や全国で活躍できることを目標に日々の稽古に励んでいます。部員はみな個性に溢れていてとても仲がいいです。今まで空手をやったことがない初心者でも大歓迎です。私たちと一緒に充実した毎日を過ごしましょう!!
「私たちと一緒に充実した毎日を過ごしましょう」コザ高校空手部の先輩たちは「初心者の方も大歓迎です」と勧誘しています。まさか練習も空手部顧問も非常に厳しいコザ高校空手部であるとは一言も書かれていません。

 

3日間のインターハイが終わりました 組手競技はとっても悔しい結果に なりましたが、団体形は 男子優勝、女子が3位に入賞し 龍士郎先輩が個人形優勝を 見事飾りました! おめでとうございます!3年生にはまた後日感謝の言葉を 伝えたいと思います!3日間お疲れ様でした!
インターハイで男子は団体優勝、女子は3位入賞、龍士郎先輩が個人形優勝を勝ち取っています。インターハイで優勝と入賞を収めることが出来た沖縄県コザ高校空手部。競技人口ががら空きでインターハイに出場するだけで、簡単に入賞を取る事が出来るのでしょうか?優勝と入賞が取れるという事はそれだけの厳しい練習を乗り越えた結果が優勝、若しくは入賞することが出来たのではないでしょうか?

吉元広樹は格闘家「叩かれて強くなる」

沖縄県コザ高校空手部顧問の吉本弘樹先生は根っからの格闘家であったことがわかってきました。空手雑誌の「空手道マガジン」に2019年9月号に「先生の特別授業」という取材を受けています。業界の雑誌に掲載されるほどの実力者で格闘家であったことが分かります。

 

過去にも体罰問題でトラブルを起こしている吉本弘樹先生は。生徒に空手を教えるスタンスは「体罰」。「体で空手を覚えさせてあげる」。口で言って見せてわからない奴は暴力で指導するスタンス。実績としてはインターハイで数々の入賞、優勝の結果を出しています。少々厳しい事を言ったくらいで、落ち込むようでは格闘技はやっていけません。

 

格闘技に「心技体」という言葉が出てきますが、仲良しこよしの趣味の空手を学びたいのであれば、指導の甘い環境に行くべきで、心が弱く自分に甘い人間は格闘技を続けていくことは難しいのではないでしょうか?

吉元弘樹は空手バカ「勉強に打ち込む生徒は煙たい」

吉元広樹も空手を習っていた頃から勉強は二の次、1に空手の生活。学生は部活が生活の中心と思っていた吉元広樹教諭。沖縄県コザ高校は部活に入らない帰宅部は非常に煙たい生徒達と認識されています。部活動に入っている生徒達は幅をきかせ、部活動に入っていない帰宅部の生徒達は肩身の狭い思いをしていました。校則も部活動をしている生徒は甘く、帰宅部の生徒達は厳しく指導されいます。
同校では部活動特別推薦で部活を3年間継続する意志や「確約書」の提出が求められる制度があった。特別推薦で入学した生徒が退部した場合は、推薦枠を失わせるペナルティーを課す運用が行われていた。調査チームは「部活動を辞めたら退学になると誤解しやすい状態になっており、部活動を辞めることができない状況は生徒を追い詰める要因になったと思われる」と指摘した。

「学生って狭い世界で生きてるからね。その上吉本ひろき教師も狭い世界で生きてる。小さなネットワークで日々過ごしてるから、自分の縄張り生活圏以外がどうなってるのか知らんし、知ろうともしない。」保護者関係者

 

「客観的に見たら死ぬとかそれほどか?って思うようなことでも、自殺した当人、伊波竜飛(いはりゅうび)くん18歳にとっては、それが世界の全てだから死ぬようなレベルのことなのかもしれない。
だからそれで死を選んでも仕方ないし残念だけど、そんな人は昔からいたし、残念だけど、現実から脱出できたなら良かったのでは?と思う」空手関係者

 

「追い詰めた教師、吉本弘樹は免許取り消して二度と取得できないようにするべきだ。吉元ひろきは反省もしないでまた次の被害者出すから
この手の教師は死ぬまで考えも態度も変えないし、世間知らずを今更強制することも不可能ですよ」空手部保護者

下に続きます・・・

伊波竜飛君は小さい頃から「コザ高校空手部顧問の吉元弘樹に狙われていた」

mirimariニュースサイト

コメント