安倍元総理の暗殺事件

山上徹也の家族「親は住み込みで勤めて連絡が取れない」安倍晋三元総理銃撃事件

yamagamitetuya-kazoku安倍元総理の暗殺事件
山上徹也の顔

7月8日選挙応援で奈良県を訪れていた安倍晋三元総理が、奈良県警警備の元で奈良県大和西大寺駅前で演説中に暗殺テロ事件で銃撃され死亡しました。今回は自作拳銃で銃撃した犯人の山上哲也(やまがみてつや)の親、母親、父親、生い立ち、経歴、高校、自宅を見ていきます

山上徹也の顔画像「背後からキチガイの鉄オタか」大和西大寺駅奈良【動画】
元首相の安倍晋三元総理大臣が、奈良県大和西大寺駅前で山上徹也(やまがみてつや)に銃のような物で撃たれ意識不明の重体です。今回は安倍晋三議員を襲撃した暗殺犯人の目的、顔画像、動画、Twitterを見ていきます。
山上徹也の母親「宗教団体優先で大学は二の次」安倍元総理銃撃事件
7月8日選挙応援で奈良県を訪れていた安倍晋三元総理が、奈良県警警備の元で奈良県大和西大寺駅前で演説中に暗殺テロ事件で銃撃され失血死で死亡しました。今回は自作拳銃で銃撃した犯人の山上哲也(やまがみてつや)の親、母親、父親、生い立ち、経歴、自宅、2ちゃんや5ちゃんを見ていきます
山上哲也の生い立ちが悲惨「父親も兄も触れないで欲しい事実」安倍元総理週刊文春
阿部元総理を演説中に自家製の拳銃で襲撃した凄腕のスナイパー犯人、山上徹也の経歴や生い立ちが徐々に判明していきました。山上徹也の母親は宗教団体の統一教会に熱心で山上徹也も宗教団体に関わり活動を行ってきました。今回は山上哲也の学歴、出身高校、大学、中学、家族、仕事、統一教会、母親を見ていきます
404 NOT FOUND | mirimariニュースサイト
独自目線でニュースを斬る!

山上哲也の生い立ち「シングルマザーの4人家族」

山上哲也の生い立ちを見ていきます。

山上哲也の母親は奈良市内で育ち結婚して三重県に嫁ぎます。三重県で山上徹也の母親は3歳下の妹を出産。しかし山上徹也の父親が早くに他界し祖父が住んでいた母方の奈良市平松の一軒家に、山上徹也の母親と妹で移り住みます。兄が1人いるとの情報もあります

 

それから祖父も無くなり西大寺近辺に引っ越しを繰り返し約15年前に、奈良市平松の一軒家に引っ越します。ここでも山上徹也(やまがみてつや)は外に出ることは無く近所からも気配を感じられていませんでした。

 

「山上徹也の母親に似た山上徹也は非常に大人しかった」「男の子がいた記憶が無い」「外にあまり出ていなかった」「引きこもりがちだった」近隣住民

山上徹也の実家「親は住み込みで勤めて連絡が取れない」

山上徹也の実家はどこにあったのでしょうか。報道機関の発表によれば、山上徹也の実家で母親が特定宗教団体にハマって家庭が崩壊したと供述しています。山上徹也は母親位しか頼る人が居ません。

 

山上徹也の母親は教会にドップリ漬かり住み込みで勤めて連絡が取れない状態だったので、山上徹也の母親が現実の世界に帰って来なくなって、家庭がめちゃくちゃになったと思っている可能性もあります。山上徹也の母親は家庭連合で自己破産していると言われています

yamagamitetuya-jikka-oitachi-keireki-oya

山上徹也の実家

山上徹也の犯行動機「特定宗教団体シングルマザー」

山上徹也は安倍晋三元総理を襲撃して殺害しました。至近距離で発砲し、他に被害者も出さず安倍晋三首相だけ被害を受けた凄腕のスナイパーです。山上徹也の犯行動機は一体何だったのでしょうか。警察の調べに対し「殺そうと思ってやった」「政治信条に対する恨みではない」「安倍元総理の態度に不満があった」と供述

 

山上徹也は意外にもベラベラ警察に話おしゃべりであることが分かります。山上徹也は小さい頃から大人しく外には出ない子供でしたが、良くおしゃべりする子供だったのでしょう。

 

「母親が宗教団体にのめりこみ恨みがあった。団体と元首相が繋がっているかと思ったから狙った」と供述。母親が宗教団体にのめり込んで大金をつぎ込んでいることまで警察にベラベラ話しました。

 

山上徹也は数か月前から事件を計画していて事件前に5ちゃんねるに、山上徹也と思われる人物書き込みも発見されています

 

前日の夕方に急遽安倍晋三元総理の演説場所が変更されました。急遽変更された奈良県で演説していた安倍元総理。後方の護衛も緩い中で1発発砲し、2発目も発砲して安倍晋三元総理のみに命中。凄腕のスナイパーです。安倍晋三元総理の関係者が山上徹也の手引きしたのではと勘ぐってしまいます

abesinnzou-touitukyoukai

山上徹也の家族構成「母親と妹の4人家族」

山上哲也の家族構成は一体どの様な家族構成だったのでしょうか。

  • 妹の年齢は38歳
  • 母親の出身は奈良県
  • 結婚を機に三重県へ移住し山上徹也と妹を出産
  • 父親は早くに他界
  • 父親を亡くした事で地元の奈良県に戻る
  • 兄がいて5.6年前に自殺

 

山上徹也の母親は神経質で、近所の子供がキャッチボールしていると「うるさいからやめてくれ」って怒鳴り込み(近隣住民)

【追記】山上哲也の兄「大病からの破滅」

上山徹也には大病を抱えたお兄さんがいたことが分かりました。

「兄は大病を患い、長年治療に苦しんでいました。ですが、母親は宗教団体への献金や行事参加にのめり込み、一家は借金苦に喘いでいた。その結果、疲れ果てて、ついに兄は自殺に追い込まれてしまったのです。

山上容疑者には相当ショックだったと思います。山上容疑者自身もこうした生活に相当苦しんでいたようで、海上自衛隊時代には自殺未遂の過去があるようです」(捜査関係者)

 

「山上くんの家へ遊びに行ったことがありますが、お母さんはとても優しい人でした。もっと言うと優しすぎるお母さん。お兄ちゃんには特に甘くて、なんでも買い与えていました。

 

彼が大病を患っていたとは知りませんでしたが、頭が陥没していたり話し方がゆっくりだったりして、何かしらの障害はあるんだろうなとは思っていました。
勉強もあまりできるほうではなかった印象ですが、日常生活に困るほどではなかったと思います。普通に高校にも進学してましたから……」兄の同級生

 

上山徹也の母親は兄貴にも甘かったようです。上山徹也の母親はお兄ちゃんには特に甘くて、何でも買い与え我慢する事も感情を抑える事もできなかった可能性も有ります。

山上徹也の母親「神経質な宗教家」

山上徹也の母親は宗教団体へかなりの資金を投げ打って自己破産していると言われています。山上徹也の母親の宗教団体は一体どこだったのでしょうか。山上徹也の母親の宗教団体は「統一教会」であることが判明しました。

 

山上容疑者は「宗教団体のメンバーを狙おうとしたが、難しいと思い、安倍元総理を狙った」と報じられてきたが、この宗教団体は、旧・統一教会(世界平和統一家庭連合)である。かねてより霊感商法や集団結婚で話題になってきた新興宗教だ。  山上容疑者は「自分の母親が統一教会の信者で、安倍晋三が統一教会と親しいと知って狙った」と供述している。  なぜ山上容疑者は、統一教会と安倍氏と接点があると考えたのか? 統一教会系の政治団体「国際勝共連合」は、1968年に創設された保守系グループであり、自民党の保守系議員とも密接な関係があると言われる。ネット上では、かねてより安倍氏と勝共連合の関係が取り沙汰されてきた。  統一教会と敵対関係にある日本共産党の機関紙「しんぶん赤旗」では、昨年9月12日、旧統一協会系の天宙和連合(UPF)の集会に安倍氏がオンラインで出席し、「今日に至るまでUPFとともに世界各地の紛争の解決、とりわけ朝鮮半島の平和的統一に向けて努力されてきた韓鶴子総裁をはじめ、皆さまに敬意を表します」と発言した模様を報じている。  保守系政治家の雄であった安倍氏と統一教会との接点は、かねてより永田町関係者では公然の秘密だった。たとえば安倍氏と近いある参議院議員の場合は、「統一教会丸抱え」と言われるほどの密接の関係にあり、統一教会幹部も「あの議員はうちの票で当選できている」と認めるほどだった。  山上容疑者の自宅では拳銃2丁以上が押収され、爆破物を複数製造していたことも明らかになった。自宅のワンルームは火薬の匂いが立ち込め、さながら町工場のように、爆発物などの製造に使う薬品、鉄くずなどが散乱していたという。  「もともと爆発物で安倍氏を殺害しようとして製造したが、これでは無理だと銃に変更し、今年の春には完成させたと供述している。  今回使用した銃は、2つの鉄パイプを粘着テープでつないだものだった。二度発砲ができるもので、激しい殺意が見られる。山上容疑者も、殺害するつもりだったと物静かに語っている」(捜査関係者)

 

山上徹也の母親が宗教に熱心で、家庭を顧みなかったことが分かりました。

 

「統一教会と安倍が親しいので狙った。殺してやると銃を持ち出した。ネットで毎日、参院選の予定を調べていて、奈良にきたのでチャンスだと思った」 「政治的な意味合いで狙ったのではない」「自宅でこれまで、拳銃、爆発物など複数作っていた。インターネットなどから、調べて作った」

 

「母親は熱心な統一教会の信者で、今も現役のようだ。山上容疑者は母親と統一教会の関係が家庭崩壊につながったと憎悪を募らせ、犯行に及んだと供述している。母親については調べを進めているが、かなり熱心な信者であったとみられる。  犯行前日には、安倍氏が岡山県で演説をすると知り、追いかけて行っている。パソコンやスマホには拳銃、爆発物を検索した履歴がかなりある。計画的な銃撃とみられるが、意味が通じない供述もある」捜査関係者

 

山上徹也の母親が統一教会の信者で、大量の寄付をしたことで2002年8月21日に破産宣告を受けています。この事で家庭が崩壊したとして恨みを統一教会と親密な関係にある広告塔の阿部元総理を狙ったのでしょう

山上徹也の高校「郡山高校の応援団」

山上哲也の高校は一体どこの高校だったのでしょうか。ネットでは山上哲也の高校は奈良県立郡山高校であると言われています

奈良県立郡山高校「応援団出身」 偏差値:68
⇒同志社大(工) 偏差値:60~
⇒海上自衛隊(3年除隊)
⇒派遣フォークリフト運転手
⇒無職
⇒お手製スナイパー

犯行動機
「統一教会のせいで家族が崩壊した。広告塔の安倍晋三が憎かった。」

山上哲也の経歴「優秀な武器製造テロリスト」

山上哲也の経歴は一体どの様な経歴だったのでしょうか。ネット情報をもとに山上哲也の経歴を見てきます

 

yamagamitetuya-keireki-oya

山上哲也の経歴

  • 山上徹也容疑者(41) 奈良市大宮町在住(シティホームズ大宮で家賃3万8000円)
  • 郡山高校(応援団)→同志社大学工学部中退→海上自衛隊→
  • FPや宅建取得→コジマ表彰(月1608万8177円売上)→堀場製作所→
  • 飲食店やフォークリフト運転を転々(氷河期派遣バイト)→
  • 自民支持→統一教会が許せない→安倍元首相を銃殺
  • 自作の銃を作る理由は爆弾を作って殺すつもりだったが、事件してみたら自作の爆弾で殺せないことが分かった
  • 銃1丁に3本の筒
  • 1本の筒に6発の弾丸が入っている
  • 自作の凶器は春ごろにはできていて複数ある

上山徹也の自宅「6畳の独身部屋シティーホムズ大宮」

上山徹也の自宅は一体どこだったのでしょうか。上山徹也の自宅はJR奈良駅の近くで8階建てのマンション。学生や単身赴任者が多く部屋は6畳で3万8000円。近所付き合いはなかったようです。部屋に籠って爆弾作製をしていたのでしょう

yamagamitetuya-jitaku-oitachi-keireki

やまがみてつやの自宅

こちらの映像より現場を特定

  • シティホームズ大宮
  • 〒630-8115
  • 住所:奈良県奈良市大宮町3丁目1−18

 

山上徹也の自宅から大和西大寺駅まで電車で約10分の距離になります。自宅で爆弾と銃を製造していたテロリスト。誰かの指示で銃をカバンに入れて持ち運んだのでしょう

安倍晋三元首相を銃撃した山上徹也容疑者は取り調べに「拳銃をたくさん作った」と供述しています。県警は自宅マンションを家宅捜索。室内から爆発の危険性がある不審物を発見し、捜査員らは爆発物を取り扱う専用車両で屋外に搬出しました

山上徹也の顔画像「人と関われない鉄オタ顔」

安倍晋三元総理を襲撃した暗殺犯人、山上徹也の顔画像を見ていきます

  • 名前:山上徹也(やまがみてつや)
  • 年齢:41歳
  • 住所:奈良県奈良市大宮
  • 高校:奈良県大和郡山市内の郡山高校
  • 職業:元海上自衛隊
  • 赴任先:広島県呉市呉基地
  • 高校:奈良県大和郡山市の県立高校へ進学1999年卒業
  • 2002年から2005年海上自衛隊に任期制の自衛官として勤務
  • 任期中に年1回程度の小銃を扱う基本的な訓練を受けていた
  • 退職後:ファイナンシャルプランナーや宅地建物取引士などの資格を取る
  • 複数の会社で派遣社員やアルバイトで勤務

山上徹也の顔画像

yamagamitetuya-kao

山上徹也の顔画像

安倍元総理に発砲後取り押えられる画像です。ズボンは緩い太目のパンツ、半袖Tシャツ、耳にイヤホンを付けています。顔はマスクが有って確認できません。手には銃の様な物を持っています。手作りの銃でしょうか、ビニールテープでぐるぐる巻きの様に見えます。新しい情報が入り次第追記していきます

長男の息子から「同級生や」「今は眼鏡かけているんやな」と連絡があった。山上容疑者は高校時代、3年間応援団に所属し、おとなしい性格だったという。長男は1年生の時に同じクラスだったが、会話した記憶がない。卒業アルバムには、将来の自分について「わからん」と記していたという(同級生の母親

 

「おとなしく社交的な方ではなかった」高校野球の応援をしていた姿を覚えており、「炎天下でも学ランを着て直立不動で構えていた。暑いのにすごいなと思った」同級生の女性

yamagamitetuya-keireki-oitachi

山上徹也の顔画像

yamagamitetuya-oitachci-keireki

山上徹也の顔画像

山上哲也の生い立ち「裕福からの破滅」

山上哲也の生い立ちを見ていきます。

  • 1981年奈良市に誕生
  • 幼い時に父が亡くなり、会社経営で裕福な祖父の家奈良県奈良市平松に母と妹と引っ越す
  • 祖父は建設業を営む。比較的裕福な家庭
  • 公立県内No.3の進学高校に入学する
  • 高校時代は応援団で3年間活躍した
  • 難関私立大学理工学部に進学する
  • 専門学校の説あり
  • 大学時代、母親が統一教会に入信する
  • 祖父から相続した実家を売却し全てを寄付させれて2002年に自己破産する
  • 難関私立大学理工学部を退学となる
  • 実家が無くなったため自衛隊へ入隊する
  • 海自にて3年勤務した
  • 退任後、家電量販店に就職する
  • 営業マンとしてトップ成績をあげ表彰されていた
  • 自己破産による家庭崩壊後、母と妹が行方不明になっていた
  • 統一教会本部と敵対して独立したサンクチュアリ教会に入信したと思われている
  • 幹部の居場所を突き止めるのが難しかったことから標的を変更した
  • 関連施設で試し撃ちをしていた
  • 安倍晋三氏と統一教会の関係が深いと信じ、統一教会が日本で広まった原因は同氏にあると思い込み標的として銃殺に及んだ
  • 母と妹は消息不明である
  • 兄は5年前の2017年ごろに自殺をしている
  • 山上哲也の母親は優しく品の有る方
  • 安倍元総理を狙って選挙活動の行動を把握し付け回す
  • 手荷物検査などがあって近くに近づけなかった
  • 犯行現場に1時間半前に到着。下見をしたうえで犯行に及ぶ

山上徹也は鉄オタ顔

安倍晋三元総理襲撃の動画

山上徹也の母親「宗教団体が優先」

山上徹也の生い立ち

安倍昭恵さん子供は要らない

mirimariニュースサイト

コメント

  1. 中澤 章 より:

    安倍晋三元首相殺害容疑者である山上徹也について。事情を知れば知るほど苦難苦渋の人世で,本人は頭脳明晰で本当は心のとても優しい人物像が浮かびます。本当に惜しい人材であります。

    人を陥れてしまう宗教の恐ろしさを改めて知りました。

    • mirimari より:

      コメントありがとうございます。文章力も素晴らしく読ませるツイート内容、想像を膨らませ人を引き込む逸材であったとネットでも言われています。