事件

山田誠「大きな新しいチャレンジをしたい」SMBC日興証券

yamadamakoto-kaogazou事件
山田誠顔画像

SMBC日興証券の役員などが絡む株価操縦で、ヒル・トレボー・アロン、アレクサンドル・アヴァンキャッツ、山田誠、岡崎真一郎が逮捕されました。今回は山田誠容疑者は部長で44歳の顔画像、学歴経歴を見ていきます

山田誠の顔画像とプロフィール

山田誠の顔画像とプロフィールは公開されているのでしょうか。

  • 名前:山田誠(やまだまこと)
  • 年齢:39歳
  • 出身:山口県宇部市
  • 高校:宇部高校
  • 偏差値:67~68
  • 大学:カリフォルニア大学バークレー校でコンピューターサイエンスを学ぶ
  • 職業:SMBC日興証券
  • 役職:エクティ部長
  • 入社:SMBC日興証券入社 2015年7月
  • 住所:東京都
yamadamakoto-kao

山田誠の顔画像

yamadamakoto-kaogazou

山田誠顔画像

山田誠のSNSを調査しましたが山田誠のアカウントが複数存在し、特定にまでいたっておりません。新しい情報が入り次第追記していきます

山田誠の学歴と経歴「大きな新しいチャレンジをしたい」

山田誠の学歴と経歴は一体どの様な経歴なのでしょうか。山田誠の経歴学歴を見ていきます

 

山田誠は山口県宇部市の宇部高校へ進学、その後アメリカのカリフォルニア大学バークレー校に進学してコンピューターサイエンス学科を卒業。金融関係の知識を習得していきます

卒業後はクオンツとしてゴールドマンに入社します。オプションや高頻度取引のシステム開発などに携わるなか次第にトレーディングに興味を持っていきます。入社して5年後にオプションやデリバティブ先物など自己勘定取引を行うプロップトレーダとなる。日本の指数デリバティブの責任者も務める

 

14年間在籍していたゴールドマンで、マネージングディレクターを経験。山田誠は2015年7月にSMBC日興へ移り、昨年3月にエクイティ部長に起用される
外資系証券の日本ビジネスが縮小傾向にあり、日本で存在感を上げていく事が魅力的と思い「大きな新しいチャレンジをしたい」と転職します

 

yamadamakoto-kaogazou

山田誠顔画像

SMBC日興証券不正取引の事件概要

 不正な株取引で相場操縦をしたとして、東京地検特捜部は4日、SMBC日興証券の専務執行役員で、エクイティ本部本部長のヒル・トレボー・アロン容疑者(51)ら同社の幹部4人を金融商品取引法違反(相場操縦)容疑で逮捕した。特捜部は同日夜、東京都内の同社本社に家宅捜索に入った。複数銘柄の株価を高値で維持することを目的に、業務として買い注文を繰り返したとみて捜査を進める。  大手証券会社幹部が相場操縦容疑で逮捕されるのは極めて異例。他に逮捕されたのはエクイティ本部副本部長のアバキャンツ・アレクサンドル(44)、エクイティ部長の山田誠(44)、エクイティ・プロダクト・ソリューション部長の岡崎真一郎(56)の3容疑者。  逮捕容疑は2019年12月~20年11月、立会取引時間外で株の売却先を募る「ブロックオファー取引」に絡み、5社の株式の終値が下落することを回避するため、大量の買い注文を入れたとしている。関係者によると、ヒル執行役員は特捜部の任意の事情聴取に「相場操縦には当たらない」などと容疑を否認していたという。  関係者によると、不正が疑われているのは、大株主が保有株を大量に売った際に値崩れを避けるため、証券会社が立ち会い取引の時間外に株を買い取り、売却先を募る「ブロックオファー」と呼ばれる取引。  同社は、売却先が決まった日の終値を大株主からの買い取り基準額としている。終値が低いと買い取り額も低くなり、取引が不成立となる可能性がある。このため、幹部らは20年ごろ、市場が閉じる午後3時の直前に、複数の銘柄の買い注文を繰り返した疑いがあるという。特捜部はブロックオファー取引の買い取り基準額となる終値を高値で維持しようとしたとみている。  金商法は、株価を安定させる目的で株を売買したり、特定銘柄の売買に他者を誘引したりすることを相場操縦として禁じている。違反した場合、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金などが科される。法人に7億円以下の罰金を科す両罰規定も設けられている。  証券取引等監視委員会が21年6月ごろ、相場操縦の疑いで同社本社を強制調査していた。同社はこれまでの毎日新聞の取材に「捜査に関してはコメントを控える」としていた。

出典:ヤフーニュース

  • SMBC日興証券「エクイティ本部」本部長のヒル・トレボー・アロン容疑者(51)
  • 部長の山田誠容疑者(44)
  • アバキャンツ・アレクサンドル容疑者(44)
  • 岡崎真一郎容疑者(56)
  • 4人が相場操縦の疑いで逮捕
  • 特定の上場企業の5社の株価を維持する目的で大量の買い注文を入れるなど不正な取引を行った
  • 別に5銘柄も同様の手口で大量の買い注文を入れる
  • 合計10銘柄のブロックオファーの成立で約11億円の利益を得る
  • 取引所の時間外で行われる株の売買に関連して特定の銘柄の下落を防ぐため、不正な取引をして金融商品取引法違反の相場操縦の疑い

ブロックオファーとは世間一般に公表されない、株式の大口の売出しをいいます。
具体的には、証券会社が株式のまとまった売り注文を受けた場合、それを処理するために、特定の顧客(大口の得意先)に対して、終値よりも少しディスカウントして売り出すもので、通常、需要をヒアリングして条件を提示し、合意した場合に成立します。この場合、引き受けた(購入する)顧客には、事前の空売りは禁じられます。

出典:金融情報サイト

hirutoreboaron-yamada-kao

ヒルと山田誠の顔画像

mirimariニュースサイト

コメント