ネットで話題 事件

渡辺陽太婦女暴行「貧乏な女で金を釣り上げて泣き寝入りさせた」ミスター慶応

渡邉陽太ネットで話題

2019年3月24日さいたま市大宮区のカラオケ店で、20代女性に性的暴行をしたとして、千葉県市川市無職で元ミスター慶応義塾大学渡辺陽太と知人の栃木県光山和希が逮捕されました。今回は週刊文春内容の渡辺陽太(わたなべようた)の華麗なる一族と会社を見ていきます

レイパー渡辺陽太「釈放されたらまたやりたいお爺ちゃん助けて」ミスター慶應
2019年3月24日さいたま市大宮区のカラオケ店で、20代女性に性的暴行をしたとして、千葉県市川市無職で元ミスター慶応義塾大学渡辺陽太と知人で栃木県の光山和希が逮捕されました。今回は渡辺陽太の顔画像、父親、祖父の会社を見ていきます

渡辺陽太の婦女暴行事件概要「週刊文春」

「二人は昨年三月二十四日深夜、大宮駅東口で女性に声を掛け、カラオケ店に連れ込んだ。渡邉は店内で性的暴行を働き、立ち去ったようです。その後、光山が女性をネットカフェに連れ出し、そこで再び強引に事に及んだ。朝方、大宮駅前で泣きじゃくっていた女性を気にかけた通行人が事情を聞き、交番に通報。カラオケやネットカフェの防犯カメラから犯行が裏付けられたため、一年半後の逮捕に至りました」(社会部記者)

渡邉陽太

渡邉のわいせつは事件関連は6回目

「2018年9月、横浜駅近くで女子大生に声を掛け、雑居ビルの踊り場でレイプ。その後、余罪が次々と明らかになり、準強制性交、準強制わいせつ、昏睡強盗、窃盗の疑いで神奈川県警に5回逮捕されました。ところが、横浜地検は翌年1月、被害者4人と示談が成立していることから不起訴処分としたのです」(社会部記者)

今回の犯行は前回の犯行の2か月後の犯行になり、レイプに興奮するというよりもナンパゲームからの使い捨てラブドール、って感覚なのかもしれない

渡邉陽太,ミスター慶応

お爺ちゃんに多大な影響を受けていた

千葉市に生まれた渡辺陽太は、祖父に多大な影響を受けていた。

御爺様の経歴

愛媛県今治市出身の祖父は高校卒業後、裸一貫で上京。衣料品行商や焼肉屋経営などを手掛けた。

2003年5月ホームレスの社会復帰支援を標榜する特定非営利活動法人を設立。

「社会復帰支援とは名ばかりで、実態は貧困ビジネスです。グループ全体では約2000人の入寮者がおり、そのうち800人以上が渡辺陽太の父が社長を務める関連企業が運営する施設にいる。社長は『連中は社会復帰するような奴らじゃねえ。食って寝るだけなんだよ』と話していた」(元社員)

 

貧困ビジネスのからくりは、「X社が運営する稲毛区の施設の場合、一人につき月約11万円の生活保護費から、諸経費として月額約9万円をピンハネしているのです。内訳は41,000千円の家賃、45,000千円の食費など。入寮者の手元に残るのは月一万数千円程度でお金がないから施設の隣の墓地にお供えしてあるお酒を飲んでいる有様です。今年10月14日夜には入寮者同士の殺人事件が起こっています」

 

こんな貧困ビジネスのトップの会長の祖父の口癖は「ニワトリ(生活保護受給者)は、放っといても卵(金)を生むから」と生活保護者の事を奴隷の様に見下し、生活保護者からお金を巻き上げるシステムを構築している。

 

(株)地商コーポレーション
代表取締役 渡邉元一郎(父)
代表取締役 渡邉美穂(母)
取締役 渡邉陽太
取締役 渡邉大介(弟)
取締役 渡邉健矢(弟)

 

(株)地商土木

代表取締役 渡邉元一郎(父)
代表取締役 渡邉美穂(母)
取締役 渡邉陽太
取締役 渡邉大介(弟)
取締役 渡邉健矢(弟)
監査役 渡邉元(ジイジ)

 

(株)地商ファクトリー
代表取締役 渡邉元一郎(父)
代表取締役 渡邉陽太
取締役 渡邉大介(弟)
取締役 渡邉健矢(弟)
取締役 渡邉美穂(母)→辞任

 

(株)地商総業《ジイジが創業した地商グループの大元》
代表取締役 渡邉元(ジイジ)
取締役 渡邉悦子(祖母)
取締役 渡邉元一郎(父)
監査役 渡邉哲也(叔父)

ベンツのマイバッハとポルシェのパナメーラが愛車

渡辺陽太の親達はどの様な車に乗っていたのでしょうか?

 

watanayouta-titioya

渡辺陽太の父親は月収3,000万円でベンツのマイバッハを乗り回し、母親は月収1,000万円でポルシェのパナメーラが愛車です。渡邉陽太は4人兄弟の長男で、一番下の妹は学習院初等部に合格。合格した際に500万円を寄付しています。その時の表彰状が社屋に飾ってあるそう。

 

渡辺陽太の学生時代は「アソコに酒をジャブジャブ」

渡邉洋太の学生時代はどの様な学生だったのでしょうか?

学生時代から女性の事を渡部建の様に性の捌け口としか思っていない事がわかります。

「陽太のグループの日常会話は『あの子をやり捨てた』という自慢話。陽太は泥酔して全裸で寝ている女の子のアソコに酒をジャブジャブ入れてケラケラ笑っていた。大学の多目的トイレの中でエッチするなんていう毎日を送っていました」

渡辺陽太のセックスフレンドが証言しています

「エッチを拒んだ他の子は、バリカンで髪の毛を刈られそうになっていた。また、彼は周囲に『大麻やMDMAをやっている』と自慢。『キャベツ同好会』というLINEグループを作り、仲間と『8K(八千円)で売ってくれない?』と嬉々として話していました」

大麻やMDMAをやっていると周りに自慢して、「お、やべーなこいつ」と思われたいのでしょうか?警察に通報されれば逮捕案件ですが。ここでも警察にお世話になる事があれば御爺様が助けてくれると思っていたはず。

ミスター慶応-渡辺陽太

渡邉陽太はお金がかかる孫「貧乏な女で金を釣り上げて泣き寝入りさせた」

渡邉陽太の起こした事件後は一体どの様な生活になったのでしょうか?

渡辺陽太は逮捕時、祖父や父が代表取締役を務める関連会社3社の取締役だったが、事件発覚直後の同年10月末までに解任されている。

「会長(祖父のこと)は事件後、『陽太の事件で5,000万円かかった。1人2,300万円の示談金で泣き寝入りさせた』と話していた。また、『(被害者は)貧乏な女で金を釣り上げてきた。女の子も金が欲しかったんじゃないか』などと周囲に不満を漏らしていました」(祖父の知人)

やはり被害女性もお金が目的で渡邉陽太に近づき、想定外に乱暴され、お金欲しさに高額請求していた模様。

初対面でホイホイ付いて来るような女は、イザとなったら金で示談できると計算ずくかな。さすがミスター慶応です

渡辺陽太の父はブランド品で固める人

渡邉陽太の両親は事件後、当時住んでいた高級マンションを追い出され、周囲に「借りられるところはないか」と泣きついていたそう。さすがに事件を起こされて後ろ指刺されますね

 

社長(渡邉陽太の父)は千葉の土建屋の倅ということにコンプレックスを抱いていて、エルメスなどの高級ブランドに身を包んでいる。土建屋の息子はブランド品がお好きです。

『港区在住でないと人間ではない』というブランド志向の持ち主で、実際、事件後も港区内の別の高級マンションに転居している」知人の証言

渡辺陽太父親

渡邉陽太は名ばかりの取締役

2020年の1月15日

渡邉陽太は父が代表取締役を務める関連会社の取締役に就任。
さらに9月26日、祖父が代表取締役を務める親会社の取締役に就任。
関係者の証言より
「取締役とは名ばかりで働いておらず、不起訴後は会長宅の近くの従業員寮で彼女と同棲していました。祖父は『特定の女がいれば安心だ。あいつも落ち着くだろう』と安心していましたが、それも束の間。やがて毎日のように違う女を部屋に連れ込むようになった」
もうここまでくると小さい頃に何か親や祖父に恨みでもあるのだろうかと思ってしまう。
祖父や父に対する復讐でもあって、金持ってるといろんな悪いやつが近寄ってくるだろうし、ボンボンやお嬢ちゃんが道を踏み外すのはそのためだ。

 

二度と渡邉陽太の性癖は治らないし、女は金貰えるなら余裕で示談に応じるでしょう。1000万2000万の大金が貰えるならレイプくらい許す。一時の我慢
金の力は偉大

女は肩書きと金に弱いし、レイプして訴えられて諭吉を見せて示談させるまでがプレイ。日本の女が泣いて、やめって騒いでるのを口負債で、押さえつけて無理やりやるのが好きで辞められない。

もう好みの問題だからやっぱり「朝鮮人か」って世間では言われてしまうのではないでしょうか?

下に続きます・・・

レイパー渡辺陽太「釈放されたらまたやりたいお爺ちゃん助けて」ミスター慶應

mirimariニュースサイト

コメント