事故

成田和樹猛スピードで暴走「帰るまで命が有るかわからん」名古屋市港区

事故

23日午前9時ごろ名古屋市港区の路上で成田和樹(なりたかずき)が猛スピードで運転する乗用車と同区七番町5、団体職員日比高生さん(52)の軽自動車が衝突し、1人が死亡する事故が有りました。今回は死亡した女性の事故現場、事故内容を見ていきます

名古屋死亡事故概要

各メディアがニュースを報じて話題となっています。

23日午前、名古屋市港区で乗用車が前を走っていた車に追突、追突された車が横転し、男女3人が近くの病院に搬送されましたが、1人が死亡、2人がけがをしたということです。

事故があったのは、港区七番町の市道・江川線で、目撃者によりますと、23日午前9時すぎ、乗用車が前を走っていた別の乗用車に追突、追突された車が横転しました。

この事故で、横転した車に乗っていた男女3人が、近くの病院に搬送されましたが、1人が死亡、2人がけがをしたということです。

「ドドドーンと音がした」  「運ばれる時に、女の人がぐったりしていた」(事故を目撃した人)

現場は、名古屋市営地下鉄・名港線の東海通駅前の片側3車線の見通しのよい直線道路で、警察が、事故原因などを詳しく調べています。

出典:ヤフーニュース

名古屋・港区で車2台絡む事故 高齢女性1人死亡、1人が重体:中日新聞Web
23日午前9時ごろ、名古屋市港区七番町4の市道で、同区七番町5、団体職員日比高生さん(52)の軽乗用車と、同市中川区野田3、会社員成田...

名古屋市港区の事故現場はどこ

では名古屋市港区の交通死亡事故の現場は一体どこだったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、名古屋市港区七番町の江川線と公開されていました。

成田和樹

映像からこちらが事故現場になります

反対の進行方向からの映像はこちら

こちらは軽自動車から見た映像です

一旦停止が有りますね。成田和樹の車に気付かず左折し

法定速度が60キロの道路を時速100キロメートル以上の猛スピードで走ってくる赤い車に追突されたのでしょう

 

危険運転の犯人は誰?

危険運転で二人の命を奪った犯人は一体誰だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、成田和樹28歳の会社員と公開されています。

顔画像は公開されておりません。特定出来次第追記していきます

  • 名前:成田和樹
  • 年齢:28歳
  • 職業:会社員
  • 住所:愛知県名古屋市中川区野田3

こちらはシビックの画像です

2人は病院へ搬送されるもお亡くなりになられました。

現場検証の結果、過失運転致死傷容疑で現行犯逮捕された人物になります

交通事故で亡くなられたのは誰?

では交通事故で無くなられた方は誰だったのでしょうか?

報道機関の発表によれば、軽自動車に乗っていて外に投げ飛ばされた酒井昌子さんと日比裕子さんであったと公開されております。

  • 名前:酒井昌子さん
  • 年齢:78歳
  • 職業:無職
  • 住所:名古屋市東区
  • 名前:日比裕子さん
  • 年齢:80歳

成田和樹,名古屋

外に投げ出されたという事は、かなりの速度でぶつかりシートベルトをすり抜けて外に投げ出されたのでしょうか?

そもそもシートベルトをしていなかったことも考えられます

Twitterの声「名古屋流道は譲らない」

危険運転名古屋走り「帰るまで命が有るかわからん」

地元住民によりますと、名古屋の運転特色は危険運転名古屋走りが有名で

  • 信号無視
  • ウインカーを出さない
  • 車線またぎ
  • スピード違反
  • 右折早曲がり

が多いと言われています。その背景には自動車保有台数がとても多く、走りやすい広い道路のお陰でスピードを出しやすいという歴史が有ります

いずれにせよ、スピードを出しすぎない前をしっかりみて安全運転が大切です

自分が運転する自動車で不慮の事故に合い、母親と叔母を亡くされた団体職員日比高生さんは、自分や犯人を責め、悔しい思いをされていると思うと胸が痛みます

元芸能記者のニュースサイト

コメント