事件

浦上陽子の虐待証言「わざと閉じ込めた位で騒ぎすぎ」双葉保育園園長・福岡

urayamayoukono-jitaku事件
浦山陽子の保育園

浦上陽子(うらかみようこ)が、園長をしている福岡県の双葉保育園で、5歳の男児・倉掛冬生(くらかけとうま)ちゃんがバスの車内で放置され熱中症で亡くなりました。今回はライオンズクラブに所属している浦上洋子の自宅をみていきます

浦上陽子の自宅を特定

浦上陽子の自宅は特定されているのでしょうか?報道機関の発表によれば、自宅までは公開されておりません。浦上陽子が園長をしている双葉保育園の住所は「福岡県中間市中間2丁目13−8」です。

 

双葉保育園は先代の園長が経営する家族経営で、現在は園長・浦上陽子、母親である理事長・浦上ヤス子、浦山陽子の父親も園長をしていました。浦上家の親族も浦上陽子が園長を務める、双葉保育園の近くに住んでいた可能性が有ります。

こちらが社会福祉法人新星会 双葉保育園の外観です。保育園というより民家です。自宅を保育園に開放したのが始まりのような、最近では珍しい子供が達が喜びそうな建物ではありません。機械的に子供を預ける施設です。

 

元々自宅を保育園にしたのが始まりであれば自宅も隣接しているはず、浦上陽子は年齢的にも結婚している年齢ですが、ヒステリックになり子供達を怒鳴り散らしていたました。男性に対しても自分の感情をそのままぶつけるタイプで独身である可能性も有ります。

  • 法人名:社会福祉法人新星会 双葉保育園
  • 郵便番号:〒809-0034
  • 所在地:福岡県中間市中間二丁目13番8号
  • 電話番号:093-246-0475
  • FAX番号:093-245-0651
  • 代表者:理事長 浦上 ヤス子
  • 設立年月日:昭和52年4月11日
  • 従業員数:35名

 

社会福祉法人 新星会の運営する双葉保育園は、養護と教育によりそれぞれの個性と能力に応じた人間性豊な心身の発達を促すことを目的としています。児童が満足して心とこころがふれあい幸福な日々を送れるよう、また保護者の皆様が安心して保育園にお預けしていただけるよう目指しています。
児童の福祉を積極的に増進し、地域の方と共にたくさんの体験と学びを通して、家族援助を応援しています。一日一日を無駄にせずに、充実した保育が送れる様に家庭的な雰囲気の中、豊かな愛情と知識をもって、健康で明るく向上していきたいと努めていきます。

浦上陽子の中学校「中間市立中間中学校」

浦上陽子の中学校は一体どこだったのでしょうか?双葉保育園に住んでいれば、いち番近い中学校は中間市立中間中学校になります

〒809-0001 福岡県中間市垣生510

双葉保育園から中間市立中間中学校までの距離は11km歩いて14分 です。

浦上陽子の高校「普通科のある中間高校」

浦上陽子の高校は一体どこだったのでしょうか?調査したところ双葉保育園の近くに2つの高校が有りました。1つは希望が丘高等学校です。こちらは総合学科、自動車科、自動車専攻科があり、偏差値は39。浦上陽子の行動から偏差値は39程度ですが、進学校ではないのでこちらの高校ではありません

〒809-0033 福岡県中間市土手ノ内3丁目19−1

進学校の中間高等学校はこちら

〒809-0021 福岡県中間市朝霧5丁目1−1

距離にしては約3kmで自転車で12.3分で通学出来ます。偏差値は53です。双葉保育園の園長浦上陽子は保育士の免許を持っていないので、(免許を取る気も無かった)保育関連の専門学校や大学に進学していなかったことが分かります。

浦陽上子からイジメられた園児の証言

独身の浦上陽子園長を家族経営で浦上陽子家族がサポートしていきます。浦上陽子母親は理事長兼主任保育士、浦山陽子姉が保育士で浦上陽子をサポートしていました。

 

「園長から恐怖心を植え付けるような暴力ばかり受けました。名札の針で手の皮膚をほじくられたり、熱した薬缶を押し付けられたり。でも、迎えにきた母に対しては、『勝手に転んで擦りむいた』と報告していました。私の弟は園長の姉にも嫌がらせを受けていました」卒園生

 

「物置部屋に閉じ込め、『あんたみたいな子は生まれてきちゃいけない』と言われたことを今でも鮮明に覚えています。あの頃は、幼いながらも先生のご機嫌を伺う日々でした」卒園生

 

保護者会でもお仕置きについて質問が出ていました。「子供が(倉庫に)閉じ込められていた保護者の方って、どれくらいいるんですか」と尋ねると、約20人の保護者が挙手。「わざと(冬生くんを)閉じ込めたのではないか」との追及される保護者会

 

子供が閉じ込められて黙っている親も、他に子供を預ける場所が無く、保育園を変わることができない現状が浮き彫りとなります

浦上陽子の虐待証言「わざと閉じ込めたくらいで騒ぎすぎ」

浦上陽子の保育園の行動は一体どの様な行動をとっていたのでしょうか?浦上陽子の子供たちに対する接し方で、自分の思うようにならないときに子供達に対して、しつけという事で閉じ込めることが頻繫に行われていることが分かりました。

 

「子供が起こられた時に園の倉庫に閉じ込められたことがある」、「ウチも閉じ込められることがあった」「私の子供も閉じ込められた」保育園保護者

 

園長の浦上洋子の同級生も激しい性格であったと言っています。「小学校の頃、作文で賞を獲るなど、頭は良かった。ただ相手が言われて嫌なことも、オブラートに包まず口にしてしまうので、よく思わない子もいました」同級生

 

浦上陽子の言い訳によると、「人前で叱ると可哀想だから見えないところで叱った」と見えないところに連れて行き暴行していました。いう事を聞かない子供達を閉じ込めて楽しんでいた事が分かります

 

「去年、冬生くんのママは園の配膳スタッフとして働いていたのですが、彼女も浦上陽子園長から怒鳴られ、何も言えずに気の毒でした」保護者

 

冬生君の母親は保育園の配膳スタッフで勤務、この時も園長の浦上陽子に怒られていた事も分かりました。浦上陽子は倉掛とうま君の母親を知っているので母親に対する恨みを代わりに子供に逆虐待を行っていた事が分かりました。

 

倉掛冬生(くらかけとうま)ちゃんをバスに閉じ込めた時も、いつもの事なのでうっかり閉じ込めたことを忘れて気付いたら意識が無かったのです。小さい倉掛冬生(くらかけとうま)ちゃんが暑くて苦しかったが、一生懸命ドアや窓を叩いて助けを求めたと思うと胸が張り裂けられる思いです

kurakaketouma-kao

倉掛冬生君の顔画像

新しい情報が入り次第追記していきます。

mirimariニュースサイト

コメント

  1. じゅん より:

    浦山か浦上かどちらですか?