事件

上田綾乃の夫と家族は洗脳された「看護師は亡くなっても平気」神奈川

uedaayano-kao事件
上田綾乃容疑者

2019年8月に神奈川県大和市に住む上田雄大君、当時小学1年生を窒息死させたとして、看護助手の上田綾乃(うえだあやの)容疑者が逮捕されました。今回は上田綾乃容疑者の顔画像、自宅、職業、家族、夫、旦那を見ていきます

高井直子さん「養子縁組男性はイケメン顔か」大阪高槻
大阪府高槻市八幡町の民家で昨年7月に、住人の会社員で54歳の高井直子さんが浴槽で死亡していた事件で司法解剖の結果から殺人事件と発表。約1億5000万円の2社生命保険が掛けられていました。受取人は20代男性であることが判明。今回は高井直子さんのfacebook顔画像、20代男性は誰なのか、受取人の顔画像を見ていきます
上田綾乃の病気がヤバイ「実家で飼っていたペットを庭に埋めまくる」神奈川
2019年8月に神奈川県大和市に住む上田雄大君、当時小学1年生を窒息死させたとして、看護助手の上田綾乃(うえだあやの)容疑者が逮捕されました。過去に上田綾乃の子供達が謎の死亡をしています。今回は雄大君の母親、上田綾乃容疑者の病気、実家、生い立ちを見ていきます

上田綾乃容疑者の顔画像とプロフィール

上田綾乃容疑者の顔画像とプロフィールは公開されているのでしょうか。

  • 名前:上田綾乃(うえだあやの)
  • 年齢:42歳
  • 住所:神奈川県大和市西鶴間3丁目
  • 職業:自称看護助手
  • 容疑:殺人容疑

上田綾乃容疑者の顔画像

uedaayano-kao

上田綾乃容疑者

上田綾乃が自転車で外出する様子です。マスクをしているので良く見えませんが目は離れている様に見えます

uedaayano-kao

上田綾乃容疑者

uedaayano-kaogazou

上田綾乃の顔画像

上田綾乃容疑者は2019年8月に大和市の自宅で次男の雄大君を窒息死させた疑い。2002年以降に上田綾乃の子供達が次々と死亡。雄大君は児童相談所が2017年4月から2018年11月まで保護していた

  • 長男:乳幼児期に死亡
  • 長女:乳幼児期に死亡
  • 次男:雄大さん7歳で死亡
  • 三男:乳幼児期に死亡
  • 第四子:乳幼児期に死亡

上田綾乃容疑者が子供を産んで乳幼児に殺害している事がわかります。兄弟が亡くなっていく事を見ていた雄大君。母親の上田綾乃に何度も兄弟が居なくなったことを質問したでしょう。上田綾乃は嘘を言い続けることが面倒だと感じていたのでしょう

 

 

うえだあや容疑者は「代理ミュンヒハウゼン症候群」の疑いが出てきました。自己愛と承認欲求が強く扱いにくい手に負えない上田綾乃であると判明

自分に目を向けさせるために虚偽の症状や病状を訴え、治療を求めて病院を渡り歩く精神疾患

上田綾乃容疑者の夫や家族「洗脳されていたか」

 

上田綾乃容疑者の子供が次々と亡くなっていく事に、家族や夫は何をしていたのでしょうか?上田綾乃は10年以上前にこちらのアパートへ引っ越してきていて、上田綾乃の夫は以前にも子供を亡くしていると近隣住民へ話しています。

 

報道機関の発表によれば、上田綾乃容疑者に夫や家族がいると公開されておりませんが上田綾乃容疑者が一人で子供を産むことは出来ません。

 

上田綾乃容疑者の内縁の夫か彼氏が計画性も無く、子供を作り子供を産む。上田綾乃容疑者が内縁の夫や彼氏を洗脳し子供達の不審死を疑われることは無く、上田綾乃容疑者の欲求を満たしていきます

 

次から次へと子供を産んで殺害していく上田綾乃容疑者、ネットでは子供の地産地消とまで言われています

2002年以降上田綾乃容疑者の子供達が次々と幼児たちが死亡。上田綾乃容疑者が20代の頃から子供を産んでは殺害子供を産んでは殺害を繰り返します。兄弟は長女、次女、長男となります。

 

上田綾乃容疑者の自宅には次男の雄大君と二人暮らしであったと公開されています。近頃子供の虐待事件が多く発生しています。直近では西田彩容疑者と船橋誠二容疑者の不倫関係で幼児虐待殺人事件も起きています

nishidaaya-oitachi

西田彩の顔画像

funahasiseiji-oitachi

船越誠二の顔画像

こちらの船橋誠二は西田彩容疑矢を洗脳して、幼児を虐待する事で性的興奮を覚える異常な性癖が有る人物です。上田綾乃容疑者も幼児を虐待する事で性的興奮を感じていたのかもしれません

上田あやの容疑者の家族(子供達)

 

  • 長男:乳幼児期に死亡 2002年~2003年 誕生し生後半年未満で死亡
  • 長女:乳幼児期に死亡 2002年~2003年 誕生し生後半年未満で死亡
  • 次男:雄大さん7歳で死亡 2012年誕生 生後5か月で心肺停止で緊急搬送
  • 三男:乳幼児期に死亡 2016年誕生 2017年亡くなる

「夏休みが終わった後、校長先生から雄大君は家で一人でいて熱中症で救急車で運ばれたが助からなかったと説明があった」雄大君の同級生

uedaayano-motootto

上田綾乃元夫

医療関係者は犯罪者予備軍「看護師は亡くなっても平気」

計画的な殺人を犯す人物の特徴として医療関係者が非常に多い事も特徴です。神奈川県の医療関係者の事件と言えば大口病院の点滴殺人事件の久保木愛弓容疑者が記憶に有ります

uedaayano-otto

こちらの人物も神奈川県の大口病院で入院患者に次々と点滴に消毒液を入れ殺害して行きました。病院で勤務していると人の死と常に関わっている職業になります。日々人が死ぬことで人の死に慣れてしまい、人の死に抵抗が無くなって殺すことも簡単に出来てしまうのでしょう

 

2016年に福岡県で我が子を殺し無理心中を図った人物で上田綾乃に年齢も近い、淵順子がいます。子育て熱心で頑張り過ぎた母親が育児疲れで我が子を殺めてしまう事件が最近でもあります。ワンオペで自宅の2階で寝かしつけの時間に、3人の子供を次々と殺害した高桑姫華容疑者もいます

uedaayano-otto-kazoku

淵順子の顔画像

上田綾乃の自宅を特定「大和市西鶴間3丁目サンハイツ」

上田綾乃容疑者の自宅は特定されているのでしょうか。こちらの映像から現場を特定出来ました。築年数は43年で相当古いアパートです。生活保護受給者ではないかと思われる佇まいです

uedaayano-jitaku

上田綾乃容疑者の自宅

サンハイツ
〒242-0005 神奈川県大和市西鶴間3丁目7−4
間取りは2DK、家賃は5万円~55000円になります
小田急江ノ島線鶴間駅まで徒歩7分で近くに病院やイオン、つるま幼稚園やマルエツ鶴間店などの子育てインフラが整っています。子育てするには環境が良いところであります。

「お子さんが亡くなった時って取り乱したりする様子が、全然ない だから不思議だった」近所住民

上田綾乃(うえだあやの)容疑者は感情が全くない、我が子を無くしても動揺しない人の事を何も感じない人間性が出ています

上田綾乃容疑者「無表情の看護助手」

上田綾乃容疑者の職業で仕事は医療関係で看護助手であったことが公開されています。上田綾乃容疑者を知る医療関係者から上田綾乃容疑者は笑ったことが無い影も薄い存在だったと語っています

uedaaya-otto-kazoku

上田綾乃容疑者関係者

 

医療関係者です。
この上田綾乃って人はあまり笑った所を見たことなくて、正直いるかいないかも分からない人でした。
昼休みとかも看護仲間同士で話している様子もなくて、影も薄かったです。
uedaayano-otto-kazoku

上田綾乃の関係者

 

あとは、患者さんにも「この人乱暴で変えて欲しい」って言われたこともあります。
なんというか、患者さんの扱いが雑で見てて怖いですね。
特にご高齢者の車椅子を押すときも早歩きで押してて「大丈夫かな」と心配してました。

 

「上田さんはなんというか、他の人が雑談をフっても反応が薄かったですね。
ちょっと怖いというか、何考えてるか分らなくて気味悪いなとは感じていました」

「患者に対する扱いは割と乱暴でしたね。本人は無意識だと思いますが、全体的に雑で院長からも怒られていました」上田綾乃の同僚

関係者証言より看護師の中でもあまり笑わないし、仕事内容が雑過ぎるし自分が間違っている事に気付かない、存在感も無いコミュニケーション能力が低い事が判明。同僚の中でも浮いた存在であることが分かります

【追記】上田綾乃の元夫「俺としては普通の子」

上田綾乃の元夫が報道機関の取材に語っています。上田あやの容疑者について、やさしく気を遣う普通の人。上田綾乃の元夫から上田綾乃を悪く言うことはありません。子供達が次々と居なくなる中未だに上田綾乃の事を信じ上田綾乃の洗脳にかかっているのでしょう

uedaayano-motootto

上田綾乃元夫

 

「子供達が亡くなった時上田綾乃容疑者に不審な点は無かった」

「上田容疑者はおれとしてはふつうの子でしたね。すごく気を使ってくれたり優しかった。長男と長女が死亡した時2人ともおれが仕事行ってる間に危篤状態だと連絡あった。上田容疑者は火葬のとき堪えきれなくて。帰るときとか涙が止まらなくて、そのまま車を運転しているような状態」上田綾乃の元夫

uedaayano-otto

上田綾乃の家族

上田綾乃の元夫との子供は長男と長女の2人。同居の男性との間に次男と3男が生まれている事が判明。元夫の子供も生後1ヶ月と5か月で亡くなっています。上田綾乃に同情しているのでしょうか。上田綾乃へ恨みを持っている様子は伺えませんでした

上田綾乃容疑者の事件概要

 

神奈川県大和市の自宅で2019年8月、当時小学1年の次男(当時7歳)を窒息死させたとして、県警は20日、同市西鶴間3の看護助手、上田綾乃容疑者(42)を殺人の疑いで逮捕した。捜査関係者によると、次男は亡くなる前に児童相談所に少なくとも2回保護されていたが、自宅に戻った約8カ月後に死亡したという。上田容疑者には子どもが次男のほかに男女3人いたが、いずれも幼いころに死亡しているとみられる。県警は動機などを追及するとともに、3人の死亡の経緯を調べる。

逮捕容疑は19年8月6日午前8時45分から午後3時ごろまでの間に、自宅アパートで小学1年の次男、雄大さんの鼻や口を塞ぎ、殺害したとしている。死因は窒息死だった。上田容疑者は「何もしていない」と容疑を否認しているという。  上田容疑者自身が119番通報していた。捜査関係者によると、「(雄大さんの)具合が悪くなった」と話したという。容疑者には子どもが4人おり、雄大さんが3人目。他の3人はいずれも生後2カ月から1歳までに死亡したとみられる。  捜査関係者によると、雄大さんは3歳ごろまで県内の児相に保護された後、自宅に戻って両親や弟と暮らしていた。しかし17年4月に当時1歳の弟が死亡したことを機に雄大さんが児相に再び保護され、18年末に自宅に戻った。  上田容疑者の自宅付近の住民は数年前、雄大さんを保護するため駆けつけた児相職員に、容疑者が「絶対に渡さない」と叫んだのを聞いたと証言した。一方、複数の住民によると、19年8月に雄大さんが救急搬送された際、上田容疑者は取り乱すこともなく落ち着いて対応していたという。  雄大さんが搬送された病院から通報を受けた県警は事件と事故の両面で慎重に捜査を進めていた。医師の「窒息の疑いがある」とする所見などを受け、雄大さんが自宅で殺害された疑いが強まったと判断した。

出典:ヤフーニュース




uedaayano-kazoku-otto

上田綾乃容疑者

  • 上田綾乃容疑者は何もしていませんと容疑を否認
  • 次男は喘息持ちで起きたら死んでいた
  • 母親が周囲の関心を引くために子どもに危害などを加える「代理ミュンヒハウゼン症候群」の可能性
  • 雄大くんは2年半近く児童相談所に保護されていた

新しい情報が入り次第追記していきます

下に続きます・・・

高井直子さんの養子縁組はイケメン

上田綾乃の病気ヤバイ

mirimariニュースサイト

コメント