ネットで話題

高梨沙羅の太腿セクハラ「スーツ規定違反常習犯」北京オリンピック

takanashisara-futomomo-sekuharaネットで話題
高梨沙羅選手の太腿

北京オリンピックのスキージャンプ混合団体決勝で、日本代表の高梨沙羅(たかなしさら)選手が、スーツ規定違反により失格となり「私のせいで」と発言が大きく話題になっています。過去に二度スーツ規定違反となっています。今回は高梨沙羅選手が抜き打ちテストを受けた理由を見ていきます

高梨沙羅選手スーツ規定違反理由「スーツ規定違反常習犯」

今回は高梨沙羅選手が抜き打ち検査でスーツ規定違反になりました。高梨沙羅さんだけでなく、オーストラリア、ドイツ、ノルウェー2選手も失格となっています。今回はの北京オリンピックでは規定が変わった等と言われていますが、高梨沙羅選手は規定違反と疑われる行為をしていたと言う説も浮上しています。

 

高梨沙羅選手は過去に2度スーツ規定違反をおこしています。2018年12月にリレハンメルで開催されたノルディックスキーのワールドカップ。個人第2戦で、スーツ規定違反で失格。この時のスーツ規定違反の原因は飛躍前のチェックで、高梨沙羅選手のスーツの股下の長さが規定より8ミリ短かったことです。短いとダメなんですね

 

2回目のスーツ規定違反は2021年2月にオーストリア・ヒンツェンバッハで行われたW杯。高梨沙羅選手は5日に行われた個人第5戦でもスーツ規定違反で失格となっています。

 

 

高梨沙羅選手はスーツ規定違反の経験を乗り越えての北京オリンピック出場でした。高梨沙羅選手は規定サイズより太腿周りが2㎝オーバーしていました。

直立姿勢で、スーツ寸法はボディーと一致しなければならず、最大許容差はスーツのあらゆる部分において、ボディーに対してプラス1センチ〜3センチ(女子は同2センチ〜4センチ)とする。
報道機関の発表によれば、その日の天候や気温、体調により筋肉の収縮や緊張、パンプアップの効果等で体のサイズが変わるようです。この様な選手の為にスーツを補正するためのミシンや裁縫道具が持ち込まれているようですが、人の上げ足を取る国が出場するオリンピックで対策が甘かったようです
「スーツ違反検査は、何かが見つかるまで入念にチャックされた」オリンピック関係者
「検査員によって対応がバラバラ、優しい検査員は見逃してくれる。次は修正して出場するように注意のみの場合もある」オリンピック出場者
takanashisara-futomomo

高梨沙羅の太腿

高梨沙羅スーツ違反「セクハラを受けていた説」

高梨沙羅選手のスーツ規定違反の理由は一体何だったのでしょうか?スーツ規定違反に該当した理由は「太もも」です。高梨沙羅選手は規定サイズより2センチ太かったと公開されました。最近では2021年にもスーツ規定違反になっています。

 

スーツ規定違反になった高梨沙羅選手ですが、高梨沙羅選手は悪くない、スタッフによる管理ミスであるとオリンピック関係者がコメントしています。高梨沙羅選手が抜き打ち検査を受けると思っていなかった。高梨沙羅選手が狙われていたかも知れません。

 

今回は寸法の測り方が変わっていて、特別な測り方だったとコメントが出ています。スーツを想定してた検査員を調査していくと男性審査員であることが判明。スーツの他に下着もチェックされている事が分かりました

 

 

takanashisara-sekuhara

スキージャンプ競技ってスーツはもちろん、下着も厳格審査するらしくて、なぜか男性審査員だったと。女の子が下着見られるの嫌だっただろうな…ありえん…北京最悪やん🤮』

 

通常検査員は男性は男性、女性は女性が担当する事が多く、異性がチェックすることは珍しいです。今回は高梨沙羅選手の下着をチェックする中で高梨沙羅選手の太腿に興奮したのでしょう。

 

太腿フェチの審査委員は興奮が収まらず下半身も燃え上がっていたようです。太腿をチェックしながら撫でまわし臀部まで測定する流れで撫でまわす。今回の違反者も女性選手ばかり、男性審査委員が自分の趣味で審査していた可能性も否定できません

takanashisara-futomomo-sekuhara

高梨沙羅選手の太腿

アスリートの太ももですが、素晴らしく発達しています。瞬発力も物凄いものが有るでしょう。太ももフェチの審査員も世界のアスリートの太ももが見れて興奮が止まない日々が続きます

takanashisara-sekuhara-futomomo

アスリートの太腿

 

 

mirimariニュースサイト

コメント