事件

太陽の子児童クラブtwitterで炎上!職員は横峯吉文の孫?志布志

taiyounokokurabu-syokuindare事件

鹿児島県志布志市の学童「太陽の子児童クラブ」で、自己紹介のできない新一年生の子供を無理矢理立たせて号泣させ、他の子どもたちの前で公開いじめで晒し者にしたとしてネットで炎上しています。今回は指導員、職員は誰なのか、炎上動画、指導方法のヨコミネ式を見ていきます

「動画」鹿児島太陽の子児童クラブ炎上の概要

TwitterやSNSで拡散され話題となっている動画です。3月に桑園したばかりの女子は学童に行くことを楽しみにしたが、緊張で声が出なかった為いきなり厳しい指導を受けることになりました。

この前卒園して、昨日から学童!楽しみにして行ったのに…コレは酷くないですか?この前まで保育園だった子に酷すぎる!初めてのとこで緊張するのわかってるのに… 親だからそう思うだけですかね? みなさんの意見聞かせてください。 リツイートお願いします。
炎上した内容を見てみると
  • 卒園して初めての児童クラブに登校した小学1年生の女児学童
  • 自己紹介が一人ずつ回って来て立って挨拶が緊張の為出来なかった
  • 女子児童は挨拶が出来なくて泣きだしてしまう
  • 職員や指導員は笑ったり、カウントダウンを取るなどして公開いじめを行う
  • 自己紹介が出来なかったとして女児を1時間立たせていた
  • 隣に座っていた高校生(女子児童の姉の友人)が撮影し、女子児童の父親に報告
  • 女子児童の父親がツイッターで拡散

太陽の子児童クラブ虐待動画内容

太陽の子児童クラブのツイッター動画の内容をみていきます

職員A:「おっきい声で言え~、みんなに伝えて、せーの!」「はい!」

職員A:「○△□✕○△□✕先生のクラスに」

「ハハハハと笑い声」

職員A:「はい、名前は?名前は?はい名前は?」

「ハハハハと笑い声」

職員B:「15・14・13…あれ言って。」「ハハハハと笑い声」「はいガンバレ。私の名前は?」

職員B「秒数が進んでいくよ」

職員B:「はい10・9・8・7…はい名前…6・5・4・3(職員A「あーあ」と聞こえるようにため息)・2・1・(早く早く)はいゼロ~」

「あー」

職員B:「はい○△□✕○△□✕動かしてください」

職員B:「決定」

職員B:「はい、ということであの新入生」

職員A:「ははww ○△□✕いんじゃない?」

職員B:「言わないんでしょうだって?どっち?いうの言わないのどっち?言う?言う?」「言う?言わない?言わない?どっちー?どっちですかー?」

職員C:「どうすんの?」

職員B:「ねえ泣かない」

職員B:「はいじゃあ全員起立!」

職員B:「○△□✕○△□✕」

職員C:「遅い!」

職員B:「遅ーーーい!」

この先もまだまだ続きがあり、「全員起立」で更なる次の展開がありましたが残念ながら、ここで動画が終わっております。

 

被害者の女の子は緊張のあまり泣いていましたが、周りは「クスクス」笑い声が聞こえます。もともと人前で話すことが苦手な女子児童なのでしょうか、他にも自己紹介が出来ない子が晒し者にされたこともありそう。

 

周りの人たちは「早く」「頑張れ」と応援している児童もいましたが、一度泣きだしたら止まらなくなった被害者。児童たちも指導員の職員の言いなりです。

太陽の子児童クラブの場所はどこ?

話題となっている「太陽の子児童クラブ」の場所は一体どこだったのでしょうか?

〒899-7402 鹿児島県志布志市有明町野井倉8547−1

電話:099-474-2222

鹿児島市志布志市付近の放課後学童クラブは、小学校が終わった後徒歩で児童クラブへ行くというのが通常の流れです。「太陽の子児童クラブ」が実在する地区は志布志市立通山小学校の学区であります

笑ってみていた人物は誰?横峯吉文の孫?

Twitter投稿の中で被害者が追い込まれて、晒し者になっているときに職員はニヤニヤ笑ってみています。「あーここにも、めそめそ泣く出来ない子がいた」と言わんばかりの様子で見守っています。

taiyounokokurabusyokuin

30代前後の男性職員マスクも付けず笑っています。もう一人年配の男性が腰かけています。画像が悪くよく見えませんでしたが、学童児童クラブの重鎮と思われる人物です。

taiyounokojidoukurabu-yokomine

窓際に腰かけ年齢は70歳台前後、逆光と遠すぎてピントが合っていない為よく見えませんが、厳しく指導するターゲットの新顔を拝見に来ている感じです。

taiyounokojidoukurabu-yokominesiki

こちらは理事長の横峯吉文になります。理事長が自ら自己紹介がみんなの前で出来ない子がいないか参観に来ていた様に見えます。一通り自己紹介させて出来ない子を見つけ出し、出来ない子を徹底的に鍛え自己紹介が出来るように強い子供に育てる。それが古臭い伝統のヨコミネ式になります。

横峯吉文は「俺がルール」と自分勝手

横峯吉文は保育園経営をしているが、高校卒業後地元鹿児島の陸上自衛隊、国分駐屯地に入隊。20歳で高校時代の同級生と1971年に結婚。妻の父が急死。家を継ぐため国分駐屯地を退職しスーパーを経営する。

 

経営者同士の交流の中で資産家の保育園経営者と出会う。横峯吉文は自分も真似をして保育園経営で儲けたいと考えます。引き継いだスーパーマーケットも売却。妻の母親が持っている山や畑も売りさばき保育園経営にこぎつけました。

 

1983年保育園園長に就任したころから自分勝手な「俺がルール」と言わんばかりの傲慢さを発揮していきます。奥さんにたいしては「お前みたいなバカな女は何もできんくせに!」と罵倒、ビンタされることも頻繁にありました。
家族に対しても「オレが言うことをきけんのか!」「オレを誰だと思ってるんだ!」という威圧する言い方をする横峯吉文です。
子供達に対しても教育方針として、ハキハキ大きな声であいさつが出来ない子は認めてもらえません。出来ないよりは元気な子供が良いに決まっていますが、子供にもタイプが有るので発言できない児童もいます。横峯吉文は若い頃剣道柔道をやっていたので、児童たちにも武道の厳しさを出しています。

「太陽の子児童クラブ」へ電話

公開いじめを行っていた「太陽の子児童クラブ」ツイッターで話題となっています。新入生の児童を公開自己紹介で追い込んだ職員は、映像と音声を見る限り男性2名、女性2名いました。今回の公開いじめについて電話して聞いてみました。

 

公開いじめの動画を見てあまりにも酷く、怒りがこみあげてきたので怒りに任せて電話してみると、「お掛けになった電話番号は現在使われておりません。」と何度も電話するが話し中の音が鳴るだけです。関係者からの非難が殺到し対応に困り電話が繋がらない様に工作していました。益々怒りが収まりません。

 

今まで大事に大事に育ててきた娘。みんなの前で自己紹介などした事がかったので、いきなりやらされて出来ないのは仕方ありません。それなのに、お手本や練習させてもくれない。職員たちは自己紹介が出来るかもしれないが、小学校に上がったばかりの気の小さいやさしく大人しい娘です。

 

「太陽の子児童クラブ」の職員や指導員は大の大人が寄ってたかって、挨拶ができない女児に向かって追い詰め、公開いじめを行い、娘の心を傷つけ到底許せるものではありません。

mirimariニュースサイト

コメント