4630万誤送金返金拒否事件

田口翔の顔画像「職員は悲惨!貰ったものは返さない」山口阿武町コロナ給付金

taguchisyo-kao4630万誤送金返金拒否
田口翔の顔画像

山口県阿武町で新型コロナウイルス給付金4630万円を一か所に振り込んだ問題で、職員と振込先の人物がグルという説が浮上しています。阿武町は返済拒否をしている男性に5116万円を請求しました。今回は誤送金で振り込まれた人物で返還返納拒否している世帯の人物は誰だったのか、氏名、実名、顔画像は公開されているのか見ていきます

田口翔の決済代行業者を特定か!「ガサ入れは勘弁」ネットカジノ阿武町の口座
山口県阿武町のコロナ給付金誤送金で田口翔へ4630万円が振り込まれ、決済代業者を介してネットカジノ全部使用して返せないと、返還拒否で田口翔が逮捕された事件。A社から4630万円の内一部の金が阿武町の口座へ返還されたことが分かりました。今回はネットカジノ決済代行業者A社はどこだったのかみていきます
山口阿武町コロナ給付金誤送金した職員は花田で特定か「非課税世帯とグル」
山口県阿武町で新型コロナウイルス給付金4630万円を一か所に振り込んだ問題で、職員と振込先の人物がグルという説が浮上しています。今回は振り込んだ職員は誰で、振り込まれた人物で返還返納拒否している世帯の人物は誰だったのか、氏名、実名、顔画像は公開されているのか見ていきます
三浦正裕さんの顔画像「あおり運転でボコボコ」愛知岡崎
愛知県知立市の道路わきの側溝で男性の遺体が見つかった事件で、身元は愛知県岡崎市の無職・三浦正裕さんと判明。今回は三浦正裕さんの顔画像、事件現場、犯行動機を見ていきます
中村清美と鈴木崇央の顔画像「バカ丸出しのカップル」東京日之出
東京都日の出町で「買ったニンジンが腐ってた」などとスーパーの店員に因縁をつけ、現金500万円を脅し取ろうとしたとして20代の男女2人、鈴木崇央容疑者(29)と中村清美容疑者(27)が逮捕されました。今回は鈴木崇央と中村清美の顔画像、事件概要を見ていきます
田口翔の顔写真Twitter特定「大家さんが男前だって」山口阿武町コロナ給付金
山口県阿武町が1世帯に誤って4630万円を振り込み、振込先の人物が返還を拒否している問題で訴訟へと発展し実名、氏名、住所が公開されました。今回は返金しない名前の田口翔(たぐちしょう)さん24歳のFacebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)などのSNS、卒アル、顔画像や顔写真など見ていきます
田口翔の母親もグル?「バカ息子空き家バンクで家族孝行」山口阿武町コロナ給付金
山口県阿武町で給付金4630万円を誤って1世帯に送金した問題で、返還拒否している男性を阿武町が提訴、名前は田口翔(たぐちしょう)と公開されました。田口翔さんの顔画像や卒業アルバムの写真が流出しています。さらに、ツイッターで家も特定されています。今回は田口翔の母親の顔画像、実名、氏名、家族を見ていきます
田口翔の弁護士実名「名前と顔を出せない理由が怪しい」山口阿武町
5月16日田口翔の弁護士が会見を開き田口翔と連絡がとれており、携帯電話は警察に提出済。コロナ給付金誤送金の4630万円はネットカジノで使い切ってしまったと。田口翔の弁護士は顔出しNGで、バッジが怪しい、偽物、服装がだらしない為田口翔とグルで共犯なのではという説も浮上しています。今回は山口県警に逮捕された田口翔の弁護士は特定されているのか実名氏名を見ていきます
田口翔の生い立ちと卒業アル「母子家庭で妹1人!大麻栽培目的で阿武町へ」週刊文春
山口県阿武町が1世帯に誤ってコロナ給付金4630万円を振り込み、振込先の人物が返還を拒否している問題で訴訟へと発展し実名、氏名、住所が公開されました。今回は返金しない名前の田口翔(たぐちしょう)さん24歳の卒アル、顔画像や顔写真、生い立ち、大麻所持していたのか、マンチーズ、生い立ちなど見ていきます
マンチーズ田口翔のインスタ「TikTok動画もヤバイ」山口阿武町【顔写真特定】
山口県阿武町でコロナ給付金誤送金4630万円が振り込まれて返還拒否したとして、24歳の田口翔が逮捕されました。田口翔は大麻常習者であったことも週刊文春から判明。今回は田口翔のインスタやTikTokを見ていきます

返還拒否の非課税世帯人物を特定「田口翔」

山口県阿武町でコロナ給付金4630万円をご送金で振り込まれた人物は一体誰だったのでしょうか。山口県阿武町では本人が特定されて本人に間違って振り込んだ4630万円を返還するように依頼。しかし、振り込まれたお金は既に別口座に移動し4630万円は残っていないと言って返還を否定。

 

山口県阿武町がコロナ給付金返還拒否している人物を訴えた事で非課税世帯の人物を特定することが出来ました。非課税世帯の人物は「田口翔」になります

  • 名前:田口翔(たぐちしょう)
  • 住所:山口県阿武町大字福田下3437番地
  • 年齢:24歳
  • 田口翔の顔画像
taguchisho-kao

田口翔の顔画像

田口翔が電子計算機使用詐欺で逮捕されて、田口翔の顔画像が公開されました。田口翔の学生時代の卒アル。髪の毛は少し長めで襟足は外ハネ。口元は少し出っ張り気味。目は切れ長一重ですがイケメンです。目つきが悪いところを見ると家庭環境もよろしくない事が想像できます

taguchisyou-kao

田口翔

taguchisyo-syuukannbunsyun

田口翔の顔画像

新しい情報が入り次第追記していきます

田口翔の自宅住所「山口県阿武町大字福田下3437番地」

田口翔の自宅住所は一体どこだったのでしょうか。阿武町から公開された住所から自宅を見ていきます。田口翔の自宅住所は山口県阿武町大字福田下3437番地になります。山口県阿武町はコンビニが1つもない町になります

 

グーグルマップで家近くの道までで家の前まで行けなかった。奥まで入って行けません

taguchisho-jitaku-hahaoya

田口翔の自宅住所

taguchisyou-jitaku-hahaoyha

田口翔の自宅住所

阿武町の返還拒否の犯人の家、近くにキリシタン墓である佐々木小次郎の墓、山口県民、中国公認の楊貴妃の墓、小野小町の墓もあります

https://twitter.com/cb1284sb/status/1524734289392594945?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1524734289392594945%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Ffreelife55.net%2Ftaguchisyo-yamaguchi-twitter-insta
阿武町大字福田下3437番地
田口翔www

田口翔が山口県阿武町に住み始めた時期は1年半前とされています。「空き家バンク制度」の空き家を利用し地域活性化を図る制度を利用して移住しました。家主のによると5月分の家賃は貰っているので契約自体は続いています。今後戻ってくる可能性は低いと思われます

田口翔の居場所「大阪西成」

コロナ給付金4630万円を返還拒否している田口翔。現在連絡が付かない状況で一体どこに行ったのでしょうか。仕事も辞めてどこかに飛んでしまいました。

 

飛んだ人物が集まる名所と言えば大阪に西成区です。西成では生活困窮者支援として、炊き出しなどのサービスも有り、日本全国から住所不定者が続々と集まる地区になります。

「大阪西成の某場所なら一泊500円の宿があり、食べ物もスーパー玉出がある。1日1000円以下で生活できるよ。4600万円あれば126年生活できる」西成関係者

「時効7年なんだろ?余裕持って今から10年逃げ切るとして年間460万。月30万でひっそり暮らせば逃げ切れる。とりあえず宿とりながら逃げて適当な女捕まえたら転がり込んで、スマホ契約や銀行口座作ってもらって履歴書にはでたらめ書いて適当にバイトでもすりゃ余裕じゃね。うまくいけばな」

4630万円返還拒否「毎日お金を移動していた」

阿武町でコロナ給付金4630万円誤送金されてた20代の人物。4630万円の金額は口座残っていないと言う。一体どの様な流れで返せなくなるのでしょうか。調査したところ、先月の8日からカード決済で多額のお金の移動が始まり、ほぼ毎日お金が移動され2週間ほどで殆ど口座から無くなりました。

 

現在男性は仕事を辞めて連絡が付かなくなっています。男性は初めから振り込まれたお金は返す意思は無く逃げまくる予定であったことが分かります

abutyou-hanadasyokuinn-tokutei

コンビニが無い山口県阿武町

田口翔の出身地と住所「地元民では無く移住者」

コロナ給付金を返還しない人物は一体地元民だったのでしょうか。調査を進めて行くと地元民では無く、待遇の良い一次産業の移住者であることが判明しました。その地区に移住者が10名ほどいて、条件を満たす中年男性が1名浮上しています。

「金を返さない人は、きっとよそから来た人。地元の人間にそんな悪い人はいない。そんなことしたら、ここには住んでいられないわよ」地元住民
「これまではベテランの女性職員が担当する仕事だったが、彼女が総務部に異動していたんです。そのため、今年4月に採用になったばかりの新人職員が担当したのですが……」全国紙記者
「新人職員が振込先の住民リストが入ったフロッピーディスクと町長の決済印が押された振込依頼書を銀行に渡したんですが、その依頼書に誤記載があったようです。振り込みが終了した段階で、山口銀行の職員がおかしいのではないかと役場に指摘して、ようやくミスが発覚しました」
「ミスをした新人職員を責めるのはおかしい。そもそも、上司が二重、三重にチェックしていない役場の体制自体があり得ないでしょ。ベテラン女性職員がやっていたから、慣れっこになっていたんじゃないか。新人職員は責任を相当感じていて夜も眠れず、精神的に追い詰められている状態。妻子もいるのに、かわいそうだ」町民
「責任をとらされたのだと思います。さらに、総務部へ異動していたベテラン女性職員は、再び戻ってきたみたいです」
「大事な交渉を役場の一般職員に任せるから、わけのわからないことになっている。まずは町長みずからが返還しない世帯主のところへ菓子折りでも持って出向いて謝罪。その上で“なんとか返還してください”とお願いすべきだった。町長の責任も大きい」町民
今回の入金振込トラブルの件を山口銀行に問い合わせると「金融機関では、たとえ町役場であっても、お客さまの情報には守秘義務がありますので、お話しするわけにはいきません」との一点張り
「阿武町は中心部の奈古地区、半農半漁の宇田郷地区、山間で農業中心の福賀地区と3つに分かれていて、それぞれ10キロメートル前後離れています。町長は“当該の世帯主がどの地区に住んでいるのかも言えない。騒動になるから”と、いっさい明かさないんです。書類を見ても、世帯主の名前と住所の部分がすべて黒塗りですからね」町議
「返還しなくても逃げ切れると思っているのでしょう。もし全額使い切ってしまっていたとなれば、回収するのは困難と言えます。住民の血税をなんだと思っているのか、許せないですね」役場関係者
4630万円取り戻せなければ町の財政から持ち出しになります。役場には正規と非正規と合わせて約100人の職員がいますが、次の夏のボーナスはゼロになる話も浮上しています

【追記】コロナ給付金4630万円誤振込「阿武副町長証言」

山口県阿武町の副町長が報道機関の取材で証言しています。誤送金相手を提訴した事を公開した事で4630万円問題が話題となり、山口県阿武町の知名度が一気に上がりました。山口県阿武町の知名度が上がった事で、役所役場に電話が殺到していると言います。中尾貴夫副町長

 

税金を二重払いしたというお叱りの電話が殺到しています。お金は返せないという返答でしたが、到底納得できないので粘り強く回収に向けて努力します。現在どうなっているか調べる必要があると思っています。何よりお金がかえって来るように取り計らってもらうとありがたい。

 

4630万円を誤送金した、田口翔と電話も通じなくて心配していましたが、電話が警察にあるという事と代理人を立てられたという事で一安心です。これから民事でどうやって4630万円を回収していくかが課題です。銀行口座の仮差押えを行っているが、どの様にお金が流れていたのか特定出来ていない。

 

コロナ給付金4630万円誤送金された人物の田口翔の弁護士も会見を開き、田口翔と連絡は取れる状況で連絡は取り合っているそう。依頼人の田口翔と面会したのは1回だけです。田口翔の所持金はほぼゼロ、「現状では返せない」財産的価値が有るもの手元には無い、現実的な問題で返還できる状態では無い。おおむね4630万円は使ったと思って貰って構いません。返済困難。

 

4月の段階で警察へ状況説明している。4月と5月警察へ説明。スマートフォンは警察へ提出しており、返還されていない。本人から聞いている事は、スマートフォンでお金を操作、第三者の関与は無く、一人でやった。山口県阿武町から5115万9939円請求されています。

【追記】田口翔の証言でお金の使い道は「ネットカジノで全て使った」という事で4630万円の残りはゼロ円という事が公開されました。

【追記】田口翔4630万円の使い道「パチンコ店で100万円」

先月パチンコ屋で田口翔らしき人物と会ったという女性が証言しました。田口翔は休みの日になるとパチンコ店に行っています。

1台4万円入れたけど出ない。隣に座っていた女性が、あんまりお金使うと無くなるよ、いっぱいお金持っているけど何している?と聞くと黙り込む。仕事していると確認すると仕事は今は辞めている。まとまったお金が入った。遺産みたいなお金だから遊べるんだ。財布に現金100万円程は入っていた。

 

田口翔は週に1.2回パチンコ屋に通うパチンコ好き。もちろん休みの日にパチンコに行くギャンブル依存症。田口翔は卒業アルバムに「お金は使い切る」事を目標にしていたようです。田口翔はお金を使う事が精神安定剤の様なものになっていました。

taguchisyo-insuta-kao

田口翔容疑者

田口翔の返済否定事件概要

新型コロナ禍対策として住民税非課税世帯等に給付される臨時特別給付金10万円をめぐり、山口県北部にある阿武町(あぶちょう)が、対象の463世帯相当分の計4630万円を誤って1世帯に振り込み回収できなくなっている問題で、町は12日、その世帯の24歳の男性を相手取り、全額の返還を求めて山口地裁萩支部に提訴した。この日の臨時議会に、不当利得の返還を求めて訴訟を起こす議案を提出し可決。弁護士費用や調査にかかった実費も含めて、約5116万円の支払いを請求している。 町は4月1日に、対象の463世帯と、その振込先のデータを記録したフロッピーディスクを金融機関に提出し、正規の手続きをした。ところが、同6日には職員が、男性の1世帯だけが記載された振込依頼書も金融機関に提出。金融機関は同8日、全463世帯の指定口座に10万円ずつ振り込み、うち男性には4630万円も振り込んだ。つまり男性には計4640万円が振り込まれたことになる。振込依頼書を提出した職員は、手続きに必要な書類と勘違いしたという。 町は、同8日、振り込み後に金融機関から確認があって、事態を把握。その日のうちに、男性を訪問し、返還を求めた。男性は返還に応じる旨の回答をしていたが、返還のための手続きは取られなかった。実際には男性は、同8日からほぼ毎日、カードで別の口座に金を移動させ、約2週間で振り込まれた口座からはほとんど金がなくなっていたという。 町の職員が同21日に対面できた時には、男性は返還を拒否。「もうすでに入金されたお金は動かしている」「もう元には戻せない」「どうにもできません」「逃げることはしません」「罪は償います」などと話し、使途などについても説明を拒んだという。以来、連絡が取れてない。町によると、男性は既に隣の萩市内の勤め先を辞めており、自宅にも不在のもようで、行方がつかめていないという。 花田憲彦町長は「大切な公金。今からでもいいので返してほしい」などと訴えている。

出典:ヤフーニュース

  • 4630万円持ち逃げしている田口翔
  • 町側とも連らくが取れておらず、田口翔は勤務先も退職しています。
  • 田口翔の勤務先は山口県荻市で働いて、空き家バンク制度も利用し農林水産業に従事していたと思われます→ホームセンターで勤務していた事が判明

新しい情報が入り次第追記していきます

taguchisyo-hahaoya-kao

田口翔の顔画像

決済代行業者を特定か

田口翔のインスタ

田口翔の弁護士

田口翔の生い立ち卒アル

田口翔の母親は美人

田口翔の顔とTwitter

山口県阿武町誤送金した職員

三浦正裕さんの顔画像

ニンジン腐れて500万円請求

mirimariニュースサイト

コメント

  1. l より:

    顔違うじゃん

  2. 888 より:

    アクセス目的で意図的にやってるんだろうけど、信用棄損罪

  3. ・・・ より:

    まぎわらしい顔写真載せんな
    田中翔の顔写真の文章を消すか対応考えろ

  4. 最低なサイトだな より:

    まったく他人の画像を本人の画像のように晒していいのか?
    通報するぞ?証拠の魚拓も簡単に撮れる時代だぞ?
    こんなことしてアクセス稼ごうとしてるんだろが
    こんな汚いことをするサイトにリピーターがつくと思うなよ
    恥を知れよ

  5. より:

    意図的にやってるよなこれ。くだらん釣り記事つくんなよカス。

  6. ばけたろう より:

    山口の男前のレベルなwww
    山口行ったらワイも男前・・・・

  7. より:

    くだらんブログだ

  8. 通りすがり より:

    yahooニュースでこのアフィブログ名指しで批判されてますね。
    https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20220516-00296280

    何が独自目線でニュースを斬る!だよ。苦笑もんだわ。
    まともな記事書いてみろよ。