事件

小林格(とおる)顔画像「怪しい人がうろついていた」殺人東京世田谷

世田谷殺人事件

27日午前4時ごろ、東京都世田谷区新町2のマンションに住む男性小林格(とおる)(50)が同居の女性前沢有美さん(42歳)を殺害して殺したと自首しました。今回は犯人の顔画像、犯行動機を見ていきます。

ステイホームコロナ殺人事件概要

各メディアがニュースを報じて話題となっています。

27日午前4時15分ごろ、東京都世田谷区新町2のマンションに住む男性(50)が警視庁玉川署に「同居の女性を殺した」と自首した。署員が男性方に駆けつけると、室内で40代の女性が倒れており、その場で死亡が確認された。同署は男性から事情を聴いており、容疑が固まり次第、殺人容疑で逮捕する方針。

同署によると、男性は26日夜、同居する女性に暴行を加えて殺害した疑いがある。女性とは2人暮らしだった。男性もけがをして病院で治療を受けた。自傷行為で負傷した可能性があるという。

出典:ヤフーニュース

27日早朝、東京・世田谷区のマンションで42歳の会社員の女性が死亡しているのが見つかり、警視庁は自首してきた交際相手の50歳の男を殺人の疑いで逮捕しました。

警視庁によりますと、逮捕された職業不詳の小林格容疑者は、世田谷区のマンションで同居していた交際相手で、会社員の前沢有美さんを殺害した疑いが持たれています。

27日午前4時半前、小林容疑者が警察署に「女性を殺した」と自首し、事件が発覚したということで、前沢さんの首には絞められたようなあとがあったということです。

調べに対し小林容疑者は「けんかが絶えず、我慢ができなくなり、爆発した」と供述しています。

小林容疑者と前沢さんは数年前から交際していたとみられ、2018年には、小林容疑者が「前沢さんに扇風機で殴られた」と警察署に被害届を出し受理されていました。

しかし、その後、「2人で話し合った」などと届け出を取り下げていたということです。

出典:ヤフーニュース

犯行現場はどこ?

こちらが犯行現場になります

〒154-0014 東京都世田谷区新町2丁目

小林格(とおる)容疑者のプロフィール

こちらが小林格容疑者のプロフィールになります

  • 名前:小林格(こばやしとおる)
  • 年齢:50歳
  • 職業:不詳
  • 住所:東京都世田谷区

小林とおる容疑者は、同居している40代女性の首を絞めて殺害したとして、自首した人物になります。

「コロナで仕事が休みになり自宅にいて、喧嘩が絶えなかったのだろう」「殺害された前沢さんがコロナになったから殺害したのか?」などの意見が寄せられていました

小林とおる容疑者の顔画像・Facebookは?

小林格容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、現時点で小林格容疑者の顔画像写真などは公開されておりませんでした。

小林格容疑者の顔画像写真に関して、InstagramやTwitter、フェイスブック、などのSNSを中心に調べを進めてみましたが、特定するには至っておりません。

小林格容疑者の顔画像写真は分かり次第、随時お伝えしていこうと思います。

わかり次第追記していきます。

殺害された前沢有美さんのプロフィール

こちらがこばやしとおる容疑者に、首を絞められて殺された前沢有美さんのプロフィールになります

  • 名前:前沢有美(まえざわ・ゆみ)
  • 年齢:42歳
  • 職業:会社員
  • 住所:東京都世田谷区

小林格(とおる)容疑者に首を絞められて殺害された人物になります。

小林格とおる容疑者の供述によれば、平成28年5月から前沢さんと同棲(どうせい)。30年7月には「(前沢さんに)扇風機で殴られた」と同署に相談していたと・・・

本当であれば、バイオレンスな女性、境界型人格障害でも持ち合わせていた可能性も否定できない

口喧嘩で終わらなければ、暴力に発展して男性の負け確定です

世田谷区新町2丁目未解決事件があった

過去にも殺人事件が近所で起こっている。未だは犯人は捕まっていない

世田谷区新町2丁目新築工事現場内女性殺人事件は、1999年(平成11年)に東京都世田谷区で発生した殺人事件である。

1999年7月12日午前7時40分頃、東京都世田谷区新町2丁目の新築工事現場内で、若い女性の半裸体になった遺体が発見された。

女性の首には絞められた跡があり、両手首は刃物で切られ、血だらけの状態になっており、遺体の上には緑色のビニールシートが被せられていた。

死因は、左手の動脈を切られた事による出血性ショック死だった。

 

その後の調べで、女性の身元は現場近くに住んでいた会社員の梅津絵美里さん(当時25歳)と判明した。

梅津さんは、発見現場から約350m離れたマンションで1人暮らしをしていた。

元芸能記者のニュースサイト

コメント