芸能人

星蘭ひとみの本名は吉原真由「セッティングされたお見合い結婚」トヨタ御曹司

seirahitomi-kazoku-keireki芸能人

トヨタ自動車社長の豊田章男の長男で豊田大輔(とよただいすけ)さんと、元宝塚女優星蘭ひとみ(せいらひとみ)さんが結婚する事を週刊文春で報じられました。今回は星蘭ひとみさんの実家や学歴をみていきます。

星蘭ひとみの実家は超セレブ?で超お金持ち?

星蘭ひとみの実家は出光興産なのではという説がでています。出光興産は木藤俊一氏が代表取締役を務めています。役員一覧にも星蘭さんの家族と思われる吉原さんの名前は出ておりません。だだ、出光興産の直径に吉原という姓がおり、親族ではないかと言われています。

seirahitomi-kazoku-keireki

 

東京都出身で港区にご自宅が有る事と、タカラジェンヌ出身という事で、レッスン代、衣装代、チケット代等お金がかかるので財力が必要です。一般家庭から宝塚へ行くことは非常にハードルが高い事でも有名です

seirannhitomi-kazoku-toyota

星蘭ひとみのプロフィール「学歴や育ちがヤバすぎ」

星蘭ひとみさんの学歴やプロフィールをみていきます。

  • 名前:星蘭ひとみ(せいらひとみ)
  • 本名:吉原真由
  • 生年月日:1994年5月26日
  • 年齢:26歳
  • 出身地:東京都港区
  • ニックネーム「せーら」「まゆ」
  • 身長:163㎝
  • 職業:女優
  • 学歴:幼稚園から高校まで学習院女子高等学校

学習院の幼稚園に入園しただけで150万円の学費が必要になります

seirahitomi-kazoku-toyota

身長は163㎝でタカラジェンヌから見て小柄では有りますが、スラリと手足が長く大きな目、堀の深い顔が印象的で宝塚のペップバーンと言われています。「トヨタ御曹司豊田大輔(とよただいすけ)さんが、「お坊ちゃんじゃなければ相手にされない」「どうせおカネだよ」「お金の力は偉大」「外見は全く釣り合ってない」「この女はバカ女?」などの意見が寄せられていました。

seirahitomi-honnmyou-kazoku-toyota

宝塚『カフェブレイク 柴藤りゅう・星蘭ひとみ』

星蘭ひとみさんは学生時代は陸上部

星蘭ひとみさんは持ち前の手足の長さを生かして、学生時代は陸上の選手で会ったことが分かりました。

ずっと陸上部に所属していたが、法学部入学を前にバレエぐらい習うかと教室に通い、宝塚を一度観てごらんといわれてロミジュリではまる
鳳蘭さまからの強い勧めで受験し、ほとんど準備せずに受験し、ダンスはスイングしていただけだった「学習院女子高卒、K子様と幼稚園よりご学友」

k子さまが登場していますので同級生であったことが分かりました。

seirahitomi-honnmyou

seirahitomi-honnmyou

第14回豊島区春季陸上競技大会の「女子一般・高校 100m」に名前が掲載されています。13組目で1位になっています。記録は高校2年生で13秒.61です。星蘭ひとみさんは手足が長いだけではなく、運動神経も素晴らしい事がわかります。

seirahitomi-honnmyou -kazoku

宝塚『カフェブレイク 極美 慎・星蘭ひとみ』

星蘭ひとみさんとトヨタ御曹司大輔さんの出会いは「セッティングされたお見合い?」

星蘭ひとみさんと豊田大輔さんとの馴れ初めは一体何だったのでしょうか?報道機関の発表によれば、ミュージカルを見に行った先で出会ったと公開されています。

「昨年2月頃、大輔さんがミュージカルを観に行ったところ、そこで星蘭さんと出会ったそうです。車の話題などで盛り上がり、ほどなく交際に至った。結婚を機に芸能界からは完全に身を引き、大輔さんを支えていくことに決めたようです」

ネットではミュージカル見に行って、どう出会ったのだ?
「トヨタの御曹司が星蘭さんに会いたいと言ってる」みたいな話か?

ミュージカル見に行くのが顔合わせみたいなもので、親や周りが話進めてたのでしょう

星蘭ひとみさんは演技も下手で「女優としてトップの座を狙う事は無理だ」と気付き女優の道はあきらめる。トヨタの御曹司と結ばれれば勝ち組になれると方向転換をしました。

 

あくまで結婚してからが彼女星蘭ひとみさんにとっての本業のスタート。自分に似た容姿の良い健康な子供をたくさん産んで、容姿の悪い旦那のビジュアル的フォローもして、芸能活動で学んだ所作振る舞いでおもてなしをする。資産が目当てで結婚すると家族や周りとの話や趣味が合わず苦労する。

新しい情報が入り次第追記していきます。

seirahitomi-kazoku-toyota

seiranhitomi-kazoku-toyota

mirimariニュースサイト

コメント