事件

浅野正容疑者妻の浅野典代さん刺殺「論文を書くために殺した」埼玉県庁地裁前

浅野正容疑者事件

3月16日午後6時ごろさいたま市浦和区地裁前の路上で、妻でさいたま少年鑑別所に勤務、国家公務員の浅野典代さん(53)が胸などを刃物で刺されて死亡する事件が起きました。その場にいた夫で文京大准教授浅野正容疑者(51)を殺人未遂の疑いで逮捕した。今回は浅野正(あさのただし)容疑者の大学、経歴、犯行動機を見ていきます。

文教大准教授の殺人事件概要

各メディアがニュースを報じて話題となっています。

16日夕方、さいたま市浦和区の路上で、女性が胸などを刃物で刺されて病院に運ばれましたが、死亡しました。
警察は、現場にいた51歳の男を殺人未遂の疑いでその場で逮捕し、詳しい状況を調べています。

16日午後6時ごろ、さいたま市浦和区の路上で、女性が男に刃物で刺されたと近くを通りかかった人から警察に通報がありました。
警察官が駆けつけたところ、女性が胸などを刺されて倒れていて、病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。
女性の身元は確認されていませんが、警察などによりますと40代くらいとみられるということです。
警察は、女性の近くにいた住所・職業いずれも不詳の浅野正容疑者(51)を殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。
調べに対し「刺したことは間違いない」と容疑を認めているということで、警察は今後、容疑を殺人に切り替えて2人の関係や当時の状況について詳しく調べることにしています。
現場は裁判所と埼玉県庁がある官庁街の一角の歩道です。

出典:NHK

エラー - NHK
表示できません - Yahoo!ニュース

別居中の妻を刺した殺人事件現場はどこ?

報道機関の発表によると事件現場は「さいたま市浦和区高砂」の埼玉県庁前だと報じられています。こちらが事件現場になります

現場はJR浦和駅の西約800メートルで、県庁やさいたま地裁などが立地する官庁街。

埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目16-45

あさのただし

その後の捜査で浅野容疑者の所持していたリュックに、犯行を計画したメモが見つかった。

首を刺すという犯行計画、妻典代さんの行動パターン、犯行に使われる道具も列記されていた。交通系のICカードからも、何度も現場を訪れて綿密に下見をしていたことがわかりました。

浅野正容疑者のプロフィールと顔画像

こちらが浅野正容疑者のプロフィールになります

  • 名前:浅野正(あさのただし)
  • 年齢:51歳
  • 住所:埼玉県越谷市(最近越してきた)
  • 妻子:妻(浅野典代さん)と別居中
  • 職業:文教大学 人間科学部臨床心理学科の准教授
  • Twitter:@63t10https://twitter.com/a63t10
  • 顔画像

浅野正容疑者

文教大学人間科学部臨床心理学科准教授。一橋大学社会学部卒業、横浜国立大学教育学研究科修士課程修了、南イリノイ大学大学院(刑事司法)修士課程修了。

東京少年鑑別所、千葉少年鑑別所の鑑別部門専門官、川越少年刑務所分類審議室調査専門官、甲府少年鑑別所鑑別部門統括専門官、千葉刑務所分類審議室統括矯正処遇官等を経て現職。

所属学会は、日本ロールシャッハ学会、包括システムによる日本ロールシャッハ学会、日本心理臨床学会、日本犯罪心理学会、日本犯罪社会学会、日本うつ病学会、日本描画テスト・描画療法学会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

浅野正容疑者の経歴

  1. 岐阜県で生まれる(誕生年は1969年か1968年のどちらか)
  2. 一橋大学社会学部卒業
  3. 横浜国立大学教育学研究科修士課程修了
  4. 少年鑑別所や刑務所に勤務(1995年4月~2003年7月)
  5. 南イリノイ大学大学院(刑事司法)修士課程修了(2003年8月~2005年5月)
  6. 刑務所に勤務(2005年1月~2007年3月)
  7. 文教大学の教員として勤務(2007年~)

浅野正容疑者は一橋大学の社会学部を卒業しています。一橋大学は文系のトップレベルの大学として有名で偏差値は67.5です。

あさのただし

またFacebookなどSNSを調査しましたが、特定に至っておりません。特定出来次第追記していきます。

浅野正容疑者は、さいたま市の裁判所と埼玉県庁がある官庁街の一角の路上で、妻の浅野典代さんの胸などを刺して、死亡させた容疑者になります。

浅野典代さん宅と浅野正容疑宅と文教大学の距離を見ていきます。

殺害された妻浅野典代さんはさいたま市で、浅野正容疑容疑者とは別居中。浅野正容疑が最近越してきたという越谷市は仕事場文教大学の近くに引っ越したと想像できる

さいたま市から越谷市まで車で約40分程になる。

浅野正容疑者は文京大学の准教授か?

その後の報道で浅野正容疑者は文教大学准教授ということが判明、専門はなんと犯罪心理学ということで、犯罪者の心理の専門家であるからこそ理想が現実になったのでしょう。

研究の反証実験を行う本物の学者ということがわかります

ページが見つかりませんでした | 文教大学越谷校舎

あさのただし

浅野正 准教授

臨床心理士

研究領域について

非行や犯罪の発生のメカニズムを心理学的に探求しています。
個人の性格、生育環境、交友関係など、犯罪に関連する要因を解明する手段として、心理検査や質問紙を用います。
パーソナリティを丁寧に調べることで、犯罪被害者の心理や援助にどのくらい役立つ研究ができるかに挑戦しています。

授業の特徴

ゼミでは、過去1年間に起きた犯罪をゼミ生全員で調査しています。代表的な事件について、犯罪の発生に関与する要因を調べて、グループ研究としてまとめています。
また、少年院、刑務所、犯罪被害者援助センターなどを訪れて、加害者の教育や被害者の援助の実践を見聞しています。

指導した卒論の代表的タイトル

  • 青年期における親子の信頼関係と非行要因としてのセルフコントロールの関連
  • 親の養育態度が子どもの向社会的行動に及ぼす影響
  • 性犯罪者処遇プログラムと性犯罪者の社会復帰について

代表的な研究成果

  • 心理的虐待と非行ー少年院での家族への働き掛けー (2014)人間科学研究
  • 犯罪被害者の回復を促すために(2014)生活科学研究
  • 性犯罪に関する最近の研究動向と矯正施設における性犯罪
    再犯防止指導(2013)人間科学研究

指導した卒業生の進路

卒業研究のテーマを加害者の更生のための実践に活きるものとし、卒業後は実際に司法領域の公務員になる人が多数います。
家庭裁判所調査官、法務教官、刑務官、警視庁、県警察(埼玉・群馬など)、市役所(越谷市・柏市)など

臨床経験るいは社会的活動

法務省に所属する公務員として、少年鑑別所と刑務所で勤務していました。非行少年と犯罪者の心理アセスメントが主たる業務です。
社会活動としては、埼玉犯罪被害者援助センターの理事としてボランティアの育成や講演を行っています。また、順天堂大学越谷病院と文教大学の共同研究(心理検査を用いた抑うつの研究)を企画し、文教大学卒の臨床心理士の研究活動を支援しています。

幸せになるのか、幸せであるのか?

  1. 朝、今日はどんないいことがあるだろうかと考える。
  2. 過去の体験が、今活きていると思う。
  3. 今、大学で教え、学生と学べることに満足する。

幸せとは何でしょう?これから幸せになるのではなく、今幸せであると実感するものだと思います。人のためになる生き方をしようとすると、より深く幸せを感じられます。自分らしく生きられます。大学で学ぶとは、自分がどう人のためになれるかを模索することだと思います。

文教大学のホームページ

文教大学人間科学部のホームページ

文教大学の場所はこちらになります

〒343-0804 埼玉県越谷市大字南萩島3337

浅野正容疑

浅野 正 准教授

専門:犯罪心理学、心理アセスメント

●臨床心理士

大学での学びは、人のためになる生き方を学ぶところです。

大学では、将来どのように社会のためになる人生を送るのか考えてください。

ホームページの中に教員紹介のプロフィールがありました。

岐阜県で生まれ育ち、大学から東京に出てきました。大学時代は様々な分野の本を乱読しましたが、その中で「無意識の発見―力動精神医学発達史―」という本に出会い、心理学の面白さを知りました。

大学院時代は、複数の臨床現場にかかわり関心領域を広げましたが、卒業後環境が変わるとそのほとんどが途絶えました。やはり研究テーマは、5年先10年先まで続けられるものを選ぶべきだと思いました。

大学院後、少年鑑別所と刑務所で12年間勤務しました。非行少年や犯罪者の心理アセスメントが主たる業務です。一時期ロールシャッハテストに没頭しました。

当時ある臨床心理士の先生から、「ロールシャッハテストを勉強していることは分かるが、それ以外に何ができるのか」と聞かれ、答えに窮したことを覚えています。

折しも、アメリカの大学院に留学する機会に恵まれ、自らの専門領域を広げられました。

留学中は主に、被害者支援について研究しました。海外で異文化に適応しようとする努力を通じて、自らも成長できたと思います。他人と異なっていることに不自然さを感じないアメリカ人の気質にも共感を覚えました。

公務員を辞め、大学教員になりました。これまでの経歴を生かし、社会的な視点を大切にした研究を心がけています。被害者支援を中心とした、社会的な実践活動にも力を入れています。

大学院後、少年鑑別所と刑務所で12年間勤務。非行少年や犯罪者の心理アセスメントが主たる業務をおこなっていた、浅野正容疑者。

被害者支援を中心として社会的活動にも貢献していたようですが、浅野正容疑者の妻浅野法代さんの残されたご遺族に対しては、どのような支援をしていくつもりなのでしょうか?

人の世話ばかりしていて、自分の相談事は誰にも話す事が出来なかったのかもしれない。

偏差値67.5の一橋大学を卒業しているあさのただし容疑者、カッとなって人を刺して殺してしまうなんて、コミュニケーションの能力があったのか疑問が残ります

殺人を犯して、自ら反証試験をして人を殺してやり遂げた浅野正容疑者。

今はどの様な気持ちなのだろうか?本物の人を殺した今の気持ちを感じてみたかったのかもしれない。

もの静かで優しい准教授

生徒達から凄くやさしい先生で、ゆったりとした感じの先生だったと評判の良い事がわかりました。

「すごく優しい方。犯罪被害にあってしまった方々の心理とかに関して、すごく親身に詳しく教えてくださった方なんで」(浅野容疑者の講義を受けていた学生)

温厚な先生で、寝ている学生がいても『眠いよね』と言って怒らなかった。

生徒たちの就職の相談にも親身になってのっていて、援助センターの被害者相談の現場を学生に見せたりしていた。

学生には「『知識』よりも『創造』を大切に」という言葉を送っていた。

浅野正先生の「犯罪被害者の心理」って講義を、去年の半年間受けてたのにな。

あの物静かで優しそうな人が、犯罪被害にあった方々の心理について教えてくれたんだよ。犯罪被害者の心理のスペシャリストが、加害者になってどうすんねん…

あさのせんせ。゚( ゚இωஇ゚)゚。

専門家にも 頼れる人が必要なんだなって。

いろんなとこに感情移入して勝手に落ち込んでるの自分でも良くないなと思うんだけどこれは自分の長所でもあると思いたいよ( ᵒ̴̶̷̥́︿ᵒ̴̶̷̣̥̀ )

「僕の授業 なんか眠くなっちゃうらしいんですよね でも聴いてくれると嬉しいです ふふ」って、優しい笑顔でゆったりと言っていた姿を思い出して泣けてきた。

 

浅野正先生、紛れもなく良い教授なんですよ…あの姿に嘘偽りは無かったよ。

他人を救ってばかりで 自分の話を聞いてくれる相手はいなかったのだろうか そう思うと 心理学の専門家ってとても孤独なのかもしれない

人が良い為、ダメが言えなく生徒達に厳しく指導が出来なかった、ストレスを抱え込みすぎていたのかもしれません。

殺害された別居中の妻浅野典代さんプロフィール

こちらが殺害された妻の浅野典代さんプロフィールです

  • 名前:浅野典代(あさののりよ)さん
  • 年齢:53歳
  • 住所:埼玉県熊谷市
  • 職業:さいたま少年鑑別所に勤務 国家公務員
  • 子供:娘3人

浅野法代さんはさいたま少年鑑別所に勤務する法務省の職員でした。

殺害した犯人の浅野正容疑者と別居していたとうことで、夫婦間にトラブルが有ったことは間違いないです

夫婦関係が壊れている2人、離婚したい側と離婚したくない側の条件の折り合いが付かなかったのか。離婚に至る経緯で浅野正容疑が納得できない部分があって、殺したくなるほど妻を恨んでいたのかもしれない。

残された子供達娘さんが3人、一夜にして犯罪者の娘と被害者の娘。一度に両方を突き付けられた現実は悲惨すぎます。

子供達の今後を思うと胸が痛みます

殺害された浅野典代さんは帰宅途中に、夫で准教授の浅野正容疑者に待ち伏せされて殺害されたました。勤務先だったさいたま少年鑑別所から殺害現場は距離で約500mの地点です。

浅野典代さんの勤務先さいたま少年鑑別所の上司は、「母親の代わりを務められる位頼られる存在で優秀な女性職員だった」

「子供達や家族の事を第一に考えていた方で、産休や育休を多くとっていた」

「常にまじめでいつも笑顔を絶やさない人柄であったと」コメントしてます。

「厄日すぎる」とツイッターの声

https://twitter.com/RaCffMKkGiwcrUV/status/1239522591720624128?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1239522591720624128&ref_url=https%3A%2F%2Fbrandnew-s.com%2F2020%2F03%2F16%2Fasanotadashi-tr000%2F

https://twitter.com/puriko911/status/1239518729039253506?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1239518729039253506&ref_url=https%3A%2F%2Fbrandnew-s.com%2F2020%2F03%2F16%2Fasanotadashi-tr000%2F

浅野正(あさのただし)容疑者の犯行動機は何?

警察は事件現場にいた浅野正容疑者を殺人の容疑で逮捕し、事件の細かい経緯などを調べています。

調べに対し「刺したことは間違いない」と容疑を認めているということです。

諏訪部則子(すわべのりこ)さん殺人事件住所特定犯人は誰?息子の嫁が証言か!静岡長泉町

 

女性の胸には複数の刺し傷があることから強い殺意が感じられます。

 

現時点で犯行動機などは公表されておりません。わかり次第追記していきます。

小森寛子(ひろこ)さんトートサイクル殺人事件犯人は自転車の恨みで殺害か?福岡博多住吉

交際相手の女性を殺害した事件

過去にも交際相手の女性を狙った殺人事件がある。さいたま市大宮区宮町のビルで交際相手の女性、金井貴美香さんが刃物で切られ殺害された事件。

前橋市役所の職員鳥山裕哉容疑者が逮捕される事件。

別れは話からもつれて、暴力をふるようになり何度も自宅に訪れるストーカー体質の鳥山裕哉容疑者。

殺害された彼女の家族から警戒された為彼女の自宅に行けなくなった。

自宅に行けなくなった鳥山容疑者は、殺害された女性の勤務先のビルで待ち伏せしていて、金井さんの後ろから抱きつき、刃渡り約20㎝の包丁で首をグサッと刺した。

殺害前に「首を切る 死ぬ」などとインターネットで検索して「事前に強固な殺意を有していた」と殺害する準備をしていたとう殺人事件。

今回さいたま地裁前で刺されて死亡した浅野正容疑者の妻で浅野典代さん。子供を乗せる自転車に乗っていたことから、二人は顔見知りで、子供たちを含めた家庭内のトラブルをかかえていた。

諏訪部則子(すわべのりこ)さん殺人事件住所特定犯人は誰?息子の嫁が証言か!静岡長泉町

浅野正容疑者に刺されて亡くなった女性は、浅野容疑者の交際相手か配偶者である可能性も十分考えられます。

40代女性が浅野正容疑者のDV暴力のことについて裁判所へ相談に行き、出てきたところを浅野ただし容疑者に襲われたのか?

詳細がわかり次第追記していきます。

犯罪心理学は理屈じゃない「論文を書くために殺した」浅野正容疑者

犯罪者の心理を研究しすぎて犯罪者の思考になってしまい、現在犯行動機は話したくないと言っている浅野正容疑者。

物心ついたころから殺人の衝動にさいなまれていた浅野正容疑者、それを解明するために犯罪心理学を学んだんだが、それでもその衝動は日ごとに大きくなるいっぽう。

自分を使った研究で犯罪を体験しないと犯罪者の心理ってわからないという結論になった。

人を一人殺した今は後悔しているのか、満足しているのか、論文をまとめているのかもしれない。

夫婦間は冷え切ってしまった

典代さんと浅野容疑者の間には、3人の娘がいる。20代、10代、10歳未満の3人娘

夫婦の間は以前から冷え切っていたようです。

「子供は小さい頃に喧嘩をして、仲が悪いと思っていた」と語っていたし、数年前から口論が絶えなかったと供述している。

数年前から夫婦仲が悪いと、子供達も両親の不仲で嫌な雰囲気を察して家庭内がギスギスしていて、お家にいても心が休まらない生活を送っていたかもしれません

あさのただし

 

あさのただし

元芸能記者のニュースサイト

コメント