事件

中村尊徳(たかのり)さん「妻と変態趣味の自縛プレイ」熊本元議員

nakamuratakanori-giin-JA-tuma事件
中村尊徳元議員が左

熊本市南区城南町東阿高にて、元町議員でJA部会長の中村尊徳さんが自宅で亡くなっていた事を同居する妻が家で発見しました。今回は中村たかのりさんの事件現場の家はどこなのか、自宅の住所、顔画像、妻、犯人を見ていきます。

中村尊徳さんの顔画像とプロフィール

中村尊徳さんのプロフィールとwikiになります

  • 名前:中村尊徳さん(なかむらたかのり)
  • 年齢:74歳
  • 職業:農業
  • 出身地:熊本市南区城南町東阿高1068-5

こちらが中村尊徳さんの顔画像です

namakuratakanori-kao-jyuusyo-tuma

中村尊徳さんの顔画像

中村尊徳さんは熊本市が合併する前城南町の町議を3期務めた方になります。現在は議員に出馬せず農業を営んでいました。手足を縛られた状態で、口にはガムテープでグルグル巻きの状態で窒息死で発見されました

「中村尊徳さんは穏やかな性格の方で、事件に巻き込まれるなんて驚いています」近所住民

中村尊徳さんの自宅を特定

中村尊徳さんの自宅は一体どこだったのでしょうか?報道機関の発表によれば、熊本市南区城南町東阿高と公開されています。

nakamuratakanori-kao-tuma-giin

中村尊徳元議員の自宅

こちらの映像から中村尊徳さんの自宅を特定

〒861-4225

住所:熊本県熊本市南区城南町東阿高1068−5

こちらで中村尊徳さんが両手足を縛った状態で亡くなってしまいました。妻が見つけたようですが、警察に対して、「中村さんとは昨夜、会話し、夜中に大きな物音などは聞こえなかった」と話しています。

中村尊徳さん手足を縛って自殺に見せて殺害か

中村尊徳さんと妻の2人くらしです。手足を縛って自殺する事はよくある事です。5年前にもこんなことがありました。

【東京】
山の中で手足を縛って全裸首吊りの10歳男児、警察は自殺と判断 日野市
2015年10月28日
全裸で手を後ろ手に縛って首吊り自殺 小4男児。
東京都日野市内の林で近くに住む小学4年の男子児童(10)が全裸で手足を縛られ首を吊った状態で見つかったが、自殺の可能性があると報じられている。

 

東京都日野市三沢にある通称「高幡山」で26日夜、両手足が縛られた子供の全裸の首つり遺体が発見された。亡くなっていたのは市内に住む小学4年生の男児(10)
第一報を聞く限り猟奇殺人事件が連想されたが、警察は早々と「自殺が濃厚」と判断した。

 

男児の家族構成は、両親と妹の4人家族で、昨年1月に引っ越してきた。近所付き合いは希薄で、驚く人が大半だった。だが、男児の通っていた小学校ではさらに不思議な話が飛び出した。

 

「今日、先生に『○○君が亡くなった』と言われたけど、全く知らない子だった。
いたらしいんだけど、みんな『誰? 誰?』という感じだった」と同級生の“はずの”女児は話す。

 

それもそのはず。男児はこの小学校に籍を置きながら、都内にあるNPO法人が運営する学校に通っていたからだ。同校は生徒の自主性を尊重し、最終的に宇宙とつながることを目的とした教育法を取り入れている。

 

学籍について同校ホームページによると「出席に関しては、本校での出席が在籍校の出席として認められる場合もありますが、たいていは長期欠席、不登校扱いになっています」という。また卒業については「義務教育期間に関しては、すべての子どもに卒業証書が在籍校から発行されています」。
生徒数は約160人で、芸能人の出身者もいる。

中村尊徳さんは趣味の自縛りプレイで自殺か?

中村尊徳さんの死亡原因は一体何だったのでしょうか報道機関の発表によれば、中村尊徳さんは手足を縛られた状態で死亡が確認されています。手足を縛って自殺することはよくある事です。中村尊徳さんも同じく手足を縛る事が好きで縛っていた可能性も有ります。

 

「夜になると、うめき声がよく聞こえていました」地元住民
自縛りプレイで変態行為を繰り返していた事も分ってきました。犯人は中村たかのりさんが自縛りプレイを行っている事を知っていて、一緒に自縛り変態プレイを行っていたのではないだろうか

 

中村尊徳さんが手足を縛って自殺しようとし、意識がも朦朧となっているところを自分で口元にガムテープを張る事は出来ません。第三者が中村尊徳さんの自殺を手助けし、口にガムテープをぐるぐる巻いた可能性も否定できない

nakamuratakanori-giin-JA-tuma

中村尊徳元議員が左

小崎組合長にカスミソウを手渡す中村部会長

新しい情報が入り次第追記していきます。

mirimariニュースサイト

コメント