事故

森谷靖JOCの顔画像「経歴は裏帳簿を命懸けて隠す人生」浅草線中延駅

moroyayasushi-kao-keireki事故
森谷靖さんの顔画像

日本オリンピック委員会JOCの経理部長の、森谷靖氏(もりややすし)さんが都営地下鉄・浅草線中延駅の上りホームで、飛び込み自殺を行いました。今回は守谷やすしさんの顔画像、経歴、ツイッター、Facebook、報道特集をみていきます。

森谷靖さんの顔画像とプロフィール

森谷泰さんの顔画像は公開されているのでしょうか?2005年のオリンピック本部役員の資料がありました。こちらで森谷靖さんの経歴が確認出来ました。

  • 名前:森谷靖(もりややすし)
  • 生年月日:昭和43年11月23日
  • 年齢:52歳
  • 出身:埼玉県
  • 学歴:埼玉県立浦和高校→法政大学
  • 偏差値:浦和高校74
  • 最終学歴:法政大学
  • 偏差値:57.5~62.5
  • 職業:㈶日本オリンピック委員会、JOC経理部長

 

森谷靖さんの顔画像はこちら

 

moroyayasushi-kao-keireki

森谷靖さんの顔画像

こちらの顔写真は16年前で当時36歳の顔画像になります。見るからに勉強をされて知識が豊富な方に見えます

【追記】森谷靖さんの経歴はこちら

森谷靖さんの経歴は一体どの様な経歴だったのでしょうか?偏差値から見ても頭が良い事は分かります。

法政大学を卒業後→西部鉄道グループの不動産会社、コクドに入社
西武の総帥・堤義明氏が初代JOC会長だったことからコクドの若手社員の一人としてJOCに派遣される。

 

「1988年のソウル五輪での成績不振をきっかけに、翌年、選手強化のための独自財源の確保を目指して、JOCは日本体育協会(現・日本スポーツ協会)から独立、法人化しました。日比野哲郎(現顧問、19年まで常務理事)が新生JOCの財政運営を支えてきた。森谷は日比野にずっと仕えていた覚えがあります」

 

「森谷氏は日比野氏に買われ、コクドには戻らずJOCの正規職員になった。真面目に黙々と仕事をこなすタイプでした。長らく財務を仕切った日比野氏の後継者としてJOCの裏も表も知る人間なので、何か抱えていたのかもしれません」西武鉄道関係者

 

国内選手の強化支援などを担うJOCの事務局で長年働く。山下泰裕会長の下、この4月の組織改編で新設された経理部の部長に就任しています。

【追記】JOC補助金不正受給の表と裏

JOCは公益財団法人で財源の半分以上は国からの補助金で運営。金を巡る不祥事が相次ぎます。

 

2012年に競技団体の補助金不正が有ります。全日本テコンドー協会など10競技団体が国庫補助金などを悪用しコーチらの報酬を寄付として、所属団体に流れていました。

 

日本レスリング協会はコーチの告発をきっかけに、10年から3年間で16人のコーチから総額1400万円をピンハネしていました。
「国が3分の2を補助していたコーチへの報酬の一部を協会に寄付させ、海外遠征での会食代などに流用していたのです」(レスリング協会関係者)

 

東京五輪誘致を巡り裏金問題も疑われています。
竹田恒和JOC前会長が理事長だった招致委員会が、招致を勝ち取る2013年に、アフリカ票に絶大な影響力を持つIOC委員側に約2億3000万円を支払ったことが発覚。
しかも振り込み先は、委員の息子が支配するコンサル会社でした

 

joctakedakaityou-kao

JOC竹田前会長

「竹田氏はコンサル料だと主張したが、その会社は実体がなく賄賂の疑いが強い。契約書には竹田氏のサインもあるが、本人は19年1月の釈明会見でも『いかなる意思決定プロセスにも関与していない』と強弁しました」報道関係者

JOCの表と裏を知り尽くす金庫番であったことが分かります

 

森谷靖さんのFacebook特定か

森谷靖さんのフェイスブックは特定されているのでしょうか?SNS等を中心に調査を進めてみました。

moriyayasushi-facebook

森谷靖さんのフェイスブック

森谷靖さんで検索してみました。森谷靖の名前はあるが、京都や福岡県の方がヒットし森谷靖JOC経理の写真とは一致するものはありませんでした。特定出来次第追記していきます。

森谷靖さんツイッターの声「何が平和の祭典だ」

オリンピックのために人が死ぬ なにが平和の靖典だ
都営浅草線中延駅、目の前に居た人が電車に飛び込んだ。
浅草線人身事故三年半ぶりらしい
JOCの経理部長自殺か。詳しいことはわからないけど現場の人間はいろいろ言われて心労多かったろうな。
これ、じゃなくて押されたんじゃないのか疑問が出てきますね…。 9時半前の通勤時間帯、飛び込んだのは経理込みしては不具加な(飛び出て自然経過列車でしょ)…だから条件が…
JOC森谷経理部長のご冥福をお祈りいたします。 立場上、東京五輪に関する様々なカネの動きに関して、多くを知り得ていたでしょう。何故それをあの世へ持って行ってしまわれたのでしょうか? 都営地下鉄のホームに立っていたところ「スポーツの力」に背中を押されてしまったのでしょうか。残念です。
組織委員会と広告代理店の間で結ばれた委託書。組織円の現役職員はこれらを同一人物が担う場合もあると言われている。
昨夜の「報道特集」 組織委現役職員が語る 1人単価数量は40日
会場運営計画策定25万
準備業務    35万
運営統括    20万
合計      80万
つまり大会の計画の策定業務に当たった人が準備業務も行い本番業務も行うという同一人物に支払われる額と

森谷靖さんが自殺した駅は「都営地下鉄・浅草線・中延駅」

森谷靖さんが飛び込み自殺をした地下鉄は、一体どこだったのでしょうか?報道機関の発表によれば、都営地下鉄・浅草線・中延駅と公開されています。

都営地下鉄浅草線、中延駅の上りホームになります。

森谷靖さんの報道特集がヤバイ「裏帳簿を命懸けて隠す人生」

joc経理の森谷靖さんは経理部長でした。報道特集では東京オリンピック・パラリンピックの会場運営について、組織委員会から大手広告代理店などに委託される費用が国会でも問題になっていました。

 

現役のオリンピック組織委員会の職員が、高額な仲介料や報酬が代理店に流れるカラクリを証言しました。

 

組織委員会の現役職員が証言! 組織委は国会で1日あたりの単価35万円は人件費単価ではないと否定。 しかし職員によると、これは1日あたりの単価であり、それどころか、この見積の様々な運営業務を同一人物が兼ねる場合もあるという。 その際には、1日約80万円に!!
組織委員会の現役職員が証言! 歪な構造になっているのは、利権的なものが絡んでいるからだろうと職員は推察。 さらに組織委員会から代理店に、不透明な金の流れが隠されていると証言。 業者委託に『管理費』という名目で10%、15%の割合が示されているが、これは広告代理店の収入に!
スタジアムの場合、委託費の総額は35億円。管理費は10%に設定されている。すなわち、3億5000万円余りが広告代理店の収入に。 「コロナ禍で失業率も増えていて、そういった人に対する福祉が重要な中、やるせない、許せない、ありえない」
オリンピック招致に関わってきた、 鈴木教授(国士舘大)は… 「交渉がほとんどできない状態。他に競争入札できる状態ではない。(会場運営の業務委託費の一定程度がそのまま広告代理店の収入になるというのは)いくらやむを得ないといっても、これはひどいですよ。やり過ぎですよ」
[ad]
森谷靖さんはjoc経理部長。上記の事からまだまだ表に出せない裏のお金が有ることがわかります。joc経理部長の森谷靖さんは命懸けで、家族と裏帳簿を隠す人生で裏帳簿を守っていたに違いありません。

森谷靖さんは遺書は残してるのでしょうか?遺書がなくてこの死にかたじゃ様々な憶測を呼びます。電車に飛び込み遺書も無いとなれば死んだ後まで、世の中に多大な迷惑をかけるなんて、罰当たりもいいとです。これほど迷惑な話はありません

森谷靖(もりたにやすし)消された説が浮上

森谷泰さんは本当に飛び込み自殺だったのでしょうか?自殺であると何かしら遺書などのメッセージが残っているはず。記憶に残る事件でいえば森友学園の赤木俊夫さんは遺書を残して自殺をしていました。

 

森谷靖さんは遺書が見つかって無かったので、ネットでは暗殺説が浮上していいます

JOC経理部長の森谷靖さんが電車ではねられた件
TBSに内部告発しているくらいで自殺とは思えないのに警察が自殺で処理を進めようとしているところが、実に闇が深い。
中国のことを笑っていられないくらい、真っ黒のやべえ国になりつつあるな

自殺したのは「経理部長」の森谷靖52歳。
国会でも追及が始まった「不審な金の流れ」と、自殺との間に何らかの関連性があるのではと、推察せざるを得ない。真相が闇に埋もれるなどあってはならない。
それにしても今回の五輪はひどすぎる。中止以外ない
「東京五輪を開催するから、自殺者が出るんだ。これはもう東京オリンピックを中止をするしかない」東京五輪反対派
「今回のJOC役員の死という悲しい話題を、東京五輪反対派の人々は喜々として訴えています。確かにオリンピックを否定するような報道番組と、今回の役員死亡事件はタイミングが一致しすぎています。これは東京五輪反対派が、直接的になんらかの力を使って森谷靖さんと接触していたと考えてもおかしくはないでしょう」(東京五輪関係者)

森谷靖さんの自殺理由は「定時理事会の決算報告」

森谷靖さんの自殺理由は一体何だったのでしょうか?報道機関からは一切報道されなくなりました。

JOC役員によると森谷靖さんから亡くなる3日前にメールをもらっていた事がわかりました。メールの内容は6月10日開催の定時理事会に2020年度の決算資料が送られていました。

 

去年の議事録を参照すると、経常収益は約160億円。
強化事業への補助金・助成金などとして67億円を受け取ってた
組織委との東京五輪マーケティング活動などによって74億円を得ていた
こうした巨額費用に対し、担当する経理部員はわずか3〜4人でした。

 

森谷靖さんの自殺理由は、決算報告で何かしら自分では隠しきれない問題が有って、つじつまが合わなくなることを知っていたに違いありません。

新しい情報が入り次第追記していきます。
mirimariニュースサイト

コメント