ネットで話題

金子祐治校長の顔画像「児童支援教諭もグル」横浜いじめ万騎が原小学校写真

yataniyuuki-kaoネットで話題
八谷祐輝教諭

週刊文春内容で横浜市立小学校で起きたN教諭によるいじめ、M小学校で行われてることが話題となっています。イニシャルが一致して、横浜市立万騎が原(まきがはら)小学校の中尾武彦教諭であると特定されました。今回は万騎が原小学校の金子裕二校長の顔画像、山本美咲さんの訴えを相手にしなかった児童支援教諭をみていきます

中尾武彦の顔画像「俺は空手が強い」横浜市万騎が原小学校いじめ教師
横浜市M小学校のN教諭のいじめで小学4年生の女子児童が不登校になり、週刊文春により公開されました。今回は万騎が原(まきがはら)小学校の中尾武彦教諭の顔画像を見ていきます
横浜いじめ小学校教師の実名を特定か!「教室では王様」
横浜市のM小学校のN教諭が、特定の女の子女子児童(山本美咲さん)に対していじめを行ていた事が週刊文春から公開されました。今回はいじめた先生の名前、氏名、実名、小学校の名前を見ていきます。

金子祐治校長の顔画像!「万騎が原小学校はいい加減」

万騎が原小学校の金子祐治校長の顔画像は公開されているのでしょうか?報道機関の発表によれば、顔画像は公開されていません。調査したところ金子裕治校長の顔画像らしきものがありました。

makigaharasyou

万騎が原小学校

万騎が原小学校の金子祐司校長は、歯科保健の向上に努めた学校で表彰されています。

歯科保健の向上に努めた学校を表彰する「旭歯ッピースクール賞」。受賞した小学校2校に対して7月7日、表彰状と記念品の歯ブラシが贈呈された。
学校保健の取り組みを進める横浜市学校保健会旭支部と旭区歯科医師会が協力して実施している企画で、今回で10回目を迎えた。歯磨き検査の結果などから受賞校が選出され、今回は万騎が原小学校
万騎が原小の金子祐治校長は「子どもたちや養護教諭らが頑張った成果。これを励みに今後も頑張りたい」
万騎が原小学校の金子祐治校長がコメントをだしています。表彰状を持っている人物が金子祐治校長と思われる

金子祐治校長「万騎が原小学校はずさんすぎる」

山本美咲さんが担任の中尾武彦教諭にいじめられている事を両親に相談しました。事実を知ったご両親は早速万騎が原小学校へ相談に行きました。相談窓口は児童支援の教諭でした。

 

中尾武彦教諭のいじめ問題を相談しに行った両親は児童支援の教諭、八谷 祐輝から 「何が問題ですか?」と対応。提出したはずの「テスト用紙が無い」と言って漢字テストの直しをさせられた矛盾点を母親から説明を求められても、印鑑を押して終わりという対応の悪さ。

 

「こんなことは大したことではない」とまともに取り合ってもらえなく、両親弁護士に依頼し学校に内容証明書を送ります。慌てた学校側は10ページにわたる回答書や臨時保護者会を行いその場を凌ぎます。

 

万騎が原小学校の金子祐治校長はこのいじめ問題をもみ消す計画で、山本美咲さんらが泣き寝入りする事を願っていました。しかし弁護士が登場する事により計画が狂い教職員や警察官、公務員が得意とする、仲間を守る身の保身に動きます

makigaharasyou

万騎が原小学校

金子祐治校長の下に副校長の石川真一の名前が有ります。

「石川真一副校長先生は臨時保護者会で山本美咲さんの父親が、いじめの実態を話す予定でしたがそれを無視してしゃべらせないようにしました」万騎が原小学校の保護者

 

「緊急保護者会で学校側からは、詳しい内容はまた再度調査してからと説明をうけ、未だに保護者会が行なわれません。このまま夏休みに入ってうやむやにしようとしているのでしょうか。大切な子供を預けているので不安でしかありません。」万騎小の保護者

横浜いじめ万騎が原小学校児童支援の教諭もグル

山本美咲さんが苦しんで悩んだ結果両親に打ち明けたいじめ事件。万騎が原小学校の窓口であった児童支援の教諭。八谷祐輝です。 相談したことに対して、「こんなことは大したことではない、何が問題なのですか?」と開き直って中尾武彦教諭を守る行動に出ています。

 

2010年度から横浜市が全国に先駆けて「児童支援専任教諭」を配置しました。児童のケアを専門に、クラスを受け持たない先生で日本語が不慣れな児童やいじめ不登校、発達障害などを対応する教師になります。

 

山本美咲さんの母親が児童支援専任教諭に相談しても聞き入るだけで、対策は無し。矛盾点を連絡帳に記入しても印鑑を押して返事がない。中尾武彦教諭にいじめられ保健室登校時、年度末だから「中尾武彦先生に感謝の手紙を書こう」と意味不明な発言。

 

中尾武彦先生にいじめられている山本美咲さん。中尾武彦先生は万騎が原小学校から居なくなればいいと思っている山本美咲さんが、中尾武彦先生へ向けて感謝の手紙が書けるわけもありません。

 

万騎が原小学校の児童支援専任教諭は、山本美咲さんのいじめ問題を軽く受け流し問題として取り上げませんでした。神奈川県と横浜市の教育委員会同様にいい加減な対応です。教育委員会の対応そのものです。適当に処理して問題はもみ消します。

「万騎が原小学校、今は担任も持つこともなく、職員室に子ども達に合わせないらしいですと聞きました。中尾教諭を守る八谷教諭もどうかしてます。
緊急で集まりがあったそうです。その文章もラインでもらいました。お父様もお母様もさぞかしお辛いですが、みさきさんが1番の被害者。前科のある教諭が、いるべきではないです。辞表を出して早期退職して欲しい犯罪です。」地元関係者

yataniyuuki-kao

八谷祐輝教諭

 

  • 配布物が渡されなかったことを相談すると、児童支援の教諭は「N先生に伝えておきます」と言った。N教諭にどのように伝わったのかは不明だが、数日後、N教諭は美咲さんに向かって「あなたは、もらったかもらっていないかも分からないのですか?」とクラスの皆の前で叱責。
  • 漢字テストの直しが提出されていないとして美咲さんだけ理科と社会のテストを受けることができず、この日以降、美咲さんはN教諭への恐怖心から教室に入ることもできなくなったが、母親が相談した時、児童支援の教諭は聞き入るばかりだった。
  • 提出したはずの漢字テストの直しを児童支援の教諭が探すことになり、何回か両親とやり取りしたが、説明には矛盾があった。母親が学校への連絡帳に、話の矛盾点なども書いて改めて説明を求めると、児童支援の教諭は一言も書くことなく、ただ印鑑を押しただけで返却して来た。
  • N教諭のいじめが原因で美咲さんが保健室登校になっていたにも関わらず、学年末を理由に「N先生に感謝の手紙を一緒に書こう」と言い出した。

八谷祐輝教諭!児童支援専任教諭を特定

万騎が原小学校の児童支援専任教諭は一体誰だったのでしょうか?調査したところ万騎が原小学校の通信簿に八谷祐輝教諭の名前がありました。八谷祐輝の名前で検索すると第8回湘南藤沢市民マラソン2018に記録が出ていました。

 

湘南藤沢市市民マラソンは10マイルで約16kmを走る大会になります。

八谷祐輝はスポーツマンで脳みそも筋肉で出来ていて、融通が利かない可能性もあります

yataniyuuki-kao

児童支援専任の八谷祐輝教諭

児童支援専任教諭はベテランという事ですが、いじめをイジメト認識せずに「何が問題なのか」といじめを黙認。M小学校の万騎が原小学校の教師たちは全ていじめに加担していると思われています。

新しい情報が入り次第追記していきます。

下に続きます・・・

中尾武彦先生の顔画像

横浜イジメ「教室では王様」

mirimariニュースサイト

コメント