白金高輪駅の硫酸事件

花森弘卓の家族「父親と中国人の母親を毒殺する技術」静岡葵

白金高輪駅の硫酸事件
花森弘卓の顔画像

東京メトロ地下鉄白金高輪駅で、琉球大学理学部の映画サークル時代の先輩に対して恨み持っていて硫酸をかけた花森弘卓(はなもりひろたか)容疑者。沖縄県の知人自宅で逮捕されました。花森弘卓の家族は既に病死しています。今回は花森弘卓の家族、父親、母親、自宅を見ていきます

花森弘卓Twitterから沖縄を特定「手品サークルからゲイの痴情」トラブル内容
東京メトロ地下鉄白金高輪駅で、硫酸を男性にかけて逃走した花森弘卓(はなもりひろたか)が、全国指名手配され懐かしい沖縄県で身柄を確保されました。花森弘卓は白金高輪駅で硫酸をかけ逃亡していました。今回は花森弘卓の高校、大学、顔画像、Twitterには同級生から卒アルや大学サークルなどみていきます
花森弘卓(ひろたか)Twitter「僕は出て行かない」東京メトロ地下鉄
花森弘卓容疑者が白金高輪駅で男性に硫酸を散布した犯人として、全国に指名手配されました。今回はアシッドアタック花森ひろたか容疑者のTwitter、顔画像をみていきます
花森弘卓の被害者男性「中国人は見下すから大嫌い」生い立ちが悲惨!静岡
東京メトロ白金高輪駅で男性に硫酸をかけた事件で沖縄まで逃走し逮捕された、花森弘卓(はなもりひろたか)容疑者。花森弘卓は、高校生時代から両親、特に母親への暴力行為を日常的に働いていました。花森弘卓の母親への暴力理由や犯行動機をみていきます。

花森弘卓の自宅を特定「実家散らかし放題のゴミ屋敷」

花森弘卓の自宅は公開されているのでしょうか?報道機関の発表によれば花森弘卓(はなもりひろたく)の自宅は実家静岡県静岡市葵区と公開されました。

こちらが花森弘卓の実家が自宅になります

hanamorihirotaka-jitaku

花森弘卓の自宅

こちらから見ると花森弘卓(はなもりひろたく)の家族が創業した開業医クリニックの外観に見えます 。高校生になって両親が他界し家族を失い1人暮らしが始まったともいわれています

〒420-0072 静岡県静岡市葵区二番町3−1になります。静岡駅から自宅は東に位置しています。徒歩で21分で自転車が映っているので自転車で移動してようです。

 

花森弘卓の自宅ですが一人で住むには広すぎる自宅。植物が沢山並べられ花森弘卓の両親家族が残した遺品そのままの感じが出ています。花森弘卓の両親のは他界している様ですが両親の死因も謎が深いようです

「家の庭で無視を育てる研究をしていた。本人にはここの所ちょっと会っていない」近所住民

hanamorihirotaka-twitter-kao

森花弘卓の顔画像

花森弘卓の家族は父親と母親、兄弟はおりません。3人家族になります

hanamorihirotaka-jitaku

花森弘卓の自宅部屋の様子

花森弘卓の実家自宅の部屋の様子。以外にも漫画やフィギュアが綺麗に並べられているオタク丸出しの部屋です。カーテンはチェッカーフラッグがポイントになります

森花弘卓の顔画像とプロフィールwiki

全国に指名手配されている森花弘卓の顔画像とプロフィールwikiはこちら

  • 名前:森花弘卓(もりはなひろたか)
  • 年齢:25歳
  • 身長:170㎝
  • 体型:やや小太り
  • 住所:静岡県静岡市葵区
  • 家族:父親、母親の3人家族
  • 体型:小太り体型
  • 大学:沖縄の琉球大学理学部

森花弘卓の顔画像、こちらは森花弘卓の5年前の顔画像になります

hanamorihirotaka-twitter

花森弘卓の顔画像

hanamorihirotaka-twitter-kao

森花弘卓の顔画像

逃走時から体格の良いぽっちゃりです。体系から見て他人に厳しく自分に優しいタイプに見受けられます。報道機関の発表によると40代から50代、身長175cmくらいの小太り、黒のポロシャツ、黒のズボン、黒の野球帽、白マスクで、駅の2番出口から北の方角に逃走したとされていました。

沖縄県で知人自宅に寝泊まりしているところを確保されました

花森弘卓の家族・両親「父親は開業医で母親は医療従事者」

花森弘卓(はなもりひろたか)の両親の父親と母親は一体どの様な人物だったのでしょうか?報道機関の発表によれば父親は有名な整体師で母親は医療従事者と公開されました。

hanamorihirotaka-kaogazou

花森弘卓の顔画像

「父親は地元では有名な整体師で、母親も医療関係の仕事についていました。母親が中国の血を引いていてとても美人で目を引く存在でした。家族はとても仲がよく、夏休みなどに3人で中国へたびたび旅行に行っていた」

 

「父方の一族は静岡市内で古くから商売を営んでいたとあって、裕福な家でしたよ。お父さんは静岡駅前で整体院を開いており、腕が良いと評判でした。お母さんは中国人で、東京の病院に通う勤務医。お母さんがいつも家を空けているので、弘卓くんは、朝いつもお父さんと一緒に整体院に向かい、日中はそこを自宅代わりにして学校に通っていました。そのせいか、家の近所にはあまり友達がいなかったような気がします」

hanamorihirotaka-titioya-かぞく

花森弘卓の父親

 

「7年ほど前に父親が病気で亡くなったと聞いています。その数年後には母親も亡くなってしまった。弘卓くんは沖縄を引き払って静岡へ戻り、事情が事情ということで、静岡の大学に特待生扱いで編入することになり、大学ではカブトムシの研究をしていて、家の中に土などを持ち込んでいたと親族から聞きました。両親が健在のときは家も片付いてガレージに綺麗なバラも咲いていたのですが、彼が1人で住むようになってからは研究で使っているらしい土が散乱し、自転車も倒れるなど荒れ放題だった。最後に彼をみかけたのは24日の朝で、珍しくガレージを掃除していました。そんな姿は見たことがないので、今思えばその時点ですでに荷物の整理をしていたのかもしれません」地元住民

 

花森弘卓の家族は父親と母親を亡くした後、花森弘卓は1人寂しく広い自宅に昆虫と一緒に生活して寂しい孤独な生活を送っていました

 

 

  • 花森弘卓の家族は父親の家系が静岡市内の商売人で裕福な家庭で育つ
  • 花森弘卓の父親は駅前で整体院を開き、母親は中国人の血が入った東京に通う勤務医
  • 花森弘卓の家族は一人っ子で、朝は血父親と一緒に整体院に向かい花森弘卓の母親は東京の病院で働いていたので夜は自宅に帰る生活
  • 花森弘卓の家族は近所に友達は少ない
  • 花森弘卓の家族は父親が高校生の頃に他界
  • 母親は勤務先を東京から静岡市内に変え花森弘卓の家族は2人になります
  • 花森弘卓は琉球大学に進学、在籍中に母親も急死
  • 花森弘卓の家族、花森弘卓の両親はいずれも病死
  • 花森弘卓の両親がいなくなり学生の身分なので花森弘卓の父親の兄が後見人として面倒を見て沖縄から静岡に戻り大学に編入する
  • 花森弘卓は静岡の大学でもカブトムシの研究をしていて、家の中に土などをもちこんでいた
  • 近所の方も庭で虫を育てていたと証言して、生き物の研究をしていた内向的な性格
  • 花森弘卓が犯行に及んだ被害者は同じ琉球大学に通う、同じサークルに所属している先輩と後輩の間柄
  • 被害男性は「知人だがトラブルになった記憶はない」と話している
「Aが入っていた映画サークルでトラブルがあり、後を引くような形になったと聞いたことがあります。それが今回の事件と関係があるかどうかまではわかりませんが……。事件を聞いて仲のいい友人が連絡をした時も『大丈夫だから』、『こうなっちゃったことは仕方ない』と気丈に振舞って事件のことは話そうとしなかったようです」
他人に口外できない2人だけの秘密事があることが分かります

花森弘卓の母親「父親を毒殺する中国人の技術」

花森弘卓の家族の母親が中国の血を引いていた事が分かりました。花森弘卓の家族は母の中国人の血をひいています。大陸の騎馬民族には狩猟の獰猛な本能がDNAに刻まれてるから、恨みから簡単に人に危害を加えようとします。

  • 内陸の騎馬民族系=モンゴル混血と=清朝系
  • 臨海側の中華民族=漢民族と二分されてる=明朝系
  • ごっついのはたいてい騎馬民族系
  • 父親が駅前で整体院
  • 母親は中国人で東京で勤務医として単身赴任
  • 日中ハーフで母親が中国人で医者
  • 父親が亡くなってから母親が勤務先を静岡に変えていた

中国人の血を引いている母親も感情の起伏が激しく、花森弘卓の父親ともトラブルが絶えなかったようです。花森弘卓のお父さんお母さんが立て続けに死亡するとは闇が深すぎます

 

花森弘卓の家族の母は「中国伝統の毒で夫をあれしたある」と父親を毒殺してる説が浮上しています。それを見ていた息子の花森弘卓も、感情の起伏が激しい中国人ハーフの母親を消したいと思うようになります。花森弘卓「ママのあれでママをあれした」

 

花森弘卓は母親から引き継いだ技術で、父親と母親を毒殺する技術を持っていた可能性は否定できない。若くで両親を亡くした花森弘卓。壮絶な人生でありました。花森弘卓の立場になると壮絶な孤独な人生で行き場を失っていた可能性もあります。刑務所の中で誰かと生活した方が精神的に楽になると思っていたのかもしれない。新しい情報が入り次第追記していきます。

hanamorihirotaka-ryuusann

花森弘卓・硫酸被害

花森弘卓家族エリート一家硫酸事件

花森弘卓のようなエリート家系に生まれた人物は犯罪を犯しやすいと過去の犯罪履歴からわかってきています。

硫酸”事件 女性の後つける不審な男の防犯カメラ 買い物客の女性に相次いで硫酸がかけられた事件で、男の画像が公開されました。
#硫酸事件 #高崎駅
群馬県でおきた連続女性硫酸事件では、5人の女性が立て続けに硫酸をかけられるという悲しい事件がありました。逮捕された人物は、北村宣晃容疑者。2013年頃から自分の尿や体液などを女性にかけて逮捕されるなどしていた常習犯です。
懲役2年6月(求刑懲役6年)の実刑
  •  北村被告は他人に汚物をかけるなどしたとして昨年3月、住居侵入や器物損壊の罪で懲役1年6月
  • 保護観察付きの執行猶予判決を受けており、その執行猶予が取り消され、本件と併せて服役する見込み。
  • 今回の弁護活動方針によるけど、被害者2名で計画的ではあるけど無差別ではない、被告人花森弘卓に前科が無いのでめっちゃ長くて5年位か・・・
この硫酸事件の犯人北村宣晃容疑者。父親は大学で日本文学を教える准教授。母親は環境活動を熱心に行うエリート家系でありました。エリート家系とゴリゴリの理系は犯罪者予備軍と言われています

 

【追記】花森弘卓の沖縄友人「テレビを見ない不思議ちゃん」

花森弘卓が沖縄県まで逃走し、友人宅に連泊して潜んでいるところを捜査官に職務質問され逮捕された花森弘卓。花森弘卓をかくまった友人は一体誰だったのでしょうか?

 

これだけ報道されテレビニュースで全国指名手配されていた花森弘卓(はなもりひろたか)沖縄県宜野湾市に友人がいたようですが、花森弘卓が訪ねて来た時指名手配の人物であることが分からなかった不思議ちゃんなのでしょうか?テレビでニュースや世間の動きを見ない、ゲームオタクかアニメオタクの引きこもりの可能性も否定できない。

 

新しい情報が入り次第追記していきます。





hanamorihirotaka-kazoku-oya

花森弘卓の顔画像

hanamoritakahiro-sa-kuru

花森弘卓のサークル部屋

下に続きます・・・

花森弘卓のTwitter

花森弘卓の沖縄琉球大学「トラブル内容内容」

花森弘卓の被害者

 

mirimariニュースサイト

コメント

  1. 通りすがり より:

    序段まではそれほどでもなかったが中段以降にソースもないような余りに偏った憶測でものを述べてる姿勢には吐き気がしました。

    このサイト今すぐ閉めてもう一度自分を見つめ直したほうが良いと思われます。

    花守容疑者が犯人であれば赦せないことではありますがそれとこの記事の酷さは別問題です。

  2. 名無し より:

    上の方に同意。

  3. ナオ より:

    あなたの闇が1番深いな。。