事件西田彩と船橋誠二の虐待内容

船橋誠二の生い立ち「いじめられっ子に残された妻と家族は悲惨」岡山

funabashisseiji-oitachi事件
船橋誠二の生い立ち

2021年9月岡山県岡山市で西田真愛ちゃんに虐待を加えた罪で、西田彩容疑者と交際相手の船橋誠二容疑者が逮捕されました。今回は船橋誠二容疑者の顔画像、生い立ち、会社、妻、家族、子供、ツイッターを見ていきます

西田彩の生い立ち「男好きのヤリマン子供はおもちゃ」岡山虐待事件
岡山市で5歳の娘の真愛ちゃんを内縁の夫の船橋誠二(ふなばしせいじ)容疑者と虐待して殺害したとして逮捕された西田彩容疑者。広島出身で真愛ちゃんの母親の西田彩(にしだあや)のFacebook、インスタ顔画像、生い立ちを見ていきます。
高桑姫華の顔画像「かすり傷で死ぬ気ゼロ」愛知一宮
10日午後愛知県一宮市三ツ井の住宅で、高桑浩史さんが帰宅すると高桑さんの長女の姫茉梨ちゃん(5)、次女の菜乃華ちゃん(3)、三女の咲桜ちゃん(0)が死亡しているのを発見。20代の妻が無理心中を図り切り傷のみで逮捕されました。今回は高桑浩史さんの妻の顔画像、facebook、家族を見ていきます

船橋誠二の顔画像とプロフィール

船橋誠二の顔画像とプロフィールは公開されているのでしょうか。

  • 名前:船橋誠二(ふなばしせいじ)
  • 年齢:38歳
  • 住所:岡山県岡山市南区築港新町2丁目
  • 職業:内装工
  • 家族:妻・子

船橋誠二の顔画像

funahashiseiji-kao

船橋誠二の顔画像

船橋誠二の顔画像です。送検時の画像になります。下を向いた後ろ姿とマスク姿なのでハッキリ顔画像は確認できません。船橋誠二のヘアースタイルの毛は前回のカットから伸びており少し重たい感じ、職業が内装業で職人さん。人に会う仕事ではないので見た目は気にしない性格が出ています

nishidaseiji-oitachi

西田彩の顔画像

funabashiseiji-tyuugakkou

船橋誠二の中学時代

funabasiseiji-oitachi

船橋誠二と西田彩容疑者

「船橋容疑者は西田容疑者の内縁関係にあり、船橋容疑者が主犯で、西田容疑者が共犯と目されています。彼らは去年9月10日から23日まで少なくとも5回は椅子の上に置いた両手鍋の上に5時間前後、立たせ続けるという前代未聞の虐待をしていた。真愛ちゃんの髪の毛を引っ張ったり、殴ったりしたり、なかには布団にぐるぐる巻きにして息ができないようにしたこともあった。しかも、その行為を室内カメラで録画していた」地元紙の社会部記者

【追記】船越誠二の自宅を特定「岡山市南区築港新町2丁目」

船橋誠二の自宅は岡山市南区築港新町。内縁の夫である船橋誠二の自宅は車で約30分位の場所になります

船橋誠二の自宅は岡山県岡山市南区築港新町2丁目

funabashiseiji-jitaku

船橋誠二の自宅

船橋誠二容疑者の家族構成「妻と子供がいる妻子持ち」

西田彩容疑者の交際相手で内縁の夫、船橋誠二容疑者は岡山市南区築港新町の自宅に家庭を持っており、妻子持ちであった事が判明。西田彩容疑者と船橋誠二容疑者は不倫関係にありました。

 

不倫相手に西田彩容疑者は我が子を差し出して虐待させていた事実が判明。船橋誠二容疑者は人の子供を虐待する事に快感を覚え、西田彩容疑者自宅へ真愛ちゃんを虐待しに行っていた事が分かります

 

funabashiseiji-oitachi

この男嫁が居る
そうだね、子供も二人いるそうだよ。まさにクズだな。
エーーー 男は家族持ちですか?
子供二人は、自分の子

 

funahashiseiji-kao

船橋誠二の顔画像

船橋誠二の妻「残された家族は悲惨」

西田彩容疑者の子供を虐待し殺害させた船橋誠二容疑者。西田彩容疑者の子供をいじめるために通っていた事と、不倫の為に通っていた事が判明。船橋誠二の妻は一体どの様な心境なのでしょう。

 

報道機関の発表によれば、船橋誠二の妻は「「起きてしまったことなので、償っていくしかない」と公開されました。船橋誠二の奥さんは、船橋誠二が不倫していた事に加え不倫相手の子供を虐待して殺害しています。船橋誠二の罪に対し奥さんが責任を感じているような発言。

 

船橋誠二は奥さん対しても洗脳してコントロールしているのでしょう。船橋誠二の奥さんもDVを受け、DV船橋誠二の洗脳により離れられなくなっているのでしょう

 

funabashiseiji-oitachi

女癖も悪いよ
よく知っている人物だから
funabashiseiji-oitachi
誠二の奥さんかわいそうだよね。
こいつの女癖の悪さに絶対気付いてるし、泣いていたって聞いたし。
船橋誠二は複数人と交際する事は当たり前で、2股は普通「女も子供のおもちゃ同様に物として扱っていた」子供の頃の虐待育ちで人間に裏切られて来た少年時代。複数人と付き合う事により人との関りで安心感を得ていたのかの知れません
船橋誠二の妻を知る人物の書き込み投稿です。女癖が悪いと言われる程女性を手当り次第手を出して無茶苦茶していた事が分かります
funabashiseiji-oitachi
この男はそもそもギャンブル好きなんだよね。ギャンブルのせいで生活も苦しんでたし、色んな人のお金を借りてた
船橋誠二はギャンブル好きで家にお金も入れず遊びまくり、色々な人にお金を借りてお金にだらしない事も判明しています

船橋誠二の奥さんと子供は船橋誠二が不倫相手の子供を虐待死させた事実を背負って生きていかなければなりません。船橋誠二の奥さんは近所や親戚からも後ろ指をさされ陰口を言われていきます。船橋誠二の家族は引っ越しや転校をして今までの場所では生活していくとこは難しくなるでしょう

funabasiseiji-oitachi

船橋誠二と西田彩容疑者

「陸上部に入っていてね。1つ上の陸上部の先輩と付き合っていて、一緒に仲よく下校していた。成人式のとき、ほかの友人が“誠二はその先輩と結婚して、もう子どももいるよ”と聞きました」

中学の同級生の証言によると、船橋誠二は陸上部に所属、陸上部の1つ上の先輩と付き合っていて、その先輩と結婚。子供を授かっているようです。船橋誠二は3人の子供がいて、一人の子は成人。もう2人はまだ小学校低学です。

 

週刊女性の取材に船橋誠二の嫁が答えています

「妻なら、なんとなくですが、わかりますよ。でも、毎月、毎月、きちんとうちにはお金を入れていましたし、相手のほうへお金を持ち出すようなことはしていませんでしたから。また、うちでは子どもを虐待することなんてなかったし、子どもにとっては、いいパパでした。家庭的にも、仕事的にも何も問題はありませんでした」

 

「不倫のことを、主人を問い詰めるべきだった、追い込むべきだったのかなと思っています」

「帰りが遅くなり、朝方に帰ってくる生活に。『よそに女性がいるな』というのは感じていたけど問い詰めたりはしなかった」

 

小さい子供を異常なまでに虐待し殺害した船橋誠二をかばう船橋誠二の妻。船橋誠二は西田彩、船橋誠二の妻共に洗脳して船橋誠二の味方につけていたのではないでしょうか

nishidaseiji-oitachi

船橋誠二の顔画像

船橋誠二は奥さんに不倫している事実を去年9月に告白します。

「そういう関係の女がいて、その子の娘が救急搬送されてしまった。生活保護を受けている人やから、俺が面倒を見てたんや」

以前から別れ話をしていたが西田彩容疑者が薬を飲んで死んでやると言って引き留められていると説明。西田彩容疑者の親にも金銭的な面倒を見てもらう様に依頼はしていたよう。

西田彩と船橋誠二の虐待内容「子供はおもちゃ」

西田彩と船橋誠二の虐待内容は一体どの様な虐待を繰り返していたのでしょうか。西田彩容疑者と船橋誠二容疑者は2021年9月10日から虐待を繰り返していたようです

  • 顔を殴る
  • 頭髪を掴み引っ張る
  • 椅子の上に置いた鍋の中に3時間~6時間ほど立たせる
  • 霧吹きで上半身に液体をかけ全裸で扇風機をあて続ける
  • 鼻の穴に指を突っ込む
  • 充分な食事を与えない
  • 布団でグルグル巻きにして呼吸困難な状況にする
  • 室内にカメラを設置し監視する
  • 虐待の様子を携帯で録画する

 

西田彩と船橋誠二から虐待を受けた真愛ちゃんは2021年9月25日に岡山市内の病院へ搬送されたが、脳死状態となり2022年1月12日に低酸素脳症で死亡

funabashiseiji-oitachi

船橋誠二の虐待

funabashiseiji-oitachi

 

鍋に立たせるって地味だけどかなりきつい拷問
funabashiseiji-otaachi
椅子に置いた鍋の中に立たせて霧吹きに扇風機って常人じゃ考えつかないレベルの凄まじい発想で怖すぎるわ
拷問に関心あったのかなとか思ってしまう
船橋誠二は鍋の中に立たせるだけでは無く、全裸にして霧吹きで水を掛けます。5歳の真愛ちゃんは裸は恥ずかしいと分かる年齢です。5歳の真愛ちゃんは恥ずかしい思いをしながら船橋誠二の言いなりのおもちゃにされることを耐えてきました。
船橋誠二のは実の子供のいましたが、西田彩の子供は裸にして外に連れ出すことも有ったと言います。水遊びで夢中になり裸になる事はあっても、意味も分からず裸で外に連れ出されるし霧吹きで水は掛けられるし真愛ちゃんの気持ちを思うと胸が締め付けられます

近所の通報を受け岡山市内の児童相談所が一昨年14日間、真愛ちゃんを保護したが2人は反省しているとして保護を解除しています。日常的に子供達への虐待が続き2020年11月から2021年8月まで家庭訪問や面接を4回行っていますが、船橋誠二容疑者と面会できませんでした。

 

  • 2019年3月:児童相談所に西田彩容疑者の様遺棄に関する通告
  • 2019年4月:児童相談所に船橋誠二容疑者の暴力に関する通告
  • 2019年6月:西田真愛ちゃんが迷子。警察は育児放棄の疑いを児童相談所へ通告
  • 2020年9月:船橋誠二容疑者の暴力で真愛ちゃんを保護
  • 2020年10月:児童相談所が真愛ちゃんを西田彩容疑者に引き渡す
  • 2021年9月25日: 西田彩容疑者が119番通報。真愛ちゃんをが病院へ搬送
  • 2021年9月26日:真愛ちゃんの様子がおかしい為病院が児童相談所へ通報
  • 2021年9月27日:児童相談所が警察に連絡。児童相談所が真愛ちゃんを一時保護
  • 2022年1月12日:脳死状態だった真愛ちゃんが死亡

 

「児相による一時保護は、怪我がある場合か本人が家に帰りたくないという以外ありません。
しかし、本人から施設に入ることを選ぶことほぼ100%ありません。
虐待をされていても子どもは、親が大好きで、親から離れるのを嫌がります。
無償の愛を注いでいるのは、子の方なんだと気付かされます。」教育関係者

 

「児相が初めて船橋さんを呼び出したのは、20年9月29日のこと。真愛ちゃんを墓地で叱責し、警察に通報された6日後でした。作業着姿で来所した彼は終始丁寧な口調で、母親と同様に『(真愛ちゃんの)テンションが高くて近所迷惑になるので連れ出した』と説明。母親との関係については『友人』と答えていました。最後に職員が船橋さんと話したのは、年が明けて21年1月29日。『その後、(虐待を)やっていませんよね?』と聞くと『はい』と答え、特に変わった様子もなかったようです」こども総合相談所所長

 

「やっと楽しいミッションがやってきた。今日も楽しい時間が始まる!」

船橋誠二は、真愛ちゃんに自分の指を口に入れさせ嘔吐する様子や嘔吐物を受け止めるお椀を握らせている様子や船橋誠二が西田彩容疑者の上に覆いかぶさる様子などが監視カメラの映像に残されていました

 

真愛ちゃんに虐待を行っていた理由は、真愛ちゃんが発達障害なのではと思っていて、良く癇癪を起し泣き叫ぶことも多くターゲットにしていました。虐待する事で西田彩容疑者と船橋誠二容疑者の性欲が絶頂に達する変態プレイを隠しカメラに録画する事で楽しんでいました。

 

岡山市の対応について「問題は無かった」「重く受け止め今後検証したい」とコメントしています。児童相談所も相談や通報があれば対応するが、それ以上はあまり役にたたないことが判明します

船橋誠二容疑者の生い立ち「いじめられ虐待人生」

幼児虐待事件の中でも酷すぎる虐待を繰り返し行っていた、船橋誠二(ふなはしせいじ)容疑者は今までどのような人生を歩んできた生い立ち。家族や学生時代、就職、結婚等どの様な生い立なのでしょうか

 

熱湯が入った桶に立たせたり、鍋の中に立たせ上半身裸にさせ霧吹きで液体を吹きかけ扇風機の風を当て続ける行為を繰り返します。船橋誠二容疑者や西田彩容疑者は虐待行為を思いつく事も凄いです。

 

世間からは「人間じゃない」「許せない」「悪魔の鬼」等の意見が寄せられています。人間じゃない人間になってしまった船橋誠二容疑者の知人からの証言も有ります

「誠二くんは4人兄弟の末っ子で、一番やんちゃな男の子でした。誠二くんのお父さんはとくに厳しい方で、よく誠二くんだけを執ように叱っていましたね。何時間も外に出して立たせておいたりして、ちょっとやり過ぎなんじゃないかなと思うことも多々ありました。

お母さんはとても優しくて穏やかな方でね、お父さんがいない時間は子どもたちと本当に楽しそうにしていましたよ。でもお父さんが帰って来るとまた虐待のようなことがはじまって…

お母さんは何とか助けてあげたかったのでしょうけど、お父さんが絶対に逆らえないような存在だったみたいですね。」地元住民60代

こちらの証言から船橋誠二容疑者は4人兄弟の末っ子です。西田彩容疑者と船橋誠二容疑者が虐待して死亡させた真愛ちゃんは4人兄弟の末っ子です。真愛ちゃんと船橋誠二容疑者は同じ4人兄弟の末っ子の立場にありました。

 

幼少期から自分だけ虐待されてきた過去から、船橋誠二容疑者は体に虐待されてきた記憶が刻まれています。虐待されてきた経験からいつの日か誰かを虐待したいという願望が芽生えていきます。

 

虐待する子を探していた船橋誠二容疑者は、自分が幼少期に虐待されて育った様に自分と同じく虐待してみたいと西田彩容疑者の末っ子が文句も言わないちょうどいいターゲットだったのです。

 

報道機関の発表によれば、西田容疑者にはほかにも子どもが数人いますが、船橋容疑者は「きょうだい」のうち、真愛ちゃんのみに執着し、日常的に虐待をしていたと見られています。

【追記】船橋誠二の中学生時代「彼女が妊娠父親になる」

船橋誠二の中学時代は陸上部に所属、学年が1つ上の先輩と交際していて子供を妊娠する事になります。話し合いの結果出産する事になる船橋誠二の妻。長女が生まれた船橋誠二は岡山工業高校へ進学、卒業後就職し1年くらいして結婚しました。

 

 

 

「僕たちが通った中学はヤンチャか真面目かで2つにグループが分かれていたんですが、船橋はヤンチャのほう。でも、決してクラスの中心人物というわけでもなかった。勉強の成績は普通。陸上部で短距離をやっていたんじゃないかな」中学時代同級生

 

「黒髪のセンター分けで、前髪をめちゃくちゃ伸ばしていたんです。目は完全に髪の毛で隠れていました」同級生

funabashiseiji-tyuugakkou

船橋誠二の中学時代

船橋誠二の高校「学生時代もいじめられ中退」

船橋誠二容疑者は学生時代もいじめられていた事により中退していた事が判明

funabashiseiji-oitachi

船橋誠二の学生時代

船橋誠二のほう、築港新町2丁目らしいけど、福南中の38歳~39歳でそんなやつおった?誰か知ってる人おらん?
福南中の同級生から匿名掲示板により船橋誠二の存在感が無かったことが投稿されています。同級生っぽいけど船橋誠二の名前に覚えがなく誰か覚えてる人いないか書き込み。福南中の卒業生からの書き込みによって、船橋誠二の中学校は岡山市立福南中学校と特定されます。
funahasiseiji-oitachi

船越誠二の顔画像

船橋誠二の顔画像です。中学校の卒業アルバムの写真です。船橋誠二は目つきが悪く一重で吊り目であったと同級生は語ります。目つきが一重で表情が悪くクラスで孤立しています

 

「船橋誠二は無口でいつも人を睨みつけるように威嚇してる感じがして…。だから友達は一人もいなかったですよ。それで態度が気に入らないってクラスの強い奴が文句付けるようになって、いじめがはじまったんですよね。船橋誠二は完全に孤立していました。」同級生証言

船橋誠二のいじめられていた過去はTwitterからも確認ができます。ツイッター情報によると船橋誠二容疑者は高校を中退したと書き込みがある。幼い時に虐待を受けた船橋誠二は高校時代もいじめられ、幼少期の虐待を思い返します。心の中でいつか誰かにやり返したいと思っていたのです
funabasiseiji-oitachi

船橋誠二の生い立ち

船橋誠二は高校中退
いじめられてたんだって

虐待を受けていた経験から反動で立場の弱い、文句を言えない真愛ちゃんがターゲットになってしまいます。
「不良というのではなくて、明るくて、子どもらしいいたずらをやる子だった。女子のスカートめくりをやって、先生に殴られていました。でも、人気者で友だちは多かったし、異性にも人気はありました。あんな酷いことをするなんて信じられない」小学校の同級生

「陸上部に入っていてね。1つ上の陸上部の先輩と付き合っていて、一緒に仲よく下校していた。成人式のとき、ほかの友人が“誠二はその先輩と結婚して、もう子どももいるよ”と聞きました」中学校の同級生

船橋誠二はスポーツ万能で運動会とか目立つ存在。勉強の方は普通、船橋誠二の学生時代は明るい性格で人気があったようです

西田彩の岡山虐待事件概要

当時5歳の女の子が虐待され、その後死亡し、岡山市の母親と内縁関係にある男が逮捕された事件で、虐待の様子をスマートフォンを使って、動画で撮影していたことが捜査関係者への取材で分かりました。 この事件は、2021年9月、当時5歳の西田真愛ちゃんに対し、髪の毛を掴んで引っ張るなどの暴行を加えたほか、椅子の上に置いた鍋の中に長時間立たせたり、全裸にして上半身に霧吹きで液体をかけて、扇風機の風を当て続けるなど、5回にわたり暴行したとして、真愛ちゃんの母親で岡山市北区花尻の無職、西田彩容疑者(34)と西田容疑者と内縁関係にある岡山市南区築港新町の内装工、船橋誠二容疑者(38)が強要の疑いで逮捕されたものです。 真愛ちゃんは、2021年9月25日に病院に搬送され、脳死状態でしたが、1月12日、低酸素脳症で死亡しました。 捜査関係者によりますと、真愛ちゃんを虐待する様子がスマートフォンを使って複数、動画で撮影されていて、動画の中には船橋容疑者が、「やっと楽しいミッションがやってきた」などと話している様子が映っているということです。 船橋容疑者は、容疑を認めていますが、西田容疑者は「私がしたことではないので共犯というのはおかしいと思います」と容疑を否認しているということです。 2人の身柄は、10日午後、岡山地検に送られます。

出典:ヤフーニュース

  • 内縁関係にある船橋誠司と共謀して娘を鍋の中に長時間立たせていた
  • 全裸で体に霧吹きで水を掛け、扇風機をあて続け真愛ちゃんは泣き続ける
  • 当時5歳の真愛ちゃんは鍋の中に長時間立たせられたり、頭をたたくなどの暴行を2週間あまり加えられた
  • 真愛ちゃんが病院へ搬送される前に布団でグルグル巻きにされていた
  • 真愛ちゃんは1月12日に亡くなった。
  • 西田彩は私がした事では無いので共犯はおかしいと容疑を否認
  • 船橋誠二のスマートフォンに暴行の証拠が映っている
  • 岡山市南区で妻子と生活して週2~3回の頻度で西田容疑者の家に通っていて、寝食をともにしていた

下に続きます・・・

西田彩の生い立ちヤバイ

高桑姫華の顔画像追い詰められた悲劇

AV男優になり切る佐野公栄FC2

mirimariニュースサイト

コメント

  1. 匿名 より:

    船橋誠ニが高校時代いじめられてたというのは多分ガセ。
    同じ高校ですが、自分の知ってる限りそんな風には見えなかったですね。
    友達も普通にいたようですし。
    高校卒業してから徐々に人が変わっていったということを聞いたことがあります。

  2. 匿名 より:

    船橋誠二の自宅ですが、写真か場所のどちらかが間違ってませんか?その場所、今はアパートなはずです。そして、昔は藤○という人が住んでいました。実家が同じ通りにあるので書かせてもらいました。

    • 匿名 より:

      今気づきました。地図の場所は郵便番号で表示させているだけみたいですね。失礼しました