事件

市川杏奈さん殺害殺人事件の犯人小沢翔は通称「バットマン」長野坂城町文春

小沢翔事件

5月26日の深夜長野県坂城町の市川武範(たけのり)さん宅住宅で男女3人が死亡した事件がありました。今回は長野姉弟銃撃殺人の犯人で暴力団関係者のヤクザ小沢翔は、どの様な人物だったのか見ていきます。

下に続きます・・・

市川杏菜(あんな)インスタグラム顔画像特定か!長野坂城町上平

市川武範さん長男はどこ?「二丁拳銃でロシアンルーレットか」長野坂城上平

銃撃殺人事件概要

各メディアがニュースを報じて話題となっています。

長野県坂城町の住宅で男女3人が死亡した事件で、警察は現場の状況などから、35歳の男が住人の男女を拳銃を発砲して殺害したあと自殺を図った疑いがあるとみて調べています。

一方、警察はこの家の別の住人に対する傷害事件の容疑者として男の行方を捜査していたということで、詳しいいきさつを調べています。

おとといの夜(26日)長野県坂城町の市川武範さんの住宅で、この家に住む市川さんの長女で飲食店店員の杏菜さん(22)と、次男で高校1年生の直人さん(16)、それに住所・職業不詳の小沢翔容疑者(35)の3人が、頭にけがをして倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。

警察は現場の状況などから、小沢容疑者が拳銃を発砲して2人を殺害したあと自殺を図った疑いがあるとみて調べています。

この事件で警察は小沢容疑者について、市川さんの長男に対する傷害などの疑いで逮捕状をとり、行方を捜査していたことを昨夜(27日)明らかにしました。

警察によりますと長男は小沢容疑者の元妻と同じ職場に勤務していて、今月24日に長野県上田市内で小沢容疑者から暴行を受けてけがをしたとして、翌・25日に警察に被害届を出していたということです。

警察と相談したうえで、長男は自宅とは別の場所に避難していましたが、ほかの家族は警戒の対象にはなったものの避難はしていなかったということです。

これについて長野県警は、「結果的にこのような事件になり残念だが、規則にのっとって対応したと認識している」としています。

下に続きます・・・

市川杏菜(あんな)インスタグラム顔画像特定か!長野坂城町上平

市川武範さん長男はどこ?「二丁拳銃でロシアンルーレットか」長野坂城上平

犯人は玉木組若頭小沢翔容疑者

2人を殺害した、銃撃事件の犯人は6代目山口組系暴力団玉木組の若頭・小沢翔容疑者

どの様な犯行だったのでしょうか?

  • 白いベンツで小沢翔容疑者が小沢さんの自宅に乗り付ける
  • 懐には黒色と銀色の回転式けん銃が2丁
  • 玄関を激しく叩いた後、わきの窓ガラスを割って中に入る
  • 姉弟の叫び声と男の叫び声が上がり、長男の名前を呼びながら3発の銃声が鳴り響く
  • 玄関付近で杏奈さん、少し離れた部屋で直人さんが至近距離から頭を打たれる
  • 小沢翔容疑者は自身の右のこめかみを打ち抜いた
  • 市川さんの妻が目撃して近所に助けを求める

下に続きます・・・

市川杏菜(あんな)インスタグラム顔画像特定か!長野坂城町上平

市川武範さん長男はどこ?「二丁拳銃でロシアンルーレットか」長野坂城上平

小沢翔と市川さんはトラブルがあった

小沢翔はなぜ一般人に拳銃を向けるような事をしたのだろうか?

「小沢さんと市川さんの長男の間に、小沢の元妻A子さんを巡るトラブルがあった様です。A子さんと長男は長野県内の製造業の工場で同僚。

小沢は以前から長男の車を壊すような嫌がらせを繰り返し、事件の2日前には上田市の駐車場で、長男に殴るけるの暴行を加え、逮捕状が出ていました。」地元関係者

長男は警察に被害届を出していて、警察に保護され不在だった。

下に続きます・・・

市川杏菜(あんな)インスタグラム顔画像特定か!長野坂城町上平

市川武範さん長男はどこ?「二丁拳銃でロシアンルーレットか」長野坂城上平

小沢翔は地元で札付きの悪あだ名は「バットマン」

それでは殺害した犯人の小沢翔容疑者はどの様な人物だったのでしょうか?

  • 名前:小沢翔
  • 身長:180㎝以上
  • 体重:100㎏程
  • 出身:長野県中央部の村
  • 高校時代:『極龍會』という暴走族の幹部
  • 所属:山口組系暴力団玉木組若頭
  • 通称:バットマン

6代目山口組系暴力団玉木組い所属したのは20代前半で、3~4年前に若頭になった人物。

「小沢は長野県中央部の村の出身で、中学校時代から教師を殴って回って傷害で、少年院に入っていた。

高校には通わず、『極龍會』という暴走族の幹部になっていて、15.6人をまとめていたじきもあった。

当時からヤクザの兄貴分がいて、準構成員的な感じだった」地元知人

「2年前にはサザエを10個密漁して逮捕された。最近は覚せい剤の捌きが多かったよう。奥さんとは『偽装離婚』でヒモみたいな状態であった」

暴れる際に金属バットを持ち出すことから、県警からは『バットマン』と呼ばれマークされていた。

「4年ほど前に山口組の分裂騒動に絡んで、玉木組に火炎瓶が投げ込まれたが、その後、別の組事務所に銃弾が撃ち込まれる事件があった。この実行犯が小沢と言われている」地元関係者

下に続きます・・・

市川杏菜(あんな)インスタグラム顔画像特定か!長野坂城町上平

市川武範さん長男はどこ?「二丁拳銃でロシアンルーレットか」長野坂城上平

元妻との家族構成は嫁に娘がいた

それでは小沢翔と元妻はどの様な生活を送っていたのでしょうか?

小沢と元妻は離婚していたが、上田市内のマンションで家賃6万円程で、2人の娘と暮らしていた。

「高校生くらいの娘さんといるところをよく見かけて、禁止だったが白いトイプードルを飼っていて散歩させていた。」地元目撃者

小沢翔と元妻の出会いは長野市内のスナックで、小沢は先代だかの付き合いで市内に行った時、働いていたA子さんに惚れた。

年齢は40歳近くで長身で目はクリっと大きく、小沢真珠似の美魔女で、前の旦那との間に2人の子供がいた。

かなり可愛がっていた様で、バーベキューや床屋どこでも連れまわし、帰宅する前に電話して家に居るか確かめる。束縛が酷かったことが伺える

小沢のせいで仕事を辞めたりしたことも有る。

巻き込まれて殺害された直人君は、公立高校に入学したばかりで、父親の影響でボクシングに打ち込んでいた。

杏菜さんは高校を卒業してから駅の近くの「コンビニで働き、地味で大人しい印象のひとでした」近隣住民

  • 元妻と上田市内の6万円程のマンション暮らし
  • 元妻と元旦那の間に2人の娘がいる
  • 2人の出会いは長野市内のスナック
  • 長身で目がクリっとした小沢真珠似の美魔女

自分自身の自信の無さ、コンプレックス、愛情の飢えからか執着心の強い粘着男の小沢翔。

警察に保護されて長男は無事であったが、罪の無い巻き込まれた一般市民の姉弟、とご両親。

しかも銃撃を目撃した家族を思うと胸が痛みます。

亡くなられた杏菜さんと直人君のご冥福をお祈りいたします。

市川杏奈

市川直人

市川杏菜(あんな)インスタグラム顔画像特定か!長野坂城町上平

市川武範さん長男はどこ?「二丁拳銃でロシアンルーレットか」長野坂城上平

元芸能記者のニュースサイト

コメント