事件

嶋田えり顔画像!安倍首相の私邸侵入の女逮捕「コロナばらまきか!」と物議

安倍私邸侵入事件

4月4日午後11時前渋谷区富ケ谷にある、安倍総理の私邸に三重県松坂市島田えり容疑者が「人生をリセットするために」侵入、駆け付けた警察官に安倍晋三住居侵入の疑いで逮捕される事件が有りました。今回は島田絵里容疑者の顔画像、犯行動機を見ていきます

関連記事  京都産業大学欧州旅行に行ったのは誰?顔画像「内定取り消し」で怒りの声続出

関連記事  鹿児島に出張で陽性反応「取引先にコロナを売り付け出禁喰らう働き者」大阪吹田

関連記事  坂本真の人物像!嫁の顔画像「役だけじゃなく私生活もクズだった」東京台東区

関連記事  佐藤雄志の顔画像が判明!関良則さん殺害動機がヤバイ!横浜関内駅殺人事件

安倍晋三私邸侵入事件概要

各メディアがニュースを報じて話題となっています。

4日午後11時ごろ、東京都渋谷区富ケ谷にある安倍晋三首相の私邸の敷地内に女が立っているのを警戒中の警視庁の警察官が発見し、邸宅侵入容疑で現行犯逮捕した。

捜査関係者によると、女が所持していたバッグにはなたやガソリンのような液体が入った携行缶、催涙スプレーなどが入っていたという。警視庁は、女が私邸に向かった経緯や動機を詳しく調べる。

逮捕されたのは自称三重県松阪市、会社員の嶋田えり容疑者(26)。調べに対し、「両親との関係が嫌になり、首相の家に入り逮捕されれば人生をリセットできると思った」と供述しているという。
当時安倍首相は私邸に在宅していた。防犯センサーが作動し、警戒中の警察官が嶋田容疑者を取り押さえたという。

出典:時事ドットコム

嶋田えり容疑者について

こちらが嶋田えり容疑者のプロフィールになります

  • 名前:嶋田えり(しまだえり)
  • 年齢:26歳
  • 職業:会社員(自称)
  • 武器:ナタ、ガソリンのような液体が入った携行缶、催涙スプレー
  • 罪名:住居侵入罪
  • 住所:三重県松阪市(自称)

三重県松阪市在住のしまだえり容疑者。電車で移動すると約4時間、車は約5時間、距離にして425km程になります。

これだけの距離を移動して犯行に及ぶことから、1発でたどり着く事が出来たのだろうか?他に協力者、指示した人間がいるかもしれません。

 

島田えり容疑者は4月4日午後11時ごろ、安倍総理の私邸に侵入して敷地内の庭に立ってるところを警察官に住居侵入の疑いで、現行犯逮捕された人物です。

 

警察の調べに対して「安倍総理の自宅とは知らなかった」と供述していますが、偶然にも総理の私邸とは・・・

 

嶋田えり容疑者に対して、「面白い姉ちゃんやな」「日本人か?」「壁をよじ登ったんだろ、さすがに、私邸って知ってたんじゃないの?」「昭恵さんに呼ばれた花見では無さそうだ」などの意見が寄せられておりました。

嶋田えり容疑者の顔画像は?

島田絵里容疑者の顔画像は公開されているのでしょうか?

報道機関の発表によれば、島田えり容疑者の顔画像は現時点で公開されておりません。

InstagramやFacebook、TwitterなどのSNSを中心に調べを進めてみたのですがこちらに関しては、特定するにも至っておりません。

わかり次第追記していきます。

関連記事  京都産業大学欧州旅行に行ったのは誰?顔画像「内定取り消し」で怒りの声続出

関連記事  鹿児島に出張で陽性反応「取引先にコロナを売り付け出禁喰らう働き者」大阪吹田

関連記事  坂本真の人物像!嫁の顔画像「役だけじゃなく私生活もクズだった」東京台東区

関連記事  佐藤雄志の顔画像が判明!関良則さん殺害動機がヤバイ!横浜関内駅殺人事件

嶋田えり容疑者

侵入した事件現場はどこ?

女が壁をよじ登って侵入した事件現場は、代々木公園から徒歩7分程の距離にあります。

東京都渋谷区富ヶ谷1丁目30-29

富ヶ谷ハイムになります

 

1999年に建替えになっている富ヶ谷ハイム

造りは地下1階の地上3階で、賃料は3LDK/152㎡で55万円。

安倍私邸侵入

壁は高く簡単に登れるような高さでは有りません。この場所からよじ登ったとされています。

ネットではロッククライミングではないかと言われていました。

嶋田えり容疑者

ちなみに総理官邸までの距離は8.6kmで車で約15分です。

マンションの警備が24時間体制で行われているようですが、今回の住居侵入で安倍首相も驚かれてたことと思います

2019年2月に安倍総理の自宅の隣からボヤ騒ぎが有り、消防車が出動して報道されたことから安倍首相の自宅が判明しております。

安倍総理の自宅

安倍自宅

嶋田えり容疑者の犯行動機は何?「コロナばらまきか!」

安倍総理の私邸に侵入した嶋田えり容疑者の犯行動機は、一体何だったのでしょうか?

 

嶋田容疑者は警察の調べに対して「両親との関係が嫌になって、逮捕されれば人生をリセットできると思った」と容疑を認める供述をしています。

 

逮捕されたい人はたまにいますが、何故安倍首相の自宅だったのでしょうか?

 

逮捕されれば人生をリセットできるものでしょうか?意味がよくわからない発言をしています。

島田絵里容疑者は犯行当時凶器などが入ったバッグに、ガソリンの携行缶とナタ、催涙スプレーを持っていた。

侵入した目的は何だったのでしょうか?

明らかに安倍総理を狙った犯行と疑われてもしかたありません。

 

犯行当時安倍首相はご自宅にいらっしゃたそうですが、島田容疑者がコロナウイルスに感染していて、さまざまな対策で後手後手にまわる現状にしびれを切らし、安倍総理私邸を狙い「コロナばらまきではないか」とう声も上がっていきている

 

詳細がわかり次第追記していきます。

関連記事  京都産業大学欧州旅行に行ったのは誰?顔画像「内定取り消し」で怒りの声続出

関連記事  鹿児島に出張で陽性反応「取引先にコロナを売り付け出禁喰らう働き者」大阪吹田

関連記事  坂本真の人物像!嫁の顔画像「役だけじゃなく私生活もクズだった」東京台東区

関連記事  佐藤雄志の顔画像が判明!関良則さん殺害動機がヤバイ!横浜関内駅殺人事件

ツイッターの声「マスク取りに行った」

https://twitter.com/nee_tjp/status/1246633531951861762?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1246633531951861762&ref_url=https%3A%2F%2Fningensan.com%2F%3Fp%3D3312

嶋田えり容疑者容疑者の刑罰は?

今回の嶋田容疑者が安倍総理の私邸に侵入した事件。

一体どんな罪になるのでしょうか?

邸宅、建造物などに侵入した際に問われる罪で、懲役刑、罰金刑などの刑罰を受ける可能性が非常に高い。

今回住居侵入罪で刑事裁判で有罪になった場合

  • 懲役刑の場合:原則3年以下
  • 罰金刑の場合:原則10万円以下

の範囲で罪が言い渡されます。

外出は控えるように言われているこの時期、国民を不安にさせる人物は厳しい罰を与えてほしいものです

関連記事  京都産業大学欧州旅行に行ったのは誰?顔画像「内定取り消し」で怒りの声続出

関連記事  鹿児島に出張で陽性反応「取引先にコロナを売り付け出禁喰らう働き者」大阪吹田

関連記事  坂本真の人物像!嫁の顔画像「役だけじゃなく私生活もクズだった」東京台東区

関連記事  佐藤雄志の顔画像が判明!関良則さん殺害動機がヤバイ!横浜関内駅殺人事件

嶋田えり容疑者の生い立ちは?

嶋田えり容疑者の生い立ちは一体どのような生い立ちだったのでしょうか?

「両親との関係が嫌になって、逮捕されれば人生をリセットできると思った」と供述している島田絵里容疑者。

現在の人間関係、仕事関係はリセットできるかもしれないが、人生までは・・・結婚すれば名前は変えられる。

関連記事  京都産業大学欧州旅行に行ったのは誰?顔画像「内定取り消し」で怒りの声続出

関連記事  鹿児島に出張で陽性反応「取引先にコロナを売り付け出禁喰らう働き者」大阪吹田

関連記事  坂本真の人物像!嫁の顔画像「役だけじゃなく私生活もクズだった」東京台東区

関連記事  佐藤雄志の顔画像が判明!関良則さん殺害動機がヤバイ!横浜関内駅殺人事件

現在26歳で親子関係に悩んでいるところをみると、一人暮らしではない実家で暮らし、両親に依存した生活を送っていたかもしれない。

両親との関係が嫌になったとは、非常に厳しい親御さんで全て親の言いなりに生きてきたか、両親に依存しすぎて親から自立を迫られたか

嶋田えり読書感想文で「いじめられていた」事を暴露

安倍私邸侵入で逮捕された嶋田えり容疑者。特定できる個人情報がネットで確認されています。

2008年に1万年堂出版主催で開催された『第7回読書感想文コンクール』の中学生の部に「嶋田えり」という人物で13歳が銅賞を受賞しています。

プロフィールも嶋田えりさん(13歳・三重県)と記載されるし、年齢的にも26歳で三重県松阪市と報道されていることから合致します。

嶋田えり容疑者の感想文はこちら

1万年堂出版が開催した

読者感想文コンクールの

入賞作品の一部をご紹介します。

 

銅賞

『こころの朝』を読んで

嶋田えりさん(13歳・三重県)中学生の部

『こころの朝』という本は、私にたくさんのことを学ばせてくれました。歴史上の人物のエピソードや、たくさんの人達の話が書かれており、とても説得力のようなものを感じました。特に説得力を感じた話は豊臣秀吉のエピソードです。

それは、豊臣秀吉がまだ身分が低かった頃、秀吉の家に仲間が集まりました。男たちは自分達の夢を話していました。「天下を取る」など大きな夢ばかり。

でも、秀吉は、
「俺は信長様にお仕えし、苦労を重ね、今、ようやく300石の俸禄を頂く身になった。あと300石、加算してもらえるよう、がんばりたい」
と小さな夢。仲間は笑い、「もっと大きな夢を持ったらどうだ」と言いました。

しかし秀吉は、
「おまえらは、所詮、かなわぬことばかり言っている。地に足のついていない目的だから、あせって空回りするだけだ。(中略)一つの目的が成就したら、その喜びをもとに、また、次の仕事に集中していく。一歩一歩、着実に積み重ねていけば、予想以上の結果が得られるだろう」
といいました。

私はびっくりしました。大きな夢を追うのではなく、まず小さな夢から追う行動にもおどろきましたが、もう1つの理由が、私の学校の先生に言われたことと似ていたからです。

夏休みのクラブで私はその先生と高校のことを話していました。私の行きたい高校は志望率の高い高校です。

私の先輩が推薦されて行ったので、私も推薦をねらっていると、
「推薦なんてねらわないほうがいい。推薦されなかった時にとてもショックを受けるから」
と言われました。

秀吉と先生のいったことが私に突きささったような感じがしました。たしかに、よく考えるとそうだな、と私はすごく思いました。最初から大きなことをねらってはいけない

失敗するとそのショックもとても大きい。でも、小さいことをねらって、それを成功するとうれしいし、ショックも小さい。

そして、その成功と失敗をかさねていけば大きなことも成功できるんだなと教えられました。

そして、私も、もっと勉強時間を増やして地道にがんばっていこうと思いました。それに、その時に自分に合った高校に行けばいいなと考えるようになりました。

ほかに印象に残っている話は『イソップ物語』の「三頭のウシを食べたライオン」の話です。

この話は、3頭のウシがいつも並んで草を食べており、このウシを狙っていたライオンが仲間割れをさせるためウシ1頭1頭に「君のことをバカにしていたぞ」とささやき、これが理由で仲間割れがおこってしまいます。

そしてバラバラになったウシをライオンが3頭すべて食べてしまったという話です。これは、人の悪口を真に受けて、仲間や友を疑ってはならないという教訓の話だそうです。

私は昔、いじめられていたためでしょうか、人を疑ってしまうことがよくあります。

いけないことだとわかっていても疑ってしまうのです。でも、この物語を読んで、人を疑うことがどんなにいけないことかと、失う代償も大きいことがわかりました。

これからは、友達や人を疑わないようにしなきゃいけないと思いました。友達を失うなんて私はとってもいやですし、周囲の信頼を失わないように、疑わないようにしたいです。

この本を読んで心の不安がふっきれた気がします。ほかに教訓になった話もたくさんあります。

読んでよかったなあと本当に思いました。もし、私が間違ったことをしそうになったりしたら、この本を思いだしてみようと思います。

いろいろなことをおそわったので。感謝の気持ちでいっぱいです。また機会があったら読みたいです。

関連記事  京都産業大学欧州旅行に行ったのは誰?顔画像「内定取り消し」で怒りの声続出

関連記事  鹿児島に出張で陽性反応「取引先にコロナを売り付け出禁喰らう働き者」大阪吹田

関連記事  坂本真の人物像!嫁の顔画像「役だけじゃなく私生活もクズだった」東京台東区

関連記事  佐藤雄志の顔画像が判明!関良則さん殺害動機がヤバイ!横浜関内駅殺人事件

いじめられた経験から、何かにこのいじめれらた怒りを発散したいと思うようになり、革命的な行動に出た人格も否定できない(つづく・・・)

こころの朝 嶋田えり容疑者

元芸能記者のニュースサイト

コメント